「まる」ないちにち

:: admin ::: NewEntry ::
イギリスでの生活や仕事を通して、感じたことをつづっていきます。

   イギリスの小学校関係についての情報ブログは・・・「kayokoyamashita.com イギリスの学校 と シンセティックフォニックス」へ



 コース終了!

:: 2014/11/04(Tue) ::

2か月前に始めた「音楽」のコースが終了しました!
ジョリーミュージックと言って、コダーイメソッドをもとにした子どもへの音楽プログラム。

コダーイというのは、ハンガリーの音楽家ですが、「歌」を重視しており、音楽の指導も楽器などを使わずに声だけで指導していきます。音痴な私は・・・と心配だったのですが、最初はミとソの音しか導入しないので、とても簡単!おまけにアクションをつけながら歌うので、子どもが楽しめるのです。

私ね、ガチャガチャした音楽が苦手で、英語教育でもそうしたものよりも、もっと純粋に英語の声を聞かせるものがあったらなぁと思っていたのですが、これがまさにそう!かといって、飽きないように音楽ゲームもあり、動きもあり、子どもが楽しめること間違いなし!



なんだか今までの「音楽教育」を根本から覆された感じです(笑)。


にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

スポンサーサイト
  1. Category: 家での仕事
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

 再び、子羊を見に。

:: 2013/04/08(Mon) ::

以前、子羊を見に行った話をしました(コチラから)。
そこでも書いたように、今日は、新小学5年生の子どもたちとお母さんたちと一緒に再び羊農場を訪ねました。今回は見学の後、子どもたちがいろいろな質問を農家の方にする機会を設けていただきました。
子どもたちは一生懸命質問を考えて、イギリスへ来てそんなに長い間いない子も、一生懸命自分の言葉で訊いていました。こういう姿、いいですね~。

今日は、私も知らなかったことをメモ代わりにここに記しておきます。

・妊娠期間は5ヶ月 (147日)。
・妊娠中にスキャンをし、赤ちゃんが何匹お腹にいるか確認し、それぞれ飼育場所を別にする→エサの量を変えるため。
・通常は2匹生まれるけれど、中には3匹、珍しいものだと4匹生まれることもある。
・250頭のメス羊 (ewe "ユー" と言います) に対して、5頭のオスの羊 (ram "ラム" と言います)がいる。
・生後4~5ヶ月くらいで食用として売られる。
・オスよりもメスのほうが高く売れる。
・そのため、オスは生まれて12時間以内に去勢(ゴムを睾丸に巻きつけておく。すると2週間くらいで腐って落ちる。)
・去勢したオスの子羊のほうがより高値で売れる。
・毛刈りは一年に一度行う。
・一頭の羊から2~3キロの毛が取れる。 (この毛のことを fleece フリースというんです!)
・毛刈りが一番大変な仕事。
・子羊が生まれる時期は、ほとんど目を離さずにいる。夜中2時くらいまで毎晩働く。

などなど。
こちらの農場主のロブさん、まだお若い (22歳!)のですが、とても楽しそうに羊と接している姿や質問に答えてくださる姿を見て、感心しました。子どもが言っている言葉がわからないと、"Pardon (パードゥン)" と丁寧な言葉で聞き返してくださいました。(こういう言葉遣いを聞くと、子どもにもきちんと接することのできる丁寧な方だな~って感じますね。)
一緒に見学した子どもの一人が、
「大人になったら農家になろうかな」
とつぶやきました。
その理由は羊が可愛かったからなのか、おもしろそうな仕事だと思ったからなのか、わかりません。
でもね。ロブさんが生き生きと仕事をし、誇りと責任を持って楽しく打ち込んでいる姿をなんとなく肌で感じたのかな~なんて思いました。(写真を撮ったのですが、まだ現像していないのでお見せできないのが残念!ウイリアム王子に似たハンサムな青年なのです~。)

