「まる」ないちにち

:: admin ::: NewEntry ::
イギリスでの生活や仕事を通して、感じたことをつづっていきます。

   イギリスの小学校関係についての情報ブログは・・・「kayokoyamashita.com イギリスの学校 と シンセティックフォニックス」へ



 The Royal Wedding at school

:: 2011/04/29(Fri) ::

*今日のブログは私のもう一つのブログ (イギリスの学校) と重複します。

ここしばらく結婚式関係のブログだったので、その関係で、今日まで結婚式について書きたいと思います。

29日はいよいよロイヤルウェディング。ウイリアム王子とケイトさんの結婚式を記念し、イギリス中の学校はお休みになります(祝日扱い)。国を挙げての慶事ということで、私が勤めている学校でも今日は一日お祝いパーティーでした。

まず、今日は Dress Down Day (ドレス ダウン ディ:私服登校)で、みんな「プリンス・プリンセスの格好」で登校することになっていました。
・・・ないよ、私、プリンセスの服なんて。学校へ行ってみると、子どもたちはもちろん、先生もみんなドレスアップしていました。

プリンス3人
かわいらしいプリンス3人。

ブライドグルーム
プリンセス&プリンス。手に持っているのは
イギリスの小学校ならどこでも見かけるBarnaby Bear。
Bearもプリンセス&プリンスの衣装を着ています。

インドプリンス
インドのプリンス。

プリンセス3人
先生たち。なぜ、こんなドレスを持っている?
おまけにティアラまで。

私は、こちら↓。プリンセスが無理ならプリンスになろうって (笑)。
110428100659_DSC_3092.jpg
向かって右が私。ウイリアム王子です。左はケイトさん。




さて、実際、学校ではどんなことをしたかと言うと、

・王室家系図の勉強 (もちろん、ダイアナ元妃のことも触れましたよ)
bunting (バンティング:旗) 作り
・ウエディングドレスのデザイン
・全校でのランチ、それに使う紙皿の飾り付け
・パーティー

などなど。おもしろいのが、ただ飾り付けを行うだけでなく、イギリスの国旗にあわせて赤色と青色を用いてrepeated pattern (リピーティッドパタン:繰り返しの模様) の勉強をしたり、Wedding の文字を使って詩を作ったり・・・と授業に上手にこのお祝いを取り入れているところです。
110428111344_DSC_3101.jpg
自分でデザインした紙皿。

110428112804_DSC_3113.jpg
教室にはこんな飾りも。

110428100840_DSC_3094.jpg
子どもの手作りBunting (バンティング) が雰囲気を高めています。



ランチ
外にテーブルを出してみんなでランチ。

110428114737_DSC_3116.jpg
サンドイッチ。日本では考えられないかもしれないけれど、
マーガリンがべったりついたパンにハム・ジャム・きゅうり・
チョコレートスプレッド・チーズ・マーマイトのどれか一つの具のみ。

サンドイッチのほかに、ポテトチップスなどお菓子とデザートたっぷり。

110428112719_DSC_3111.jpg
ユニオンジャックをイメージしたカップケーキ。

110428112700_DSC_3110.jpg
すごいお菓子の量でしょ?あっという間になくなりましたよ。


私が勤めている学校は foundation (ファンデーション:4・5歳の子どもの学年) から Year2 (6・7歳) の first school (ファーストスクール) という小学校。この上のyear3 (7・8歳) からyear6 (10・11歳) の子どもたちが通う middle school (ミドルスクール) でもお祝い事は行うそうです。ただし、ドレスアップはさすがにプリンス&プリンセスではなく、「イギリスの国旗の色の服を着てくる」という学校もありました。さすがに、secondary school (セカンダリースクール日本で言う中学・高校) では、当然、こんな盛大なお祝いはしませんが。

日本では1993年6月9日の皇太子徳仁親王の結婚の儀も祝日となりました。国は関係なく、皇族の結婚と言う慶事はやはり国を挙げてのお祝いですね。ただ、皇太子徳仁親王の結婚の儀のときに、学校でここまでお祝いをしたかしら?この年に教員になった私、全く覚えていません・・・。 (自分の結婚式も控えていて、衣装を見に行くと十二単がたくさんあったことは覚えていますが。「十二単が衣装に出てくるのは今年だけよ」と言われたことは鮮明に覚えています (笑)。)

明日の結婚式、お天気になってくれるといいなぁ。さすがにロンドンまで見に行く気はないけれど、インターネット中継があるので、それを見ることにしよう。ちなみに、これ⇒The Royal Wedding、ロイヤルウエディングのオフィシャルサイトです。ここから生中継で結婚式の様子が見られます。ここをクリック!



