「まる」ないちにち

:: admin ::: NewEntry ::
イギリスでの生活や仕事を通して、感じたことをつづっていきます。

   イギリスの小学校関係についての情報ブログは・・・「kayokoyamashita.com イギリスの学校 と シンセティックフォニックス」へ



 スポンサーサイト

:: --/--/--(--) ::

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: スポンサー広告

 今年の漢字

:: 2011/12/31(Sat) ::

2011年は多分、日本中のみなさんにとって大きな一年だったと思います。私ももちろん、その中の一人です。
先日、宮城へ行き被災地も見てきました。そしてカウンセラーの先生にもお話を伺い、この年末に改めて、一人の人として何が出来るのか、どうしたらいいのか、ということを考えさせられました。

2011年は、年明け早々、ディスレクシア(読み書き障害)の課題を通じて多くのことを学び、日本ではどんなことができるのかを考えました。その後、自閉症について学び、実際、学校に来ている子ども、そしてその子を取り巻く周りから考えることがたくさんありました。そして、そこから修士論文のテーマを決め、今、それについて考えています。
その間に東日本大震災もあり、なんともいえない気持ちになり続け、ずっと「何が出来るんだろう」と考え続けて、今に至ります。
そう思うと、今年は私にとって「」という年だったと思います。きっと、来年も再来年もず~っと考える年であると思うし、そうありたいとも感じます。

久しぶりに日本の家族と向かえるお正月。
一時帰国して以来、本当にたくさんの人に会い、お世話になり、涙がでるくらいうれしい再会ばかりです。こうして帰ってきて、みんなが声をかけてくださり、私って幸せ者だとつくづく感じます。ありがとう。

ブログを通じてたくさんの方とお知り合いになれたことも、今年、私にとってかけがえのない出会いとなりました。心より感謝申し上げます。
2012年もみなさまにとって素敵な一年となりますように、心よりお祈り申し上げます。


にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

スポンサーサイト
  1. Category: 思ったこと・考えたこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:6

 日本でのクリスマス

:: 2011/12/25(Sun) ::

多分、5年ぶりの日本でのクリスマス。それもホワイトクリスマス!
・・・と言ってもクリスマス当日は、普通の日。朝起きたら、姪っ子がサンタさんからもらった積み木で遊んでいた以外は。
お昼ごはんを食べ、勉強をし、夕ご飯。そして台所の大掃除。ものを捨てられない母のために、大きな袋に2つ分の不用品を処理しました。かなりすっきり~。気持ちいいですね、掃除って。
こんな普段通りのクリスマス。イギリス人にはびっくりされちゃいます。
でも、イギリスにいてもあまり変わらないかも(笑)。

昨日はいとこやいとこの子どもたちも来て、10人でクリスマスディナーをいただきました。クリスマスイブのほうがにぎやかで、クリスマス当日のようでした。

前菜はトマトのオーブン焼きとかぼちゃのスープ。かぼちゃのスープ、途中でミキサーに入れて混ぜようとしたら爆発しました・・。量が半分近く減ってしまい、牛乳で薄めました。
メインは七面鳥がなかったので、ローストビーフにヨークシャープディング、ローストポテトにゆで野菜。ヨークシャープディングは分厚いクレープのようになってしまいました・・。
みんな、おいしいよ~って食べてくれました。感謝です。

写真も撮っているのですが、RAW現像で撮っているため、直接ここにアップできないので、写真はありません。ごめんなさい。

あさってから友人が住む宮城県へ行ってきます。今回、友人がアレンジしてくれ学校カウンセラーの先生と会う予定です。今、大学院で勉強している子どものトラウマについて、いろいろと学ばせていただきます。楽しみな反面、正直、怖い気もしますが・・・。

次回の更新は宮城から帰ってきてからになります。みなさん、この寒波で風邪など引かれないようにお気をつけください。そして、雪で滑って怪我などしないよう、お互い、気をつけましょう!


にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: いろいろ
  2. | trackback:0
  3. | comment:14

 ヘルシンキ空港とフライト

:: 2011/12/23(Fri) ::

ロンドンヒースロー空港からフィンランドのヘルシンキ空港まで3時間。そこで2時間待ち、中部国際空港まで9時間50分の飛行機の旅を終えて、14ヶ月ぶりに日本に戻ってきました。

ます、ヘルシンキ空港ですが、3年前は免税店がほとんどなく、一旦、入国審査をして空港の外に出なければ時間がつぶせないほどだったのが、今回はいろいろなお店が増えていて、おまけにきれいになっていて驚きました。
ただ、私は飛行機の中で胃痛を起こし、この飛行機を待っている2時間もうろうろできないほどでした。寝転びたい!と思ったら、なんと、待合室には足を伸ばすことが出来るベッドまであるではありませんか!すぐにそこで休憩。ほっ。

ちょっとだけ横になったら、胃痛も落ち着き、少しだけ免税店を見て回ってきました。北欧の雑貨や食器などを見ようと思っていましたが、う~ん、いまいちかな。多分、入国して空港内にあるお店に行ったほうが品揃えも豊富でよかった気がします。

あっという間に時間が過ぎ、搭乗時間に。
飛行機に乗るとまたまた胃痛が。いつもは本を読んだり、映画を観たりするのですが、今回はそんな余裕もないくらい痛かった・・・。ひたすらう~ん、と唸っていた気が・・・。それでも10時間弱のフライトだったので、何とか耐えられましたが。

14ヶ月ぶりに日本に戻ってきました。さまざまな感想はありますが、お天気がいいのはうれしいです。青空にきらきら輝く太陽が真冬に見られるのってありがたいことですね。外で洗濯物を干して乾くし。
でも、家の中はめちゃくちゃ寒い・・・。家の中で息が白いのには驚きました。


中部国際空港までロンドンからは直行便がないため、JALやANAを使って成田空港で乗り換えるか、ほかの航空会社を利用して、途中どこかで乗り換えるかの選択しかありません。JALやANAの場合、成田までの12時間弱のフライトに3時間の待ち時間、そして1時間のフライトになります。日系の航空機のいい点は日本語が通じる、食事も和食が選べること。
今回はフィンランド航空を利用しました。飛行機に乗っている時間は日系のものとは変わらないけれど、12時間ぶっ通しで乗っているよりは楽だと思いました。エアクルーも日本人も乗っているので、日本語での対応もO.K.です。そして、預けられる荷物も46キロも大丈夫というのは大きな魅力です。ただし、食事はおいしくありません(笑)。
前回、フィンランド航空を利用したときは、格安運賃だったにもかかわらず、運よくビジネスクラスに乗せてもらったし(笑)。
結構、お勧めの航空会社でした。・・・あ、私、別にフィンランド航空の回し者ではありませんので、念のために。


にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: いろいろ
  2. | trackback:0
  3. | comment:8

 いよいよ

:: 2011/12/21(Wed) ::

いよいよ、明日に迫りました、一時帰国。
只今、イギリス時間午後9時です。明朝、6時のコーチ (長距離バス) に乗って、ヒースローへ行き、フィンランド航空でヘルシンキ経由、中部国際空港まで飛びます。

フィンランド航空は荷物制限が厳しくなく、今回は一人で23kgの荷物を2個、預けることができるのです。昨日、パッキングしたら、なんと、ぴったり23kgのスーツケースが2個分できあがりました。これに機内持ち込みがあるわけですが、一人で、どうやって移動するんだか・・・(苦笑)。
ヘルシンキの空港で、北欧雑貨や食器を物色するのを楽しみにしているのですが、これだけ荷物が多いと、何も買えないですね・・・。いいのか、悪いのか。