また、一緒に行った子どもたちの質問の内容がとてもいいものばかりだった、とロブさんとロブさんのお母さん (私の同僚) が言ってみえました。うれしいですね。
こうした経験をもとに子どもたちには敬意をもって食に接してくれるといいな。
lamb.jpg


にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

>>続きを読む

  1. Category: 家での仕事
  2. | trackback:0
  3. | comment:7

 スーパー見学

:: 2011/10/29(Sat) ::

ハーフタームもそろそろ終わりの今日、小学3年生の子どもたちと、近くのスーパーへ見学に行ってきました。
日本の3年生の社会の勉強の一環です。

ただ、ここは写真撮影禁止だったので、画像でお見せできないのが残念。また、見学と言っても、私が子どもたちを連れ、必要であれば従業員に質問をするというもの。(もちろん、予めスーパーから見学許可は取ってあります。)

普段、何気なく利用しているスーパーも、色々な工夫がたくさん。子どもたちが見つけたお店の工夫は

・入口付近にお弁当(サンドイッチなど)がおいてある⇒お弁当だけが欲しい人には便利
・大根などの野菜もある⇒アジアの食材もあって、いろいろな人が利用できる
・天井から看板がぶら下がっている⇒どこに何があるかすぐにわかる
・パン屋はお店の奥にある⇒入り口付近だと焼きたてのパンがすぐに冷えてしまう
・お肉屋のカウンターがある⇒自分が欲しい量だけ買える
・冷凍食品を並べるときは袋を軽くたたいて並べる⇒袋の中のものが固まっているから平らにする
・野菜は斜め (奥が高く手前が低い) に置いてある⇒見やすくするため
・カフェで食べる人用に、トローリー (カート) をしまっておく場所がある⇒買ったものをカフェの中に持っていかなくても、手ぶらでいける

などなど。

ここのスーパーはお魚の品揃えがいいと評判のスーパー。そこで、魚屋さんでは並べ方に何か工夫があるか聞きました。すると魚屋のお兄さん、

「イギリス中、このスーパーの魚屋は魚の置き方マニュアルがあって、どこにどんな魚を置くか決まっているので、その通りに並べるようにしています。工夫としては、似たような魚 (ヒラメ・カレイなど) は近くに置かないようにしているよ。似たもの同士を近くに置くと、どっちがどっちなのかわからなくなってしまうからね。」

と教えてくれました。そんな工夫があったんですね!イギリス中、どこへ行っても似たような並べ方をしているのなら、見やすくていいかもね、と子どもたち。

そろそろ見学も終わりに近づいたころ・・・

「イギリスのお店はやさしい」
と子どもたちがぽつりと言いました。

その理由としては
「車いすの人用のカートがたくさんある」
「関連しているものを近くに置いてある」・・・パン売り場の横にジャムがあるなど
「子ども用のゲームがたくさんある」←これはやさしいというより、スーパーの戦略ですね(笑)
「駐車場でお店の近くに体の不自由な人・小さい子どもを連れている人がとめられる駐車場所がある」

ちょっとした日常にもこんな工夫がたくさんある、働く人の工夫や努力というものが少しでも感じられる・・・そんな願いを込めたスーパーの見学。子どもたちは、いつもはあまり好きではない買い物も、こんな風にいろいろと見ていくと楽しいと言っていました。そして、お客さんのためにいろんな工夫をお店がしていることに驚いたようでした。

それにしても子どもたちって純粋な視点で物事を見ているんですね。大人になると「当たり前」と見過ごしてしまうものがたくさんありますが、こうして子どもと話し合いながら日常のものを見ることって大切なんだな、と私自身、勉強になったスーパーの見学でした。


にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: 家での仕事
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

 絵本の作り方

:: 2011/09/10(Sat) ::

