「まる」ないちにち

:: admin ::: NewEntry ::
イギリスでの生活や仕事を通して、感じたことをつづっていきます。

   イギリスの小学校関係についての情報ブログは・・・「kayokoyamashita.com イギリスの学校 と シンセティックフォニックス」へ



 Children of the Tsunami

:: 2012/03/04(Sun) ::

昨日、知人のイギリス人夫妻2組を食事に招待したときに、2012年3月1日に BBC が放送したこの番組の話になりました。

Children of the Tsunami




津波で多くの児童、教諭が亡くなった大川小学校と福島の原発で避難を余儀なくされた小学校。
その被害者である子どもの視点から製作された番組。
子どもが語る自分の経験。大事な子どもを失った親御さんの語り。
全てが重くのしかかります。そして、これが現実なんだ、とはっとさせられます。

子どもたちが語る震災。
日本全体がほかの国から信用されなくなった、と語る10歳の子。
今でも親友のことを考えると泣けてきちゃう、という子。
気持ちをぶつけたいから日記を書く子。

大きくなったら何になりたいか、という質問に

「被害を受けている人がかわいそう、助けてあげたいから、大きくなったら土日はボランティアをする」という7歳の子。

「みんなを助ける仕事をしたい」という子。

「自分たちが経験しているから、これから生まれてくる子どもたちの安全を守りたいから、放射線の研究者になりたい」という子。


BBCの番組なのでナレーターがところどころ英語で話しますが、ほとんどは日本語です。それも子どもの語りです。日本中の人に見てもらいたい。

そうしたら、
山梨保育園
引用:朝日新聞

こんなことにもならないんじゃないでしょうか。

「困っている人がいたら助け合おう」という日本の文化はどこへ行ってしまったのでしょうか。


にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

スポンサーサイト



  1. Category: 東日本大震災関連
  2. | trackback:0
  3. | comment:6


03
2
3
5
8
9
10
11
12
14
19
21
23
25
27
29