昨日のブログに書いたトラウマの課題は、結局終わらず、色々な資料を荷物に詰め込んで、飛行機の中で文献を読もうと思っています。下書きの完成が年越しになってしまうようで、予定通りできなくて残念。でも、満足するものを書きたいと思っているので、多少、予定がずれても何とかがんばります。


ヘイミッシュ、rokisuke とお留守番、よろしくお願いします。

111212131041_D75_0064.jpg

次回の更新は日本からになります!(多分)


にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: いろいろ
  2. | trackback:0
  3. | comment:10

 トラウマの勉強

:: 2011/12/20(Tue) ::

10月から始まったトラウマのコース。10月、11月、12月と週末に1回ずつコースを受け、今学期のコースが終了しました。私にしてみたら全く未知の世界。ほとんどの他の生徒さんたちはプロのカウンセラーなので、私一人、ちょっと取り残された感じはありますが、それでもみんなの話を聞くだけで、なるほど、と勉強になりました。

去年まで受けていた特別支援教育の授業の時にも感じたのですが、大学院のコースでは宿題はほとんどありません (多分、私が取っている授業だけだと思いますが)。そして、授業自体も「勉強している」という感じではなく、みんなでディスカッションしたり、アイデアを出し合ったりすることがメインで、何を勉強した?と聞かれると、正直、う~ん・・・となってしまうのです。
ただ、課題を書くことによって、自分の学びたいことを自分で見つけなければいけなく、それに見合った本や論文を自分で探し、考察していくことによって、かなりの知識を得られたように感じます。

さて、今はトラウマについての課題に取り組んでいるところ。本当なら先週までには終わらせる予定だったのに、まだ先は見えません。去年の今頃も「進まない~」と言っていたので (その時の記事はココから!)、この1年、あまり進歩がないですね (笑)。
今回のタイトルは
「日本文化がどのように子どものトラウマに影響するのか」
としました。なんて大きなタイトルなんでしょう~。完全に詰まっています。

日本ではトラウマ・PTSD (Post-Traumatic Stress Disorder:心的外傷後ストレス障害) が認識され始めたのが阪神淡路大震災の時。それまでは、臨床医の間では話題になることがあったものの、一般にこの名前が広がったのが1995年以降。ということは、日本でのトラウマの研究はまだ15年くらいのものなのです。そして、子どものトラウマに関する研究というのは未だほとんど行われていないのが実情。唯一、行われている研究としては、児童虐待や震災でのトラウマ。しかし、私が今回調べているのは「日本文化との関係」なので、これに関する資料がほとんどないのです!

この文化というところを見てみたいと思ったのは、日本人の「我慢する」性質から。今回の大震災の後も、東北の人の我慢強さには世界中が震撼したほど。そして、以前『つなみ』でも紹介したのですが、子どもたちが書く作文の終わりが
「世界中の人たちに感謝しています」
「笑顔で過ごしたいと思います」
「助けてくれた人たちに恩返しをしたい」
という言葉で締めくくられていることに、私自身、本当はどんな気持ちなんだろう?と思ったことが、今回の日本文化と子どものトラウマに焦点を当てようと思った理由です。

そして、日本ではカウンセリングを受ける人はまだまだ少ない。人に気持ちをぶちまけることがいいことだとみなされない文化だからだそうです。となると、辛い思いや体験を自分の中に押し込めておくだけで、昇華できるのだろうか、と疑問に感じたのです。一体、どうやって子どもたちは辛いトラウマ体験を昇華するのか。


実は私、21日から日本へ一時帰国するのです。できればその前に、この課題を終わらせていきたいと思っていたのですが、ちょっと無理そうですね・・・。
ちなみに rokisuke とヘイミッシュはお留守番。この笑顔をしばらく見られないのはつらいですね・・・。
111212131222_D75_0070.jpg



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: 大学院
  2. | trackback:0
  3. | comment:6
   次のページ »

12
1
3
4
6
7
11
14
15
16
18
22
24
26
27
28
29
30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。