前回、お伝えした「絵本」の作り方。できあがりは A4 の大きさの絵本。

材料:
- 絵本のもとになる絵の部分。半分に折り曲げて、全部くっつけた時に 1cm 以上になるくらい。今回は重さ240g/m2 の A3 の紙10枚使用。
- 絵本の中表紙になる紙。A3 のもの2枚。
- 絵本の表紙になる大きい紙。ここでは A2 のものを用意しました。
- 背本の表紙を作る固い厚紙。
- のり
- 湿布を貼るときなどに使う粘着テープ
- 菜箸または編棒2本
- 辞書など重い本 (重石にするためのもの)
- カッター
- やすり

作り方:
まず、厚紙に描いた絵や、折り紙、お話などを用意します。中表になるようにしっかりと半分に折ります。
110818132013_DSC_4102.jpg 110818132204_DSC_4103.jpg

最初と最後のページが中表紙の紙になるように、4枚~5枚ずつ、裏になる部分を貼り合わせ、しっかりと重石をして、一晩乾かします。
110818171544_DSC_4111.jpg

しっかり乾かしたら、大きさをそろえるため、背の部分以外を丁寧に切りそろえます。
110820175822_DSC_4194.jpg 110820180935_DSC_4195.jpg

切りそろえたそれぞれの束を、また糊で丁寧に貼り合わせて、一冊の本にします。背の部分は強めの糊をつけて、一晩、重石をして乾かします。しっかり乾いたら、背の部分をテープなどで補強します。
110821113034_DSC_4209.jpg 110820200540_DSC_4198.jpg 110821175451_DSC_4243.jpg

背以外の部分は、でこぼこになっていたら、やすりをかけてきれいに揃えます。(この部分は省略しても構いません。私も以前はやっていませんでした。)
110821175123_DSC_4242.jpg 110821114000_DSC_4222.jpg

次に表紙を用意します。
1) 上の絵本の中身の大きさより、横は0.3 cm 短く、高さは0.6 cm 長くなる背板 2 枚 (表紙の部分になる:下の写真の白くて大きい部分)
2) 上の絵本の厚みより 0.3 cm 長くなるように横の長さを決め、高さは 0.6 cm 長くなる背板 (本棚に並んだときに見える部分:下の写真の真ん中にある細長い部分) を1枚
3) 表紙になる部分 (下の写真のオレンジ色の紙) の四隅は、1 の背板の角から 0.8cm ほど離したところで切り取り取る。

1 と 2 を 3 の上に間隔を 1 cm ずつあけて置きます。そして、それ自体は糊づけせずに、粘着テープで 2 の部分が 1 の部分とずれないように固定しておきます。

110821173547_DSC_4229.jpg

次に、上下・左右の順番に表紙の紙を折りこんで表紙を作ります。その表紙に絵本本体をのせて、丁寧に糊づけをします。
110821175641_DSC_4244.jpg

背表紙と表紙の間の溝に菜箸や編棒のようなものを置き、全体にしっかりと重石をのせてくっつけます。一晩、そのまま置きます。
110821180502_DSC_4247.jpg 110821180826_DSC_4248.jpg

そして、表紙と背表紙に好きな絵を貼り付けで、できあがったのがこちら!
110824131310_DSC_4312.jpg 110824134056_DSC_4314.jpg

このあとは、透明のビニールシートをかぶせれば、汚れずに保管できます。
110824154124_DSC_4317.jpg

こんな感じで、お家でも素敵な絵本が作れます。自分のお気に入りのスクラップ帳にしてもいいし、アルバムにすることだっててきます。自分だけの絵本と言うのがいいですよね。

ある子は、できあがった本をイギリスに遊びに来ていたおじいちゃんに見せたら、そのおじいちゃん、感動して、「これは持って帰って、出版してもらう!」と日本へ持って行ってしまったそうです。おじいちゃん、そのあと、どうしたかしら・・・?

