「まる」ないちにち

:: admin ::: NewEntry ::
イギリスでの生活や仕事を通して、感じたことをつづっていきます。

   イギリスの小学校関係についての情報ブログは・・・「kayokoyamashita.com イギリスの学校 と シンセティックフォニックス」へ



 時間を上手に使う=自分のことが好きになれる

:: 2012/08/21(Tue) ::

私は昔から時間の使い方が下手です。
高校に入ったころ、父にも時間をもっとうまく使いなさい、と手紙をもらったこともあります ("親に手紙を書いてもらい、最終日にそれを読む"という高校一年生の時の合宿の一環です。わざわざ手紙をくれる父ではありませんので・・・)。

日本で教員をしていた時も、帰宅は夜中。その割には仕事もはかどっていなかった。でも、それは「仕事量が多いから」「忙しいから」といつも言い訳をしていました。

イギリスへ来てからも、いつも時間がない!と言っていました。仕事をしているしていないに限らず・・・です。前日までにできることも、当日の朝になってあわてて用意するとか、いつも時間に追われて家事をこなすとか・・・。
時間をどう使うか・・・ということをあまり意識していなかったようです。高校生以来、"私は時間の使い方が下手なんだ"・・・と思いつつも、自分自身を変えることもなくだらだらときてしまっていました。
だらだら
いや、ヘイミッシュ、それは「ごろごろ」です。


2010年に大学院へ通い出して、私の時間に対する意識が変わりました。
仕事をしながらのパートタイムの学生で、長時間ドライブで通学・・・。論文を読む量も書く量も半端でなく、どうにも時間をやりくりできないと、最初は思ったんです。

が。このブログでも数回書いていますが、ある先生との出会いによって、私の時間に対する意識が変わったんです。

女性の先生で、芯のある人。assertive (アサーティブ:自分の意見をしっかりと主張すること) という言葉が好きだとおっしゃってみえるくらい、とても強い人。でも授業は生徒一人一人をきちんと見ていて、毎回生徒の名前を呼んでくださり、必ず褒めてくださる先生でした。温かい授業の中にも凛としたものがある・・・逆かな・・・ピンと背筋が伸びるような授業の中でほっとするオアシスがあるような・・・とにかく、大好きな授業でした。

この先生の授業はたった5回しかなかったのですが、3年間の大学院生活はこの先生に出会うためのものだったと言っても過言でないほど、本当にたくさんのことを学びました。その中の一つが「自分を大切にする」だったんです。

特別支援教育の学科でなぜこのテーマ?と思いますよね。私も思いました (苦笑)。が、この先生の考えのベースになっているのが「自分を大切にしなければ、人を大切にできない」ということなのです。 (2011年3月のブログ「まずは自分」のお話をしてくださったのも、この先生です。よろしければ、そちらも読んでみてください。)

自分を大切にするには、「一日30分、自分のために自分の時間を取ること」がその第一歩だそうです。
具体的には、
毎朝、今よりも30分早く起きる
次に
今日、何をするのか箇条書きする
そして、
自分のために運動する

この3つを行いましょう、ということ。

そして、生活目標を立てる。その際具体的に「何をするのか」を書くこと。

先生、いろいろな例を出してくださいましたが、ある一人の生徒さんのことが印象に残っているので、ここで紹介しますね。

その生徒さん、小学校の教頭先生。ある程度仕事もできるし、生活も悪くはない。でも自分のことが好きでない。なぜなら、太っているから。
どんなダイエットをしても痩せない⇒自分は無理だと思う⇒自分のことが嫌になる⇒あきらめる・・・
の繰り返し。この先生の講義を聞き、彼女、再度「痩せる」目標を立てたそうです。
でも具体的に何をしていいかわからなかったので、この大学院の先生に相談したところ、
上の3つのことを行いつつ、痩せるためにコーヒーの代わりに水を飲むという具体的目標を立てました。(砂糖とミルクをたくさん入れたコーヒーを一日10杯飲んでいたそうです!)

半年後にはぐぐっとスリムになり (体重40kg減!)、「自分」に自信が持て、何よりも自分のことが好きになれたそうで、その後の生活がより充実したものになったとか。毎朝30分の早起きの実践によって、時間を上手に使えるようになり、仕事でもそれが活かせるようになったそうです。この方曰く「コーヒーの代わりに水を飲むという無理のない具体的な実践」がよかったそうです。



このお話し以降しばらくは「へ~」と思うだけで、何も実践していなかったのですが、ある日、私も「朝30分早起きする」を始めました。そして5分使ってその日一日何をするのか考え、やらなければいけないことを優先順位をつけて書きだし、その後20~30分、ヘイミッシュとジョギング。

それまでは一日8時間寝ないと体がだるい・・・と言っていたのに、今は7時間睡眠でも十分体が動きます (毎日、一時間も時間に余裕が生まれました)!そして、一日の予定を立てることで無駄のない時間配分ができるようになってきました。ヘイミッシュとのジョギングを続けることで、飽きっぽい私が「継続」できることに驚き、自分を褒めてあげることができるようになりました。ヘイミッシュとの bonding (ボンディング:結びつき・絆) も強くなってきたという副産物も。結果として自分のことが好きになれるようになってきました。

好き1
そうか。それは私もうれしいよ!


このブログにコメントをくださる方の中で「haykichi さんは時間の使い方が上手ですね」なんておっしゃってくださる方も何人かいらっしゃるのですが、私、時間の使い方が決して上手ではありません。でも一日の予定を立てることで、見通しが立つようになり、急に何かが起きた時にも「何を優先して行えばいいのか」が分かっているのであわてないで済むようになりました。そうなると、余裕が生まれるんです。
余裕ができる⇒おっとりと構えることができる⇒穏やかになれる⇒イライラしない⇒人に当たらない⇒自分のことが好きになる⇒人にも優しくできる・・・というプラスの矢印が生まれるんですね~。 

大学院の勉強が忙しい時だからこそ、これを実践することで何とか乗り切れたのかもしれません。もちろん、もっともっと上手に時間を使えるようになりたいと思うのですが、今までの自分と比べたら (←他人とは比べない!)、ものすごい成長。えらいぞ、haykichi!

自分を大切にすること=時間を上手に使う=自分のことが好きになれる」・・・とても大切なことを教えてくださった先生に心から感謝です。


にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

スポンサーサイト



  1. Category: 思ったこと・考えたこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:8


08
4
7
9
11
13
24
30