「まる」ないちにち

:: admin ::: NewEntry ::
イギリスでの生活や仕事を通して、感じたことをつづっていきます。

   イギリスの小学校関係についての情報ブログは・・・「kayokoyamashita.com イギリスの学校 と シンセティックフォニックス」へ



 よっちゃん

:: 2012/09/29(Sat) ::

兄家族が遊びに来てくれたお話しの番外編。

なおちゃん以外のもう一人の姪っ子よっちゃん。
1歳半になるよっちゃん。
この子がおもしろい。
とにかく強い。
泣かない。
そして、よく食べて寝る(笑)。

どれだけ食べるかと言うと。
よっちゃん
上:バナナにかぶりつくよっちゃん。
左下:ピクニックでサンドイッチにかぶりつく。
右下:左手に食パン、右手にラズベリー。
ひたすら何かを食べている(笑)。


よく食べるから大きくなる。どれくらい大きいかと言うと・・・。
このコテージと比べると・・・
コテージ





ほら。巨人でしょ?
コテージ2
冗談です。ここは Bourton-on-the-water にあるモデルビレッジ。
建物が全部ミニチュアになっているんです。



どれだけ泣かないかと言うと、こうして「外人」さんに抱かれても
喜んでしまうくらい。ちなみになおちゃんが赤ちゃんのころは、
「外人」さんの顔を見ただけで泣いていました。
よっちゃん2


そして、どれだけ強いかと言うと。
よっちゃん&ヘイミッシュ
ヘイミッシュを従えてしまうほど。
(いや、ヘイミッシュが忍耐強いんですね。)



この強いよっちゃんのお父さんこと、私の兄。
イギリスへは4回目かな・・・。3~4年に1度の割合で遊びに来てくれています。
ありがたいですね、兄妹って。

その兄とディビッドさん。
ラグビー2
ラグビー1
なおちゃんがリンゴを拾っている傍ら、二人でラグビーをしていました。

実は兄、高校時代はラグビー部に所属していたのです。
ディビッドさんはと言うと、イギリスで25歳以下 (だったかな・・・?) の
イギリスチームの代表選手に選ばれたほど。
ディビッドさんのお父さんはラグビーのコーチで、日本でも関西学院大学?
(ん?違ったかな?)でコーチもしていました。
そして、ディビッドさんのお爺さんは、ウェールズのラグビー協会の理事長を
務めたほどの方。ラグビー一家なんです。
兄も何十年振りかにラグビーボールの感触を楽しんでいました。
スポーツって言葉の壁も越えてしまうんですね。
(sakamotoさん、イギリスへいらっしゃったら、ディビッドさんのお宅に一緒に行きましょうね!)

こんなイギリス滞在ももう2週間前のことなんですね。
あっという間に時間が経ってしまいました。
これで兄家族のイギリス滞在記もおしまい。

最後にお気に入りの写真。
大中小
毎朝、私が仕事に行くとき、こうして二人と一匹が玄関先でお見送りを
してくれていました。後ろから見ると、
になっていたんですね。
なんだかほのぼのしていてすごく好きな一枚。

気温も秋を通り越して冬になってしまったほど寒いイギリス。
日本はまだまだ暑いとか。
みなさん、お身体にお気を付けくださいね。


にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

スポンサーサイト
  1. Category: 思ったこと・考えたこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:11

 わんわんちさんからの贈り物

:: 2012/09/28(Fri) ::

先日、わんわんちさんから、素敵なサプライズが届きました。

今までにもヘイミッシュのトレードマークになっているカラーとリードや柚子のジャム、お手製のクリームなどを作って送ってくださっているのですが、今回のサプライズがこれまたすごいんです!

