「まる」ないちにち

:: admin ::: NewEntry ::
イギリスでの生活や仕事を通して、感じたことをつづっていきます。

   イギリスの小学校関係についての情報ブログは・・・「kayokoyamashita.com イギリスの学校 と シンセティックフォニックス」へ



 アリス・モース・アールの詩

:: 2011/07/23(Sat) ::

The clock is running.
 時計の針は刻一刻と進んでいる。
Make the most of today.
 今日を大切にしなさい。 (Make the most of ~:「最大限に~を活用する」の意)
Time waits for no man.
 時は誰も待ってくれない。

Yesterday is history.
 昨日は過去のこと。
Tomorrow is a mystery.
 明日は神秘。
Today is a gift.
 今日は贈り物。
That's why it is called the present.
 だから「現在」 (present) のことを「プレゼント」 (present) と呼ぶのです

                 アリス・モース・アール (1851年-1911年)

私の日本語の生徒さんからこんな詩が送られてきました。私のもう一つのブログ (日本語の生徒さん用のブログ) で、光陰矢のごとし=Time flies quickly と書いた記事に対してのコメントでした。

「どうして現在って英語でpresentなんだろう」ってよく疑問に思い、知人のイギリス人にも聞いていたのですが、その意味を知っている人は誰もいませんでした。
「今のこの時」というのはサイコーのプレゼントなんですね。
この詩を読んで、まさに「目から鱗が落ちた」感じです。 (もちろん、きっと違う意味があるのでしょうが。)

イギリスでは今が年度末、卒業の季節です。立派に子どもたちが巣立っていきます。今があるのも過去のがんばりがあったから。そしてこの今が未来へとバトンタッチ。「今」は過去から未来への橋渡しであり、大切なギフトでもあるのですね。

20100322_DSC_1137.jpg



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

スポンサーサイト



  1. Category: 思ったこと・考えたこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:8


07
4
10
13
16
19
24
29