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

スポンサーサイト
  1. Category: 小学校
  2. | trackback:0
  3. | comment:6

 結婚式のケーキ

:: 2011/04/28(Thu) ::

結婚式続きでケーキの話。前回のウエディングケーキはなぜ2段だったのか、というところからこの話になりました。

通常のウエディングケーキは3段重ねだそうです。日本もこの形を取っていますね (でも、最近の結婚式はこんなに大きなケーキは使わなくなりましたね)。
20080920_6A-11.jpg
3年前にも写真を撮らせてもらった結婚式でのケーキ


一番下は結婚式に参加してくれた人たちと分け合い、真ん中は式に出られなかった人へ配り、そして、一番上は赤ちゃんが生まれて、Christening (クリスティニング:洗礼式) のときにみんなで分け合うのが風習だそうです。今回の結婚式では既に子どもがいるからなのか、2段のケーキでした。

でも、もともとは一番上が夫婦、一番下が家族、そして真ん中が子どもを意味していたとか。そして、結婚して1年以内に子どもが生まれることが普通だったため、結婚記念日と子どもの洗礼式を一緒にお祝いし、ケーキを分け合いました。でも、これってケーキが一段余ってしまいますよね。そこで、今では上記のようにケーキを分配するようにしたとか。時代とともに意味も変化してきたようです。

さてさて、これは3年前に出席した友人の結婚式。なんと4段。聞くところによると、5段まではまれにあるそうです (この結婚式、なんと新婦さんの自宅で行われたのです。お庭にで~っかいmarquee (マーキー:大天幕)を張り、ディナーもダンスもそこでやったんですよ!) 。
20080809_DSC_3063.jpg


この式では新婦さんのお母様が一番上は、最初の結婚記念日、2段目は二人の子どもが生まれて洗礼式を行う時にみんなで分け合うのよ、と言っていました。いつになるのかしら、って笑っていましたが。


そして昨年末に、再びこのお家にお呼ばれしました。それは・・・二人の間に生まれた赤ちゃんの洗礼式だったのです!
20101219_DSC_3655.jpg
あ、結婚式の時のケーキ!


一体、こんなに日持ちがするケーキってどんなの?と疑問に思いますよね。
アルコールたっぷりのフルーツケーキなのです。
20101219_DSC_4029.jpg
アイシングでしっかりとコーティングされたケーキ。
味も濃い~です。



今まで出席させていただいた結婚式での共通部分は「ケーキがみんな知り合いの手作り」というところ。二人、または家族を知る人が丁寧に作ったケーキでのお祝い。素敵ですよね。そして、今回、感じたのが昔からのものって一つ一つ意味が込められているんだ、ということ。生活に根差して風習が生まれるわけなので、それを大切にしていくことって、つまりは文化を守ることになり、国民のアイデンティティーをも確立するものだと感じました。

日本もとてもいい風習がたくさんあります。外国の文化も取り入れながら、でも日本ならではの風習も大切にしていけたらいいな、と強く感じました。特に海外にいると、日本の良さがたくさんあって (季節を大切にする・年長者を敬う・公共物を大切にするなどなど) それを誇りにも思います。

さて、明日はウィリアム王子と ケイトさんのロイヤルウエディングですね!どんなケーキが登場するんだろう・・・。ケイトさんのウエディングドレスも楽しみ!


にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: 写真
  2. | trackback:0
  3. | comment:6

 笑顔いっぱいの結婚式:これで最後です

:: 2011/04/27(Wed) ::

式が無事に済み、みんなの表情も本当に和らぎました。

110326142332_DSC_0475.jpg
テーブルの上のこの小さな白いウエディングケーキのミニチュア、
なんだと思いますか?答えは↓。

110326190510_DSC_7447.jpg
シャボン玉。子どもだけでなく大人も楽しんでいました (笑)。

110326201757_DSC_7571.jpg
食事がすみ、いよいよダンスパーティーへと移るのですが、
また部屋をダンス会場にしている間、子どもたちはこんな風に踊っていたり・・・

110326204611_DSC_7609.jpg
階段でお客さんをお出迎えしたり。
こんな笑顔で迎えられたら、みんなうれしいですよね。

110326201208_DSC_7562.jpg
ウエディングケーキ。普通は3段重ねです。
でも、このケーキは2段ですね。そのわけは・・・次回のブログで!