サプライズその1:
切手
切手!もう~~~かわいすぎ~~~。
ヘイミッシュそっくり (誕生日も1カ月違い) のりょうくんと、りょうくんの妹のゆきちゃんの切手!我が家にもヘイミッシュの切手があるのですが、なかなか使えないんですよ、もったいなくって(笑)。なのに、わんわんちさんは、このりょうくんとゆきちゃんの記念すべき第一号の切手で我が家へプレゼントを送ってくださったんです!
うれしいですね~。

サプライズその2:
ステッカー
反射ステッカー。何と、わんわんちさんのお嬢さんのお手製だそうです。お手製に見えないくらい、きれい!
車に貼ってください、とありましたが、そんな~、もったいなくって車に貼れない~。
ということで、今は私の机の前にあるホワイトボードにロッキーとヘイミッシュと一緒にいます。

120927221607_DSC_0954.jpg
仕事・勉強中にこのステッカーを見て、ほっと和ませていただいています。ありがとうございます!

母娘で器用なわんわんちさん。そして、犬の育て方がとても上手なわんわんちさん。
「褒めて育てる」という躾。素晴らしいです。お嬢さんの褒め方が、これまたイギリス人のようで褒め上手!
ぜひ、わんわんちさんのブログでご覧になってください!

私たちお互いに会ったことはなく、ブログを通して知り合いになったんです。ブログって一方通行じゃないところがおもしろいな~と感じます。ご縁っておもしろいですね。
こうしたご縁を大切にしていきたいな。
わんわんちさん、本当にありがとうございます!



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: 好きなもの
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

 兄家族のたくさんの体験は・・・

:: 2012/09/27(Thu) ::

数回にわたって、兄家族がイギリスに遊びに来てくれたこと・・・特になおちゃんの体験をもとにブログにアップしてきました (詳しくはコチラ⇒小学校編日本語教室編食べもの編失敗編)。
今回はちょっと違った視点で書いてみたいと思います。

今回の旅行で一番大変だったのは、何と言っても兄の奥さん-私から見た義理の姉だったと思います。小姑の家に1週間も滞在。これだけでも気を張りっぱなしだと思うのですが、おまけに自分の娘に厳しい小姑・・・かなり我慢をしていたのではないかと思います。

我が家は狭い家なので、家族4人で寝られる部屋がリビングルームしかなく、そこにふとんを敷いて使ってもらっていました。しかし、平日は私の仕事がリビングルームであったため、いちいち部屋を片付けてもらわなくてはならず、この一週間、プライバシーが一切なかったわけです。また、家族だけでゆっくりする時間も取ることもままならなかったと思います。

朝ごはんや夕食も自由に食べられるわけでもないし、食後もゆっくりできなかったし、おまけに、私が家で家庭教師の仕事をしているときは、夕方のひんやりする寒い時間帯に小さい子どもたちを連れて、近くの公園に行ってもらわなければいけなかったのです。それを一切、嫌な顔をするでもなく、
「いいですよ~」
とにこやかにしてくれていた義姉。本当に本当に申し訳ない思いと言葉にならない感謝の気持ちでいっぱいです。

このよくできた義姉。この人だから姪っ子のなおちゃんやよっちゃんもたくさんの貴重な体験ができたのだと思っています。今回、なおちゃんがいろんな体験をしたわけですが、こうした体験は (小学校での体験は抜かして)、全てディビッドさんやフランス人の友人たちからの申し出だったのです。何も私の顔を立てるとかではなく、彼らが「兄夫婦」にしたかったことなんです。

実は、ディビッドさんもフランス人の友人も今までに日本に行ったことがあるのですが、その時に、兄夫婦の家に泊まったり、一緒に旅行したりしているのです。それも義姉が「せっかく日本に来てくれているのなら、楽しんでもらえるように・・・」と計画をして行ってくれていたのです。

こうした義姉の心遣いが、今回のこの貴重な体験として、なおちゃんや妹のよっちゃん (今回、よっちゃんのことは全くアップしていませんが) に戻ってきたんだと感じました。(多分、親としたら自分にその恩恵がかえってくるより子どもに行った方がうれしいのだと思うのですが、いかがでしょう?)