ちなみに、一番上の写真2枚、同じお子さんの作品です。左の折り紙のものは2年前に作った作品、「おりがみカレンダー」、右のしかけ絵本が今年の作品「ひなのえささがし」。毎年参加してくださっているお子さんで、きっと4年通して、成長ぶりがうかがえるのではないかと思います。

こんな感じで私がもう一つ自宅で行っている仕事「お絵かき教室」。子ども本人はもちろんのこと、お母さんの方が感動する「絵本」ができあがります。
ちょっと急ぎ足の説明だったので、もしもっと詳しく知りたいという方がいらしゃったら、何でも聞いてくださいね。


にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: 家での仕事
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

 お絵かき教室

:: 2011/09/08(Thu) ::

家庭教師以外にも、我が家で行っている仕事。
その名も「お絵かき教室」。
もともとは、日本の幼稚園を体験したことのない4~7歳くらいの子どもたちを対象に、季節ごとの絵を描いたり、折り紙をしたりして、イギリスにいながらも日本文化に親しむ目的で始めたものです。そして、その絵をまとめて1冊の絵本に仕上げます。


季節ごとに外を散歩して季節の草花を見たり、日本の行事をお祝いしたりしながら、子どもの持っている想像力を高め、創造力を広げることをコンセプトとした1週間に1回、1時間のレッスン。この場では、日本語で思い切りお話をして、絵を描いて、その絵にあった物語を考えて・・・ということを過去10年以上、子どもの入れ替わりはあるものも、ずっと行っていました。子どもたちからは「学校では思うように話せないけれど、ここへ来ると自分の言葉で話ができて、うれしい!」と。また、お母さんたちからは「このお絵かきの日を心待ちにしている」と言っていただけ、それが原動力となり、ずっと続けてきました。

1週間に1回のお絵か教室のようす。5年も前の写真ですね~。
おひなさま
お雛様を折り紙で作っています。


1回の教室で A3 サイズの絵1枚、または A4 サイズの絵+お話を作り、半年ほど続けると、こんな絵本ができあがります。

20090319_DSC_4416.jpg 20090319_DSC_4417.jpg
左:表紙は自分自身の絵と名前をかきます。 右:内表紙にもタイトルと名前

20090319_DSC_4419.jpg 20090319_DSC_4423.jpg
こんな感じで、1回ずつの作品を見開き1ページに貼り、本にします。

20090319_DSC_4421.jpg 20090319_DSC_4424.jpg
本の最後は「作者の言葉」ということで、絵本を作った感想と私からの一言メッセージ。


私も、毎回子どもたちのひらめきや、色の使い方、発想力に感心しながら楽しんでいたのですが、大学院での勉強、そして、日本人のお子さんが減ってきたという理由から、残念ながら、2年前に終了しました。

子どももお母さんもとても喜んでくれたお絵かき教室。今も、行ってほしいという要望をいただくくらい、ちょっとした人気だったので、私も残念。
でも、うれしいことに、夏休みだけでもやってほしい、と言っていただけて、今年も2日で1冊の絵本を仕上げる教室を2回、開催しました。テーマは「しかけ絵本」。年齢も下は6歳から上は13歳の子どもまで。中学生の子は社会科の一環として、世界地図や第二次世界大戦について本を作りました。小学生の子は自分で作った話や民話などで、絵本作り。今年もそれぞれ、個性あふれる素敵な絵本ができあがりました。私も欲しい!と思うような、そんなかわいい作品ばかり。

どうやって絵本を作るの?と聞かれることも結構あるので、絵本ができるまでを次回、アップしたいと思います。夏休みも終わってしまいましたが、来年の夏休みに、お子さんと一緒に絵本を作っても素敵だと思います。子どもが大人になってから読み返すことができるような、そんな絵本。私も欲しいな (笑)。

*READ MORE*には、ちょっとこのお絵かき教室にまつわる話を書きましたが、ちょっと愚痴っぽくなってしまうので、興味のない方は読み飛ばしてください。


にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

>>続きを読む

  1. Category: 家での仕事
  2. | trackback:0
  3. | comment:10
   次のページ »

02
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
26
27
28