「まる」ないちにち

:: admin ::: NewEntry ::
イギリスでの生活や仕事を通して、感じたことをつづっていきます。

   イギリスの小学校関係についての情報ブログは・・・「kayokoyamashita.com イギリスの学校 と シンセティックフォニックス」へ



 本物の栗

:: 2011/10/31(Mon) ::

昨日のクイズ、「栗は英語でなんでしょう?」・・・わかりましたか?



正解は
 ・
 ・
 ・
 ・

chestnut (チェス ナッツ) です!

私、イギリスへ来てしばらくは、栗=マロン だと思っていたんです。でも、イギリス人と話していても?みたいな顔をされるので、おかしいなぁ、と思っていたら。
なんと。マロン (marron) はフランス語なんですね~。

確か、フランス語で栗色 (茶色) もマロンだし、イタリア語では marrone (マッローネ)。
英語で栗色は Chun さんが昨日のコメントに残してくださっているように maroon (マルーン) です。
(さすがヨーロッパ言語、言葉が似ています。)

さて、ではこの栗とコンカーの違いを写真で比べてみましょう。

左がコンカー、右が栗。
111027131722_D74_8348.jpg

さて、下の写真、どっちがどっち?
111027131904_D74_8351.jpg
左が栗で右がコンカーですね。簡単でしたね。


栗の季節です。スーパーにも栗が並ぶようになりました。ロンドンの町の中を歩いていると、焼き栗を売っているのをこの時期、見かけます。残念ながら、私の住んでいるところでは見かけないのですが・・・。

さて、家で栗を炒る時は専用のフライパンで炒るといいようですが、我が家では、栗に切れ目を入れてそのままオーブンで焼くだけ。

111027131204_D74_8335.jpg

そして、アツアツの栗の皮をむいて(もらって)、いただきま~す。
111027132337_D74_8354.jpg
秋の味がします。


これを書いている今日はイギリス時間で10月30日(日)です。そう、サマータイムが終わり、今日は時計の針を1時間、戻しました。何だか、1時間得した気分。もちろん、ヘイミッシュには時間の違いなんてわからないので、今日はいつもよりお散歩の時間が遅くておかしいな~と、不思議顔。


にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

スポンサーサイト



  1. Category: 文化・行事・風土
  2. | trackback:0
  3. | comment:4


10
1
2
7
9
11
13
19
23
24
28