私たち夫婦から義姉にできることと言えば・・・
40歳を迎えたばかりの義姉にサプライズパーティー。
party.jpg

兄が選んだバラの花束と日本にいる義姉のご両親や家族の方、義理の両親 (=私の両親)、パーティーにいる人たちからのメッセージが詰まった誕生日カード (2年前の私の40歳の誕生日の時に義姉が私の親戚みんなにメッセージを書いてくれるようお願いしてくれたことがあり、そのお返し)。
そして、友人のGさんにお願いして、ブレッドボードを40歳の記念のお祝いに作ってもらいました。

心から「おめでとう」。そして、義姉の心遣いに本当に感謝・・・です。この人が私の義姉でよかった、と再認識できた1週間。これからもよろしくお願いします。
sozai-line3.gifsozai-line3.gif

余談ですが・・・なおちゃんの言葉。
私:「イギリスで一番楽しかったのは何?」
な:「おかあさんと、おとうさんと、よっちゃんといっしょに こうえんで あそんだことと、よにんで おさんぽしたこと。」

子どもにとって、一番の楽しいことは何も特別なことではなく、大好きな家族と一緒に過ごすことだったんですね。夕方の私の仕事中に、家族四人で公園で遊んだことがなおちゃんにとったら一番の思い出。特別なことをすることがいい休みではなく、「家族揃って」ということがやっぱり一番なのかな、と感じました。


にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: 思ったこと・考えたこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

 姪っ子の貴重な体験:失敗編

:: 2012/09/25(Tue) ::

5歳の姪っ子のなおちゃん、イギリスでいろんな体験をしています (小学校編日本語教室編食べもの編)が、何もこうした楽しい体験ばかりではありません。
中には失敗したこともあるので、今日はその紹介。

お母さんの40歳のサプライズパーティーでちょっと浮かれモードになっていたなおちゃん。庭でヘイミッシュにおもちゃを投げて遊んでいた時に、ちょっと度が過ぎてしまいヘイミッシュのおもちゃをあらぬ方向に投げてしまったのです。・・・庭のフェンスを越えて裏にあるお家のお庭に入ってしまいました。

さぁ、どうするかと思って見ていたのですが。

まずはお父さんのところへ。お父さんが「取りに行こう」と声をかけ、私のところへ。
私がなおちゃんと接するときに気をつけているのが、必ず「どうしてほしいのか」を聞くこと。今回も
「お庭におもちゃが落ちちゃった」
と言うので、
「で?どうするの?」と聞くと(←冷たい叔母!)
「取りに行くので、一緒に行ってください」
とお願いすることができました。いいぞ!

行く途中で「I'm sorry」を練習していたなおちゃん。顔はかなり強張っていましたね。

いざ、ピンポンしてお家の人が出てくると、かなり緊張していましたが、「なんて言うの?」と言われると、
I'm sorry....とちゃんと言い、あとは私が言う言葉に続けて、
「おもちゃを入れてしまったので、取ってください」
と英語で伝えることができました。最後は誰に言われるでもなく
Thank you.
とお家の人にいい、褒めてもらっていました。

偉かったね、なおちゃん!

そして、もう一つの失敗編。

イギリス旅行最後の日。みんなで買い物へ。疲れもピークにあったと思うのですが、かなりわがままモードだったなおちゃん。アウトレットでお店を回りながら、「ガラスのコップやお皿には絶対触らない」と何度も言われ続けていたにも関わらず・・・。

ガッシャ~~~~ン!

なんと、ル・クルーゼのお店で、ココット皿の蓋を落として割ってしまったのです。

お店の中は一瞬、みんな固まってしまいました。私はレジにいたので、その時の様子がよくわからないのですが、泣くかと思っていたなおちゃんは泣かずにじっとしていました。よっぽど自分がしたことがいけないことだった、とわかっていたのかしら?
お店の人が片付けてくださっている間、じっとしており、
「どうするの?」
という言葉に
「ごめんなさいする」
と。
片付けてくださった店員さんのところへ行き、
「I'm sorry」
ときちんと謝りました。店員さんも
「こんなのは日常茶飯事だから、気にしないで~。ちゃんと謝れて、偉かったね」と言ってくださり、なおちゃんは
Thank you.
と感謝の言葉を告げてお店をあとにしました。