110326211459_DSC_7671.jpg
新郎新婦さんの First Dance (ファーストダンス:結婚後初めてのダンス)。
子どもたちが曲に合わせて体を揺すっているのがかわいい!

110326215146_DSC_2694.jpg
そしてブルースブラザーズのモノマネを招いてのダンス!
子どもも大人も思い切り楽しみましたよ。


以上、4回にわたっての結婚式の写真にお付き合いいただき、ありがとうございました!本当に自己満足の世界ですが、みんなが Happy そのもので、元気と幸せをいっぱいもらえる結婚式だったと思います。写真も「なかなかいいじゃん」って自画自賛しています (笑)。
先程登場したウエディングケーキがなぜ2段なのか・・・については次回をお楽しみに。そう言えば、もうすぐロイヤルウエディングですね。イギリスは祝日となります。



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: 写真
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

 笑顔いっぱいの結婚式:その2

:: 2011/04/25(Mon) ::

前々回前回に引き続き、haykichi夫婦がフォトグラファーをさせていただいた結婚式のお気に入りの写真を紹介します。今回で全部お見せできるといいんですが・・・。

この結婚式、レジスターオフィサー (結婚の証明をする役人) の前で式を行い、その場で婚姻のサインをするものでした。

110326155942_DSC_7038.jpg
お嬢さんにベールを持ってもらい、入場した新郎新婦。
着席するところですね。

110326160031_DSC_7039-2.jpg
優しく、でもしっかりとつながれた二人の手。

110326161550_DSC_7101.jpg
指輪の交換、愛の誓い、そして婚姻のサイン。
ところが、サインするときだけは写真撮影禁止。
これは、写真撮影用のフェイクのサイン(笑)。
二人の顔も緊張が解けているでしょう?

110326161112_DSC_7095.jpg
感極まって泣き出してしまったお嬢さん。

110326162027_DSC_7114.jpg
退場する二人の何とも言えない笑顔!


この後は、この部屋の隣にあるバーで、みんなで立ちながら (飲みながら) 祝福。場もぐっと和んでいました。そして、新郎新婦はこのタウンホール (市役所) の1階へ行き、グループごとに記念撮影。新しく家族となった三人の写真を見てください。

110326165031_DSC_2199.jpg
これで正式な家族となった三人。何とも言えない
優しい表情に満ちています。

110326165106_DSC_2206.jpg
お父さんの膝の上に座り、幸せをかみしめるお嬢さん。

110326165209_DSC_2214.jpg
「お父さん、お母さん、おめでとう!」と confetti (コンフェッティ:紙吹雪) を
飛ばそうとするんだけれど、うまくばらまくことができなかった。


この後は食事へ。場所は今、結婚式を挙げた部屋。この写真を撮っている間に、 reception (レセプション:披露宴) 会場へと模様替え中。
今回も全部お見せできなかったので、もう1回だけ、お付き合いを!



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: 写真
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

 笑顔いっぱいの結婚式

:: 2011/04/24(Sun) ::

前回お話した結婚式。今日はお気に入りの写真を紹介します (前回の記事はこちらを click ! ) (完全に自己満足の写真なので、興味のない方は飛ばしてくださいね)。

110326150849_DSC_1816.jpg
お嬢さんの髪型のセットが終わり、ほっとしている花嫁さん。

110326151020_DSC_1822.jpg
ティアラを頭に載せた花嫁さん。子どもたちの「素敵!」の歓声。

110326150708_DSC_1810.jpg
花嫁さんのブーケ。優しい色合いが何ともいえず、目をひきます。

110326142426_DSC_1678.jpg
ブライド・メイドがもつブーケ。色が花嫁さんのブーケとマッチング。

110326153206_DSC_1887.jpg
子どもたちの後姿がかわいくて。

110326155550_DSC_1913.jpg
式場へ向かう花嫁さんとブライド・メイド。緊張していますね~。
花嫁さんの横にいるのはお兄様。本当はお父さんがこの役目を
するところなのですが、残念ながら1年前に逝去されてしまったのです。

110326155803_DSC_1935.jpg
右後ろにいる人。chimney sweeper (チムニースィーパー:煙突掃除人)
と言って、式の前に参列者全員の悪い運を取り払ってくれる人だそうです。
伝統的な結婚式には欠かせない存在ですって。


次回は、式の最中とそのあとの写真を紹介します。もうしばらくお付き合いください・・・。


にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: 写真
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
   次のページ »

04
1
3
7
8
11
13
15
19
22
26
30