「まる」ないちにち

:: admin ::: NewEntry ::
イギリスでの生活や仕事を通して、感じたことをつづっていきます。

   イギリスの小学校関係についての情報ブログは・・・「kayokoyamashita.com イギリスの学校 と シンセティックフォニックス」へ



 「ありがとうございます」 と 「ありがとうございました」

:: 2011/10/14(Fri) ::

みなさん、普段お礼の言葉を言う時に
「ありがとうございます」と「ありがとうございました」のどちらを使いますか?

私は、最近まで両方使っていたんです。何かいただくときには「ありがとうございます」、そのお礼を後日言う時には「ありがとうございました」・・・というように。


なぜこの話題かと言うと・・・

先日、いつも聴いているポッドキャストに、たまたま松尾貴史さん (←私、ファンなんです) が登場していて、この話題になったんです。

「『ありがとうございました』と過去形になった途端に、その気持ちは既に終わってしまっていること。今の時点でありがたいと思っているのならば、過去形を使うのはおかしいのではないか。過去形で言ってしまうと、今は感謝していないということになる」との説明に、なるほど~と思ったのです。

そうだよな~、と思いながら、英語での言い方を考えてみると、「ありがとうございました」 という過去形でのお礼はないんです。
英語で「ありがとうございます」は Thank you. もう少し丁寧に言う時にはThank you
very much. さらに上は Thank you very much indeed. でも過去形はないんです。

昨日の日本語のレッスンで、お医者さんへ行き、診断後、お礼を述べるという場面の資料に偶然、
「ありがとうございました」
と書かれていたのです。
生徒さんの一人が、素早く反応しました。

「どうして過去形なの?今、お礼を言うのに過去形っておかしくない?」
と指摘をしたのです。
すると、違う生徒さんが
「でも、診てもらったという事実はもう過ぎ去ってしまった過去のことなので、その行為に『感謝した』ということなら、過去形でもおかしくないのではないの?」
とのこと。

同じ英語話者でもとらえ方が違う、ということにおもしろいなぁと感じました。

「ありがとうございます」と「ありがとうございました
みなさんはどう思いますか?



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

スポンサーサイト
  1. Category: 日本語 - 言語
  2. | trackback:0
  3. | comment:8


10
1
2
7
9
11
13
19
23
24
28