「まる」ないちにち

:: admin ::: NewEntry ::
イギリスでの生活や仕事を通して、感じたことをつづっていきます。

   イギリスの小学校関係についての情報ブログは・・・「kayokoyamashita.com イギリスの学校 と シンセティックフォニックス」へ



 スポンサーサイト

:: --/--/--(--) ::

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: スポンサー広告

 英語の勉強 テキスト編

:: 2016/02/08(Mon) ::

もともと私は英語が得意だったわけでもなく、かといって苦手、ということでもありませんでした。どちらかと言えば好きなほうでした。英語が好き、というより、外国にあこがれていた、というか。
でも、英語を専門で勉強しようなんて、学生の時にはこれっぽっちも思わなかったし、大学で英語を使うということもほとんどありませんでした(1,2年で必須科目で英語は選択しましたが、成績のためだけに勉強していました:苦笑)。

渡英前に「中学校の英語ができれば、海外では困らないよ」という話を真に受けて(英検3級を持っていたので)、「大丈夫さ~」なんて気楽に構えていました。
が。イギリスに来て、とにかく会話ができない。
読み書きは、と言えば、何となく文は読めるけれど、語彙力の低さに嘆く毎日でした。

そんな私が「英語を教える」なんて仕事をするなんて思いもしませんでしたし、私を知っている古くからの友人や家族は驚くばかり。英語を教えるにあたって、文法も一からやり直しなのですが、よく、どんなテキストを使っているのか聞かれますので、今日は、私が今まで使ってきたテキストを紹介します。(大人用です。)

以下、テストの名前が出てきますので、日本の英検やTOEICなどの換算はこちらを。

【文法】
まずは、こちら。中学校英語のレベルです。簡単そうですが、実は英語の基礎の部分がしっかりしていて、日本人が悩みがちな前置詞や時制もしっかりと載っています 。文法のレベル的にはケンブリッジテストの KET, PET、英検でいうと3級から準2級くらいかしら?


次はこちら。20年以上も前に、アメリカにいた友人が勧めてくれた本です。内容は上記の本にプラスアルファした感じですが、仮定法、名詞 (countable, countable、単数・複数)、the, a などの使い方はかなりのボリューム。レベル的にはケンブリッジのFCEというテスト用なので、英検準1級レベルくらいかな。


そして、こちらが上級者用です。私も今、こちらを使って勉強しています。テキストが単元ごとにきれいにまとめてあり、わかりやすいのがいいですね。


【発音】
次に、こちらは私がお世話になった発音の本、Tree or Three?


上の本の中級者用がこちら、 Ship or Sheep? (実は15年ほど前に、イギリスの本屋さんで注文した時に、このタイトルがあまりにも突拍子ないので店員さんに思い切り笑われた。)


私が使ってみた感想ですが、大人の学習者だったら Tree or Three? を飛ばして Ship or Sheep? でもいいかな、と思います。ただ、発音するには誰かに習ったほうがいいというのが経験から感じること。自分で言えているつもりでも違う音だったりすることもありますので。(今はジョリーフォニックスで大人にもフォニックス、発音を教えています。断然、入りがいいです!その後、こちらの Ship or Sheep? で復習やブラッシュアップを図っています。)

【語彙】
上でもお話ししたように語彙力がないので、それをつけようと渡英して5年目ごろに購入した本2冊。上の Grammar in Use の中級者用(青色)を使っていたころです。




いやぁ、当時は全く????でした。難しかった。
そのまま、どこかにしまい込んでいたのですが、最近、断捨離をしようと整理していたら出てきた2冊。今見てみると、これが私の知りたいこと!みたいな単語やフレーズが出てきます。レベル的には上段 Advanced Language Practice はケンブリッジテストの CAE または CPE、英検では1級だそうです。

下段のVocabulary in Use は日常の単語がたくさん出てきます。私は現地の小学校で英語を母国語としない子どもたちに英語を教えているのですが、小学校2年生の授業を受けていると、人物について紹介する練習をたくさんします。
「ある女の子がいました。この女のはひょろっと背が高く、いつも青白い顔をしています。髪はくるくるの長く茶色い髪で・・・人を見ると恥ずかしくて、さっと隠れてしまいます。」みたいな表現。
これを英語で先生や現地の子どもたちは書いていきますが、私には初めて知る単語ばかり。その単語が、この Vocabulary in Use にたくさん出てくるんです!だから、今、この本を勉強していると、あ、これはあの単語、これ見たことある・・・というものが多く、楽しんで勉強できますが、学校に勤める前は、そりゃぁ、わからなくても仕方がないかな、という感じ。

ただ逆に、現地の子どもたちの語彙はこのレベルなのね~と改めて、言語というのは付け焼刃では身につかないんだなぁとも感じました。

【ビジネス英語】
あ、あとは、ビジネス英語なんてものも週1回のクラスで勉強したことがあり(笑)、そのときに使っていたテキストはこちら。


この本のよかったのは、電話の対応の仕方や大切なポイントを聞き取る練習、プレゼンなどの仕方を学べる事。ビジネス英語の基礎ですが、結構参考になりました。



イギリスへきて18年目。今も英語の勉強。終わりがないものですね。でも、勉強は楽しいです。
私はいつまで経っても「英語を聞いて英語で理解する」なんてことはできず、常に日本語でいっぱいの頭の中なのです。英語でぶわ~~~と話しかけられても、頭の中ですぐに日本語に訳されているんです。だから、「今、英語でなんて言ったの?」と聞かれてもその英語が残っていないのです~。ここまでくると、自分の英語力のなさというか、センスのなさが情けなくなりますが(苦笑)。

私は日本語を教えていることもあり、英語の文法は日本語と比較して学ぶ方法を我流でしています。が、これが子どもや英語を学びなおしたいという大人に説明するときに非常に役立っています。日本語で考えるな!と言われても、私には無理です。日本語で考えて初めて、英語も口に出るし、文章にも表せるのです。

日本で英語を学ぶ場にはいろんな学びの場があってもいいと思っています。日本語で説明があったら「!」とわかる子もいれば、英語だけで理解できる勘のいい子もいます。人にはそれぞれその人にあった学び方があるということを、今回、自分が再び英語を勉強し始めて実感したことです。


にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

スポンサーサイト
  1. Category: 自分のこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:4


02
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。