「まる」ないちにち

:: admin ::: NewEntry ::
イギリスでの生活や仕事を通して、感じたことをつづっていきます。

   イギリスの小学校関係についての情報ブログは・・・「kayokoyamashita.com イギリスの学校 と シンセティックフォニックス」へ



 古いものを大切にすること

:: 2013/02/02(Sat) ::

私が勤めている学校は、4歳~7歳の子どもが通っています。日本だと幼稚園と同じくらいですが、ちゃんとした小学校。なので算数や英語、理科、社会の勉強もあります。

社会の勉強の中で一年生の子どもたちは「古いおもちゃ」について勉強します。(日本の生活科にもありますね。同じ単元です。) 先日、この勉強の一環で、地域の方がご自分が集めているおもちゃを見せに学校まで来てくださいました。

お年もかなり召していらっしゃるおばあさまですが、赤いワンピースに身を包んで、しっかりと背筋が伸びて、凛としたかっこいい方でした。
そのおばあさまのコレクションの一部。
old toys
子どもたちにわかりやすいように、素材が何かわかるように並べてくださいました。
左下は tin toy ですね。ブリキのおもちゃ。
右下はこのおばあさまが子ども時代にもらった doll house。窓などがガラスでできていたけれど、第二次世界大戦中に家の近くに爆撃があり、そのショックでガラスは割れてしまったそうです。

そして、テディベアのコレクション。
old toys2
ドイツのシュタイフ社のものは、きちんと手足が動いて四つん這いで立つことができるそうです。しかし、時代とともにテディベアも変化してきて、手足が動かないものもどんどん作られるようになったとのこと。
右下の小さなベアは、なんとタイタニック号が沈んだ時に唯一発見されたテディベアがあったそうで、それを記念して、何体か限定で作られたものだそうです。
line8_20120225033358.gif
本当はこの中で一番古いおもちゃの写真も撮ったのですが、学校のカメラで撮ったため、こちらでお見せできなくて残念。そのおもちゃというのは、このおばあさんのご主人が子どもの頃、いとこにもらったというテディベアです。

私には残念ながらこうした古いおもちゃがありません。子どもの頃大好きだったぬいぐるみも、多分、処分してしまったのでしょう。
最近までは「新しいもの」の方がいいような気がしていましたが、こうして自分とともに一緒に年を重ねてきた「古い」おもちゃがあるというのは、まるで自分の人生を見ているようでいいな~と感じました。
もちろん、これだけのおもちゃを飾っておく場所は私の家にはありません。でも、一つだけでもずっとずっと手元に残しておけるおもちゃに憧れます。

イギリスでは生まれた子どもにぬいぐるみを送る習慣があります。寝る時も一緒、お出かけするときも一緒・・というテディベア (たとえクマのぬいぐるみでなくても、こうしたぬいぐるみの総称をテディベアということがあるそうです)。学校でも「テディベア ピクニック」という日があり、子どもたちは自分のテディを学校に持ってきて、一緒にピクニックをします。
きっとこうしたぬいぐるみって、ずっとずっと身近に置いておくんでしょうね。古いものを大切にすること。素敵だなって感じました。
↓この絵本もそんな大切なテディのお話し。1977年に書かれた本ですが、今でも学校で読まれています。

DoggerDogger
(2009/03/16)
Shirley Hughes

商品詳細を見る


こんな思いもあって、姪っ子が生まれた時には、私もテディベアを贈りました。なおちゃんとよっちゃんと、ずっと一緒に年を重ねていってほしいな。


にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: 小学校
  2. | trackback:0
  3. | comment:7

 学校でクリスマスパーティー

:: 2012/12/21(Fri) ::

今週で学校も終了です。
今週はほとんど授業なしで、クリスマス関係の塗り絵をしたり、クリスティングル (詳しくはコチラ12) を作ったりしています。
今日はクリスマスパーティーが行われました。みんな好きな洋服できていいよ~ということでした。学校中を歩き、一番おもしろい仮装がこちら!
Christmas party1

左はトラの格好をしている先生 (この学級の名前がトラなのです)。そして、そのクラスの中にいた女の子。めちゃくちゃかわいいピンクのドレスとは対照的に、手作りのプレゼント型の帽子。一日中、この帽子をかぶっていましたよ、この子。

そして、ランチは全校で持ち寄り。
Christmas party2
上:サンドイッチ
中:スナック
下:savoury (セイヴァリー) と言われる味の付いた一口サイズのおかず?

