「まる」ないちにち

:: admin ::: NewEntry ::
イギリスでの生活や仕事を通して、感じたことをつづっていきます。

   イギリスの小学校関係についての情報ブログは・・・「kayokoyamashita.com イギリスの学校 と シンセティックフォニックス」へ



 スポンサーサイト

:: --/--/--(--) ::

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: スポンサー広告

 3つの魔法の言葉 その2

:: 2011/06/29(Wed) ::

昨日の記事にいろいろとコメントをくださって、ありがとうございました。
その中で、Chunさんのコメントにありますが、お嬢さんが一番最初に覚えたフレーズと言うのが
"Can I play with you?" (一緒に遊んでもいい?)
というものだったそうで、まさに、今日、紹介しようと思っていたテーマです。

昨日は Thank you. と Please. について書きましたが、今日はもう一つの子どもに教える魔法の言葉 "Can I ~ ?" について。
このフレーズ、直訳すれば
「私は~できますか?」
なんですが、つまりは
「~してもいいですか?」
という意味になります。

子どもにとって、まず大切なのが、トイレ。最初は Toilet, please. でもいいから、トイレに行きたいことをアピールするようにいいますが、少しずつ英語に慣れてきたら
Can I go to the toilet, please? (トイレに行ってもいいですか。) と言えるように練習していきます。これがスラスラと出てくるようになったら、go 以下をどんどん変えて、なるべく自分で先生や友達に訊かせるようにしていきます。この Can I ~? は本当に魔法の言葉。このあとに、動詞をくっつけるだけで丁寧なお願い文になるのです。

Can I play with you? (一緒に遊んでもいい?)
Can I join? (仲間に入ってもいい?)
Can I drink water, please? (お水を飲んでもいいですか。)

というように、どんどん、文章で人にお願いすることができるようになるんです。3つ目の文のように、先生にお願いするときは、please を最後に付けます。

さて、Can I ~? を少し発展させると
May I ~? になり、Could I ~? と言えるようになったら、立派なブリティッシュ (笑)。

子どもの立場に立ってみると、必要な言葉というものが実は、私にとっても大切な言葉であり、普段の生活でよく使っているものばかりなんですね。特にCan I ~?に関しては、昨日も触れましたが、マクドナルドなどで注文するときに Can I have a big mac meal, please? と使ったり、トイレを借りるときに Can I use your toilet, please? と言ったり、Can I see it? と友人が何かを見ているときに、私にも見せて~、という感じで使ったりします。 
レストランで、まだ食べるものが決まっていないのにオーダーを取りに来てしまった!なんて時、"Can I have・・・・・?"って、ちょっと時間稼ぎにも使ったりします (笑)。

余談ですが、オーダーなどでもっと丁寧な言葉を使いたければ、
Could I have ・・・・? そのさらに上は
I would like to have ~, please.
「~をいただきたいのですが。」というような感じかな?

話がずれましたが、学校でもこういったフレーズを使う子どもがいるんですよ(5歳くらいで!)。親との会話を聞いていると、やはりお母さんやお父さんもこういった言葉を子どもに対しても使っているのです。子どもを一人の個と見るところが、イギリス。日本は年齢に応じて言葉を変える文化、イギリスは小さいときから大人と同等の文化。おもしろいですね、こういう文化が言葉に反映されるって。


にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

スポンサーサイト
  1. Category: 小学校
  2. | trackback:0
  3. | comment:10

 3つの魔法の言葉 その1

:: 2011/06/28(Tue) ::

私、日本語教師以外にもいろいろ仕事をしています。
と言うか、メインは地元の小学校で、英語を母国語としない子どもに英語を教えたり、その子たちの親御さんと学校との橋渡しをすることなんです。ただ、私は大学で英語を勉強したわけでもないし、イギリスへも英語の勉強に来たわけでもない。なので、文法や単語などは、未だに勉強中・・・。(渡英した当時なんて、ひどいもんでしたよ・・・。これもまたいつか記録として、ブログに残しておきたいな。)

そんな私が英語を教えているというのもちょっと恐ろしくもあるのですが、逆に英語のできない子どもや親御さんの気持ちがよ~くわかり、イギリス人にはできない「簡単な英語」を使ってコミュニケーションをとれるというところが、今では一つの特殊技能?ともなっています (←あくまでもポジティブ。笑)。

さて、イギリスへ来たばかりの子どもに、最初に教えることはフォニックスと言って、英語の発音と文字のマッチング (詳しくは私のもう一つのブログイギリスの学校の「英語」のところを参照してください)。これは英語を読み書きする上で非常に大切なのですが、でも、それ以上に必要なことは

- Thank you.
- Please.
- Can I ~?

