「まる」ないちにち

:: admin ::: NewEntry ::
イギリスでの生活や仕事を通して、感じたことをつづっていきます。

   イギリスの小学校関係についての情報ブログは・・・「kayokoyamashita.com イギリスの学校 と シンセティックフォニックス」へ



 幼児期とおもちゃ その2

:: 2011/12/05(Mon) ::

前々回、「幼児期とおもちゃ」で、昔ながらのおもちゃというものが、子どもたちの空間認知を養う、というお話をしました。
今日は「想像力」=国語力 について。

イギリスの学校で勤めていて、英語の授業でよく出る問題が、

「魔法のカーペットに乗って、どこへ行く?」 (Year2 7歳 の問題)
「窓を開けたら、そこは違う世界。それはどんな世界?」 (Year4 9歳 の問題)
「転校してきた子は宇宙人。その子とどう付き合う?」 (Year6 11歳 の問題)

という「想像力」を働かせる書く問題。そして、このお話を書けない子が増えています。

理由はわかりません。色々とあると思います。

今回は、想像力の低下ということについて、先生たちとの会話や自分の体験から、私が思ったこと・感じたことをおもちゃを通して、お話ししたいと思います。

まずは (また!) 積み木 。
積み木ってただの木片。でも、それを積み重ねていくことで何にでも変身していきます。家になったり船になったり、ベッドになったり、木になったり。そう見えなくても、子どもの目ではそう映り、それをもとに「ごっご遊び」が繰り広げられます。特に5歳前後はこの「ごっご遊び」って、とても大切なように感じます。
こういう経験をしている子は、「魔法のカーペットに乗って・・・」自分はもう、その世界に入りきり、どんどん世界が広がって行きます。

前回のコメントを読んでいただければ、積み木ってすごいおもちゃだと分かると思うのですが、例えば、そらさんのコメント。
「小学生クイズ王」みたいな番組がやっていて、同じ市内の子が2連覇していました。 その子の実家は、市内の神社の近くで市の名産品を作って売っているお店で、買い物に行きがてら、話を聞いたところ、幼稚園のときから‘積み木教室’に通っているとの事
積み木によって、もしかしたらその子の想像力と創造力が養われているのかも。

さて、私が子どもの頃は、おままごとをするのに、どろを団子に見立てたり、木の葉をお皿にしました。今はどうでしょう?おままごとセットがきちんとあり、驚くことに、リンゴなど本物そっくりで、半分に割れるようにもなっています。確かに、おもしろいおもちゃではあります。でも、それらがなければ、おままごともできないのです。

他にもシーツが一枚あれば、お姫様にも魔女にも変身できる。空き箱があれば車にも家にもなる。要は与えられたものを、自分でいかに変身させることができるのか=見たてる力を養うことが大切なのでは、と思うのです。


そして折り紙。本通りに折るだけではなく、自分の思うように折っていくことも想像力と創造力を養うにはとてもいいものだと思います。紙一枚で、子どもたちの世界がどんどん広がり、それを使ってお話し作りもしていきます。
前回、コメントをくださったnahoさん
子供たちは折り方を知らなくても勝手に好きなように折って「これはピアノだよ~」と教えてくれます。 自作のピアノですがそれに見えなくもいない?という感じです
これ、すごくいいな~と感じました。想像の世界に正しい、間違っている、なんて関係ないのです。自分で想像して作ることが、子どもの感性をどんどん伸ばしていくのです。そして、それを褒めてあげることが、私たち大人ができることなのではないでしょうか。褒められれば、子どもはどんどん挑戦していきます。


逆に、今の子どもたちが大好きなゲームはどうなのでしょうか。
ゲームの世界は一種の空想の世界ですが、ストーリーはできあがっていて、「AとBのどちらに行くか」「実行するか、やめるか」というように、択一の問題が多く、自分で想像して考えるものではありません。お膳立てされているんですね。

作文が書けない子どもたちに、「この後、どうする?」と聞いても、「さぁ、わかんない」という答えがかえってきます。何かを提示してもらわないと答えることができない・・・もしかして、考える訓練をしていないのかも。いつも選ぶだけなのかもしれませんね。

算数も同じなのです。例えば 9×12 という問題があったとして、九九を暗記だけで覚えている子は、それ以上、できないのです。でも、普段から考える力を養っていれば、
「9×12 は、9×9=81, 9×10=90・・・ と9ずつ増えていくから、9×11=99, 9×12=108」というきまりを見つけ、自分で答えを導き出すこともできます。


さて、この想像力、私の友人もいつも使っているそうです。彼は大学の物理学の准教授。
想像力とは関係ないんじゃないの?と聞いたら、とんでもない、物理など、自分で
「これをしたらどうなるか」「この後は何が必要か」
と常に想像をしながら実験をするとのこと。
正しくは「想像」ではなく「見通しを立てる」ことだそうですが、彼曰く、想像の世界だそうです。
そして、彼も困っているのが、最近の若い研究者はそれが苦手だということ。データから原因を推測したり、予測を立てることも難しく感じる人が多くなっているとか。計算をやらせるとめちゃくちゃよくできるそうですが。

想像する力。どんどん教育の場でも増やしていかないといけないものだと思います。

ちょっと真剣なお話しになってしまいましたが、最後まで読んでくださり、ありがとうございます。


にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

スポンサーサイト



  1. Category: 小学校
  2. | trackback:0
  3. | comment:10


12
1
3
4
6
7
11
14
15
16
18
22
24
26
27
28
29
30