これを自分で作った手作りのペーパープレィトに乗せていただきます。
Christmas party3

イギリスのサンドイッチってシンプルでしょ?大体、マーガリンを塗って、ハム、チーズ、ジャムなど一種類を塗ったものばかり。日本のように手の込んだものは期待できません(苦笑)。それでも、こうしてクリスマスツリーの形にくりぬいたものもありました。

みんなで一緒にいただくクリスマスランチ。みんなの笑顔が印象的でした。

私が担当している子も、今学期、すごく成長しました。今までは泣く・叩く・わめく・・・という方法でしか嫌なことを訴えられなかった子が、今は何がなぜ嫌なのかを説明できるようになりつつあります。
授業もみんなと一緒にしたり、鉛筆やはさみなどをもつことを泣いて嫌がった子が、今はみんなと同じ机で授業を受けたり、嫌がらずに文章を書いたりしている様子を見ると、じ~んとしてきます。よくがんばったね。
この子の成長が私への一番のクリスマスプレゼントです。私もこの子とともに成長したような気がします。大きな「まる」で今学期を終了できることに感謝です。


にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: 小学校
  2. | trackback:0
  3. | comment:4

 姪っ子の貴重な体験:小学校編

:: 2012/09/18(Tue) ::

先週の木曜日に到着した兄家族。
羊さんを見に行ったり、鹿を見に行ったり、ピクニックしたり、ホームパーティを楽しんだり・・・。観光は全くせずに我が家でのんびりと過ごしていますが、私は何だかとても慌ただしくしています(笑)。

さて、もうすぐ6歳になる姪っ子のなおちゃん。実は、今回の旅行の目玉はこのなおちゃんをイギリスの小学校に連れて行ってしまおう、というものだったんです!なおちゃん、日本では幼稚園の年長さんですが、イギリスでは小学校1年生になります。

今日、同い年の子どもたちに折り紙を教えてあげる体験をしてきました。
英語は全く話せないなおちゃんですが、度胸があるというか。少し緊張はしていたものの

Hello.
My name Nao. (is が抜けていますが、いいんです。)
Nice to meet you.
I am five.

ということばを事前に勉強していき、先生たちにちゃんと言っていました。質問されると全く?でしたが、言われたことをそのまま繰り返していて、あぁ、子どもってこうして英語や言語を覚えていくんだな~と改めて感じました。

さて、このなおちゃん、これ以外の英語の言葉は知らないのですが、ちょっとでもみんなとコミュニケーションをとりたいと思ったのか、子どもたちに折り紙を選んでもらうのに
What colour? (何色?)
ということばを覚えて、ちゃんと質問していました。それ以外にも
triangle (三角形)
Open! (開いて!)
という言葉も覚え、子どもたちが折り紙を終えると、一人ひとりの出来栄えを見て
O.K.
Good!
なんて声もかけていました(笑)。

休み時間に運動場に出たら、女の子が数人来て、なおちゃんと手をつないで遊んでいました。いや~、すごい。自分の姪っ子ながら感心しました。

異文化体験。なおちゃんにも学校の子どもたちにもいいものとなりました。
この体験、大きくなるにつれて少しずつ薄れていってきっと忘れてしまうだろうけど、でも、かけがえのない素晴らしい体験としてなんとなくでも心の中に残っていてくれるといいな、と願っています。

英語を習うのって (子どもには) やっぱり「コミュニケーションをとる手段」なんだなぁとしみじみ感じました。話したい!という気持ちが勉強したい!という思いになり、自分でいろいろと習うようになる。これが学習なんだなって、しみじみ感じました。

学校体験
上:みんなで折り紙で犬を作って、顔をかいているところ。真剣です。
左下:休み時間。女の子がやってきて、「遊ぼう」と、なおちゃんの手を引いていきました。
右下:他の子どもたちも加わって、ぐるぐる回って遊んでいます。

この写真では表情はわかりませんが、とにかく緊張していたなおちゃん。折り紙を教えている間は、ほとんど笑顔も見られませんでした。でも、休み時間になり、みんなで走ったり、ぐるぐる回っていたりして遊び始めると、途端に緊張がゆるみ笑顔が見られました。やっぱり子ども。体を使った遊びには言葉は必要ない!と感じましたね。

さすがに2時間全く慣れない環境にいたため疲れ切ってしまいましたが、本当によくがんばったと思います。
自分の姪っ子ながら大きな
はなまるです!