の3つの言葉。
ハリー・ポッターでも言っていたけれど、「Please (お願いします)は魔法の言葉」ということで、イギリス人の子どもは、必ず、友達同士であろうと、先生であろうと、もちろん親にも必ず、何かをお願いするときには Please. と言います。そして、何かしてもらったら、Thank you. を忘れません。実はね、私も Please は「あ、言い忘れた!」ということが、しょっちゅうあるんです (←現在形です!今でもあるんですよ!日本にいた時から、オーダーなどしたら、かならず「お願いします」と言っていた私ですが、それ以上にイギリスでは、ちょっとした時から使うんですね、このPlease って)。

日本ではあまり「お願いします」って言わないし、親も子どもが何も言わなくても、やってあげちゃいますよね。日本では「言わなくても察する」文化なので、
「あ、これをしてほしいんだな」
と思えば、親はさっと動いてしてあげる、つまり、Please を言わなくても済んでしまう文化なんですね~。

実は、ほとんどのアジアの国もPleaseを言わないそうです。私が担当している子どもは、ほとんどがパキスタンやインドなどアジアの子どもが多いのですが、宗教によっては男の子は「お願い」なんて絶対言わないそうです。「女の人にやってもらって当たり前」という文化もあるそうで、この Please を何度も何度も繰り返し言うように指導していきます。言うことを知らないのなら、教えなければいけないし、言わないばっかりに、トラブルに巻き込まれてしまっても困るので、これは必須事項。やはりマナーとして、言うべきことはきちんと言いたいものです。

特にこの魔法の言葉を使うと使わないとでは、相手の対応も全然違います。先生やアシスタントの人も、何回も ”Thank you.は?” ”Please.は?” と言わせます。人と人が気持ちよく付き合って行けるために、きちんと教えていくという姿は私も見習いたいものです。

ただね、残念なのが、先生たちもおっしゃっているんだけれど、イギリス人の子どももこの魔法の言葉を言わない子が多くなっているそうです。親御さんが子どもへきちんと躾をしなくなってきていると嘆いていました。何だか、寂しいですね・・・。



そうそう、この3つの魔法の言葉、子どもだけでなく、旅行や短期滞在でも同じことが言えます。
マクドナルドやレストランでも、基本、オーダーをしたら、please. を最後に付けるだけでも、付けないとでは、ぐんと丁寧さが変わります。もちろん、その前にCan I...とかを付けたら、もっといいんだけど、これについては、また明日。


にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: 小学校
  2. | trackback:0
  3. | comment:8

 森の中の不思議

:: 2011/06/27(Mon) ::

今日は、haykichi地方、27度の夏日。やっと夏らしい天気になってくれました。・・と思ったら、明後日から、また18度まで下がってしまうそうです。せっかく暑くなってくれたのに。これで夏は終わりかしら。

さて、ヘイミッシュのお散歩でよく行く森の中に、私の大のお気に入りの大きな切り株があります。
この切り株でヘイミッシュの成長が見れるほど、私にとっては大切な?切り株です。

ヘイミッシュ、3ヶ月のころ。必死に切り株の上に置いてあるおかしを食べようとしているところ。
この上には登ることもできませんでした。
20100624_DSC_4984.jpg
2010年5月

4か月になって、やっと自分でこの上に乗れるようになり、
20100520_DSC_3837.jpg
2010年6月

今では、軽々と乗れてしまいます。
切り株は、こうやって二人の休憩の場になったりもします。
110402131312_DSC_8065.jpg
2011年3月。

ね、ヘイミッシュの成長がよくわかるでしょ?

ところが。

先日、この切り株の前を通りかかり、「え!?」と思わず、叫んでしまいました。
何故だか、わかりますか?
110610162004_DSC_1424.jpg
2011年6月

切り株が移動している・・・。

これ、根付いているんじゃなかったんですね。まさか、「根付いていない」なんて思いもしなかったから、切り株がいつもの場所にないのにびっくり。でも、ヘイミッシュは何の疑問も持たずに、「ひょいっ」と、切り株の上に乗って、ご機嫌そうにこちらを見ています。
(私にとって) ある日の森の中の不思議な出来事でした。


にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: ヘイミッシュ・ロッキー
  2. | trackback:0
  3. | comment:6

 最近の台所仕事

:: 2011/06/25(Sat) ::

先々週くらいから、いろいろと細かいことをしているけれど、ブログにアップできずにいました。 (その間に、旦那のrokisukeに先にブログにアップされてしまいました・・・。)

まずは、近くのスーパーで生タコを見つけたので、ゆでてタコ焼きにしました。(詳しくはこちら。)

110611182921_DSC_3587.jpg 110611184138_DSC_3592.jpg 110611191937_DSC_3600.jpg

ほくほくのタコ焼き。おいしかったんですが、きれいに丸くなった成功率は1/3。このタコ焼き器が、まだ使いこんでいないせいか、タネがくっつき、うまく返せないものも多々ありました・・・。

