「まる」ないちにち

:: admin ::: NewEntry ::
イギリスでの生活や仕事を通して、感じたことをつづっていきます。

   イギリスの小学校関係についての情報ブログは・・・「kayokoyamashita.com イギリスの学校 と シンセティックフォニックス」へ



 スポンサーサイト

:: --/--/--(--) ::

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: スポンサー広告

 3つの魔法の言葉 その2

:: 2011/06/29(Wed) ::

昨日の記事にいろいろとコメントをくださって、ありがとうございました。
その中で、Chunさんのコメントにありますが、お嬢さんが一番最初に覚えたフレーズと言うのが
"Can I play with you?" (一緒に遊んでもいい?)
というものだったそうで、まさに、今日、紹介しようと思っていたテーマです。

昨日は Thank you. と Please. について書きましたが、今日はもう一つの子どもに教える魔法の言葉 "Can I ~ ?" について。
このフレーズ、直訳すれば
「私は~できますか?」
なんですが、つまりは
「~してもいいですか?」
という意味になります。

子どもにとって、まず大切なのが、トイレ。最初は Toilet, please. でもいいから、トイレに行きたいことをアピールするようにいいますが、少しずつ英語に慣れてきたら
Can I go to the toilet, please? (トイレに行ってもいいですか。) と言えるように練習していきます。これがスラスラと出てくるようになったら、go 以下をどんどん変えて、なるべく自分で先生や友達に訊かせるようにしていきます。この Can I ~? は本当に魔法の言葉。このあとに、動詞をくっつけるだけで丁寧なお願い文になるのです。

Can I play with you? (一緒に遊んでもいい?)
Can I join? (仲間に入ってもいい?)
Can I drink water, please? (お水を飲んでもいいですか。)

というように、どんどん、文章で人にお願いすることができるようになるんです。3つ目の文のように、先生にお願いするときは、please を最後に付けます。

さて、Can I ~? を少し発展させると
May I ~? になり、Could I ~? と言えるようになったら、立派なブリティッシュ (笑)。

子どもの立場に立ってみると、必要な言葉というものが実は、私にとっても大切な言葉であり、普段の生活でよく使っているものばかりなんですね。特にCan I ~?に関しては、昨日も触れましたが、マクドナルドなどで注文するときに Can I have a big mac meal, please? と使ったり、トイレを借りるときに Can I use your toilet, please? と言ったり、Can I see it? と友人が何かを見ているときに、私にも見せて~、という感じで使ったりします。 
レストランで、まだ食べるものが決まっていないのにオーダーを取りに来てしまった!なんて時、"Can I have・・・・・?"って、ちょっと時間稼ぎにも使ったりします (笑)。

余談ですが、オーダーなどでもっと丁寧な言葉を使いたければ、
Could I have ・・・・? そのさらに上は
I would like to have ~, please.
「~をいただきたいのですが。」というような感じかな?

話がずれましたが、学校でもこういったフレーズを使う子どもがいるんですよ(5歳くらいで!)。親との会話を聞いていると、やはりお母さんやお父さんもこういった言葉を子どもに対しても使っているのです。子どもを一人の個と見るところが、イギリス。日本は年齢に応じて言葉を変える文化、イギリスは小さいときから大人と同等の文化。おもしろいですね、こういう文化が言葉に反映されるって。
関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: 小学校
  2. | trackback:0
  3. | comment:10
<<かごいっぱいのさくらんぼ | top | 3つの魔法の言葉 その1>>


comment

魔法の言葉、、、に惹かれてお邪魔しました。
アメリカに住んで4年も経ったころ、女性らしい表現が気になり、チョッピリ勉強しました。
結果、格式のあるレストランで使ってみたいと出かけ、気取って喋ってみると(まだ30代前半)、ウエイターが「Yes,Madam.」と返してきたので大満足しました。

丁寧で美しい表現ってありますよね、日本語にも英語にも。
  1. 2011/06/29(Wed) 08:59:02 |
  2. URL |
  3. 白秋マダム #K.8lH0lM
  4. [ 編集 ]

素敵な魔法ですね。

haykichiさん、こんにちは。
各国の文化に関心があるので、とても興味深く読ませていただきました。(残念ながら外国語は殆ど話せないのですが。。)
読みながら、自分自身、言葉使いを丁寧に美しくありたいと思いつつも、そのように出来ていないと感じました。私も美しい「魔法の言葉」を使っていきたいです。
  1. 2011/06/29(Wed) 13:11:25 |
  2. URL |
  3. ひろこねこ #-
  4. [ 編集 ]

謎がとけた?