そうそう。ヘイミッシュは姪っ子たちと仲良くしています。ずっと一緒。
↓こんなことされても全く怒りません。ゴールデンの気質なのかなぁ。
ヘイミッシュとティアラ


にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: 小学校
  2. | trackback:0
  3. | comment:4

 イギリスの学校で浴衣

:: 2012/07/31(Tue) ::

母がイギリスにいる間、私はまだ仕事があったので、ほぼ毎日、学校へ行っていました。イギリスの小学校では集会 (朝礼) が毎日あるので、校長先生にお願いして、一日だけ母を学校に連れて行き、この学校集会で着物を子どもたちに見せることにしました。

子どもたちは初めて見る着物に興味津々。そして、全く英語ができない母にも興味津々 (苦笑)。一生懸命、「コニチワ」と挨拶していました。
(「こにちは」ということができません。これは英語の持つ音の関係上難しいのです。)

着物の話を聞くだけではつまらないので、子どもたちにも浴衣を着てもらうことにしました。
120718111921_DSC_8276.jpg

母が浴衣を着せている間、私は浴衣についての説明。
120718112048_DSC_8280.jpg
母娘のコラボですね (笑)。

120718112221_DSC_8283.jpg 
子どもたち、似合っています。表情は見えませんが、大喜びです。

せっかくなら先生にも。
120718112412_DSC_8287.jpg 120718114319_DSC_8296.jpg
先生、めちゃくちゃうれしくて、この後、母に抱きついていました。
それにしても、やはりイギリス人って大きい。母、160cm ほどあるのですが、小さく見えますね・・・。

イギリスの小学校では集会の時間に、歌を歌ったり、誕生日のお祝いをしたり、一週間、よくがんばった子どもを各クラスから一人ずつ選んで称賛したりします。今回の着物紹介も「異文化体験」つまり宗教学の授業の一環として位置づけられます。こうして子どもたちは、いろいろな文化やさまざまな人種がいることを受け入れていくのです。これ、とても大切な経験だと思います。

母も、こんな機会、そうそうあるものでもないので、喜んで協力してくれました。ありがたいことです。
*ちなみに、本当に英語ができない母ですが、みんなから
Nice to meet you. (お会いできてうれしいわ。)
と言われたため、このフレーズはしっかり覚えて帰りました。


にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

>>続きを読む

  1. Category: 小学校
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

 学年末

:: 2012/07/04(Wed) ::

イギリスではこの時期、学年末と言うこともあり、どたばた忙しい毎日です。
6月~7月にかけて、スポーツディ (日本で言う運動会) があったり、Induction Day (インダクション ディ) という日があったり、卒業生は保護者に向けてのパフォーマンス (発表会) があったりします。

イギリスの学校に勤め始めてもう8年になりますが、いくつかいいな、と思うものがあります。その中の一つが、このインダクション ディというもの。

日本では4月の年度初めの始業式で、新しいクラスと担任の発表がありますね。イギリスでは、新しい担任・クラス発表を6月終わり~7月に入って早々*、発表されます。そして、新しい先生やクラスメートが分かったら、7月中に一日、または数日、新しい先生たちと過ごす日が設けられます。これが Induction Day (インダクション・ディ) または Transition Day (トランジッション・ディ) と呼ばれるものです。(*イギリスでは新学年は9月始まりで、7月に学年が終了します。)

このインダクション ディには、子どもたちは、朝から一日かけて、新しい教室で過ごすこともあれば、半日だけ、または一時間だけ過ごすこともあるし、一週間ずっと新しいクラスで過ごすこともあります。学校や学年によってかなり違ってきます。また、幼稚園からも reception (レセプション:4~5歳) へ体験入学をしに子どもたちが来たり、Primary (プライマリー:初等教育) から Secondary (セカンダリー:中等教育) の学校間でも、それぞれ体験入学をします。

新しい環境にスムーズに入っていける子どもは、特にこのインダクション ディは必要ないのかもしれません。でも、中には新しい環境になかなか慣れない子もいます。その子たちにとったら、新しい先生は誰だろう・・・なんて不安を抱えたまま夏休みを過ごすより、こういう日があるというのはいいな、と感じます。
(詳しくはこちらをご覧ください。)

また、通知表も学校が終了する2週間前には手渡されます。そこで、先生と話をしたい場合は、学年が終わってしまう前に担任と面談をすることができます。一年に一度しか通知表は手渡されませんが、各教科ごとにレベルが示され、先生のコメントも入ります。

日本とは違った制度、なかなかおもしろいですよね。


にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: 小学校
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
« 前のページ       次のページ »

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31