次は和風だし粉作り。和食の回数は少ないのですが、いちいち出汁をとるのは手間なので、我が家ではこうやってだし粉を作っています。材料は
・鰹節
・昆布
・干しシイタケ
・ごまめ (お正月の田作り用の残り)
量は適当です。その時によって配合が変わるのも手作りならでは (笑)。
電子レンジで水分を飛ばして、BaMix (バーミックス) で粉砕して、あとはそのまま使うだけ。少し、粉っぽさは残ってしまうけれど、味はしっかりしていて、結構お気に入り。(詳しくはrokisukeブログをどうぞ⇒こちら。)

110619130750_DSC_1819.jpg 110619131028_DSC_1822.jpg 110619133105_DSC_1832.jpg
110619134505_DSC_1844.jpg
二人分のお味噌汁なら、小さじ1/2くらいで十分。うどんやそばのつゆもこれがあれば、さっと作れてしまい、重宝しています。

そしてぬか漬け。
義姉から送ってもらったぬか床。我が家の庭から野菜をとってきて、漬けてみました。白いのは間引きした大根。漬けものにちょうどいい大きさでした。葉っぱはラディッシュの葉をお湯でさっと湯がいたもの。
110619141913_DSC_1874.jpg 110619194935_DSC_1887.jpg 110619195714_DSC_1891.jpg 
Before and After という感じで、写真の左右で色が変わったのがわかりますか?

今のところの私のお気に入りはセロリ。rokisukeはキュウリとナスがお気に入り。ズッキーニもなかなかでした。今日はアスパラガスを漬けたので、できあがりが楽しみ。
りかちゃん、ぬか床を送ってくれてありがとうね~。

食べることって元気のもとでもあり、楽しみでもありますよね。全部のものには手をかけていられないけれど、一つでも食卓に丁寧に作ったものがあがると、おいしさも倍増するような気がします。今晩もこのお漬物とビールで乾杯です。


にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: お家ご飯
  2. | trackback:0
  3. | comment:12

 修士論文

:: 2011/06/23(Thu) ::

昨日、修士論文をどのように進めていくか、大学の先生と話をしました。
テーマは「日本の学校におけるインクルージョン」。日本で働いている先生にインタビュー、またはメールでいくつかの質問に答えてもらう予定です。
一応、どうやって論文を構築していくか決めたものの、家に帰ってきて、実際にいつまでに何をして・・・とプランを立ててみたら、「時間がない」ことに気が付きました。そう思い始めたら、居ても立ってもいられなくなり、ある学校へインタビューのお願いを出したのですが、あまりにも急な依頼であることで即座に断られました。ならば、インタビューなしでも論文は書けるので、そうしようかとも思ったけれど、これから色々な文献を読み、分析していくとなると、それも時間が足りない。結局、自分が満足するものにはならないだろう、と一日で結論が出ました。

私はパートタイムの学生なので、本当の修論締め切りは来年5月。それを早く終わらせたいと今年の9月に締め切りを設定したのですが、自分の首を絞めることになると思い、先生に「締め切りの変更をお願いしたい」とダメもとで申し出ました。驚くことに、すぐに「いいですよ~」と返事がきたのです!このメールを読んだ途端に、ほっと肩の力が抜けました~。一気に緊張がほぐれた、そんな感じです。

この先生からのメールを読むまでは、先述した学校からの断りメールを読んでは落胆し、どうしようかと気持ちだけが焦り、自分でも「精神的にこれはよくない」という状態でした。無理なことを進めようとすると、精神的に負担が大きいと実感しました。

ここしばらく、そういう状態になっていなかったので、久しぶりに味わった「焦り」でした。アサイメントで「まとまらない~」と言っていた時とは全く違う焦り。多分、前回のときは、ある程度頭の中で煮詰まっていたのをどのように文章化していくかで焦っていただけで、気持ち的には余裕があったのだと、今、わかりました。
さっきまで感じていた「時間がない~」という焦りは、胸の奥からぎゅっと締め付けられるような、そんな苦しみも伴っていました。

物事をすすめるときには、やはり見通しを立てるということが大切なんだなって、また一つ、この年になって学びました。そして、ここしばらくで、すごく感じることが「物事はそうなるように動いている」ということ。今回、インタビューを断られたことも修論提出延期もスムーズに?いったということも、自分が納得するようにやりなさい、という天啓なのではないかと思っています。来年5月まで猶予が与えられた修論。自分が満足するものになるように、今からちゃんと計画を立てて、コツコツと進めていきたいと思います。

110619135544_DSC_1862.jpg
庭で収穫した「red fruits 3姉妹」。
甘くておいしかった~。
チェリーが木にたくさんなっています。今週末くらいが食べごろ。





にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: 大学院
  2. | trackback:0
  3. | comment:6
   次のページ »

06
8
10
12
13
15
20
22
24
26
30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。