正直、私はなおちゃんは泣いてしまうかと思っていたのです。が、両方とも泣きたいのを我慢して、自分でしたことの責任を5歳ながら感じていたようです。自分がしてしまったことには、きちんと自分で責任をとることの大切さを感じてくれたことと思います。

この責任をとるということに対して、大人が必ずそれをフィードバックしてあげるということが子どもの成長に繋がっていくと思います。
今回も近所の人もお店の人も必ず
「えらかったね」
となおちゃんを褒めてくれたのです。
これこそ貴重な体験だったと叔母さんは思うのです。


にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: 思ったこと・考えたこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:11

 姪っ子の貴重な体験:食べもの編

:: 2012/09/24(Mon) ::

今日、9月23日の天気は雨。まるで兄家族が帰国するのを待っていたかのように雨が一日中降っています。

さてさて、今回もまたまた姪っ子なおちゃんの体験談その3:食べもの編です。お付き合いいただけたらうれしいです♪

真っ青な空の下、なおちゃんがイギリス人のディビッドさんとリンゴを拾っています。ここ、ディビッドさんのご両親のお家のお庭。広~いお庭にリンゴの木が4本ありますが、今年は全てのリンゴの木が豊作で、遊びに行った時にはディビッドさんがこうしてリンゴを拾っていました。
apple.jpg

この拾ったリンゴをなおちゃん、キッチンへ持っていき、ディビッドさんのお父さんに渡すと・・・
apple juice
その場でリンゴジュースにしてくれました。それにしてもこのリンゴプレッサー、めちゃくちゃ大きいですよね・・・。普通の家では使わないサイズですが、ここでは大量のリンゴを搾るために必要なものだそうです。

搾りたてのジュースはやっぱりおいしい。自分も搾ってみたい、となおちゃん、ハンドルを握らせてもらいました。大きなハンドルですが、一生懸命に回してリンゴジュースを搾ることができました。

この翌日は、じつはなおちゃんのお母さんの40歳のお誕生日のサプライズパーティー。知り合いを呼んでお誕生日会をすることにしたのですが、なおちゃんもそのパーティーのためにお料理をすることに。
cake.jpg
左下のホットケーキは、この日の朝焼いたもの。小麦粉やミルクなど全部、自分で測りました (写真上)。
右下:お母さんのために焼いたのはキッシュ。
パイ生地はスーパーで買ってきたものですが、ウインナーとタマネギを切ったり、炒めたり、また中に入れるチーズや卵、生クリームも全部自分でスケールで測って作ったものです。

包丁の使い方やバターを炒めるところも rokisuke の指導を受けながらのなおちゃん (写真がないのが残念!)、上手にウインナーも切れるようになりました。
このできあがったキッシュ、みんなに大好評!あっという間になくなってしまいました。お母さんももちろん、大感激。素敵なプレゼントになりました。


そして、お料理編最後はフランス人の友人宅で。この日は、私は仕事があったため、兄家族だけでフランス人の友人宅に遊びに行き、産みたての卵でランチをいただいたそうです。そして、新たに卵とリンゴを庭からとってきて、パイ生地を作って、アップルパイを作ったなおちゃん!
egg.jpg
私とrokisuke へのお土産に持ってきてくれたアップルパイ。おいしかったよ~。

いやぁ。こうして見ると、なおちゃん、いろんなことをしたね。日本にいてもそうそうできないことも体験できてよかった、と叔母さんは思うのです。そして、私自身も子どもとこうして一緒にご飯作ったり、ピクニックしたり、お散歩したり・・・といろんた体験ができて楽しかった。それこそ、子どものいない私と rokisuke にとっては、そうそう味わえない貴重な体験となりました。


にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: 外食・その他
  2. | trackback:0
  3. | comment:3
   次のページ »

09
8
11
14
16
17
19
20
21
23
26
30