唐突ですが、多くの奥様方がアルコールを買ったり注文したりする時に「IDを見せて」と言われたことがあるのに対し、私は一度も言われたことがなく、「イェス、マダーム」なんて返事ばかりでした。

日本人は若く見えるのに私の顔って・・・?と、少しがっかりしていたのですが、白秋マダムさんのコメントを読み、もしかしたら私の言葉遣いのせいだったのかも!と嬉しい発見をしました。

いやいや、言葉じゃないのかもしれませんけどね(笑)
  1. 2011/06/29(Wed) 17:53:34 |
  2. URL |
  3. むーぼ #bxf9QyEw
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

白秋マダムさん。

ごぶさたしています!アメリカとイギリスでは、同じ「英語」と言えども、
言い回しなどが違いますよね。私の主人はアメリカで英語を勉強した
ので、未だにイギリス英語の回りくどい言い方が苦手らしいです。

でも、共通しているのは、やはり丁寧な言い回しをすれば、それなりの
対応がかえってくる、ということでしょうか。女性らしい表現・・・う~ん、
私もちゃんと勉強しなければ、と思います。
日本語も英語もやはり言葉を丁寧に使っている人を見ると、好感が
もてます。私も気をつけていきたいと思っています。
  1. 2011/06/30(Thu) 06:30:16 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

Re: 素敵な魔法ですね。

ひろこねこさん。

こんにちは。うれしいコメントをありがとうございます!こうして、
私の記事が誰かの興味の対象であるというのはうれしいですね。

本当にちょっとしたことなんですよね、魔法の言葉って。
日本語も同じだと思います。コンビニやスーパーで買い物した
ときに「ありがとう」と一言あるのとないのとで、対応される方も
気持ちが違うだろうな、と思います。そう思ったら、やはりちゃんと
言葉で伝えたいと感じます。気がついたときから始めればいいと
思います。お互い、がんばりましょう!
  1. 2011/06/30(Thu) 06:35:40 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

Re: 謎がとけた?

むーぼさん。

私も数年前まではIDの提示を求められましたよ~。
結構うれしかったりして(笑)。

むーぼさんは、落ち着いてみえるから、年を確認する必要も
ないんですよ~。でも、落ち着いている、ということは年相応の
言葉遣いができている、ということですもんね。
すごいです!
  1. 2011/06/30(Thu) 06:37:36 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

メモメモ

中学レベル英語を復習している私にとって、haychikiさんのブログは本当に勉強になります。。。。
来年に向けて少しずつフレーズを増やしていきたい~~
英語のストレスから解放されたいです(笑)
  1. 2011/06/30(Thu) 08:04:16 |
  2. URL |
  3. ユミ子 #-
  4. [ 編集 ]

言葉づかい、親の躾の影響は大きいですね。
日本では、耳を疑いたくなるような
ぞんざいな言葉を発するこどもに出くわすことがあります。
その子の周りの大人が、日常どんな言葉遣いをしているか
想像するとぞっとします。
友達同士の影響もあるのだと思いますが、日本語は美しいのに、
日本人が遣う日本語は、あまり美しくないときもあります。
言葉はもっと大切にするべきですよね。
  1. 2011/07/01(Fri) 00:19:41 |
  2. URL |
  3. ecru #S2eFIt1.
  4. [ 編集 ]

Re: メモメモ

ユミ子さん。

実際に、私が日常で使っている英語の文法は中学レベル
なんですよ。ただ、それに語彙が必要となるのですが、
旅行であるならば、中学レベルの英語で十分、コミュニケーションが
とれると思います!
1年なんてあっという間ですからね~。できれば、イギリス英語の
リスニングをされることをお勧めします!
  1. 2011/07/01(Fri) 06:24:54 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ecruさん。

生まれた時から耳にしている言葉というものが、一番
大きな影響を与えます。イギリスでも「え?」という言葉を
しょっちゅう聞きますよ。これは、国の違いというよりは
個の違いでしょうね。

イギリス人に日本語を教えていて、私の日本語がこの人
たちの基礎を作っているんだと思うと、自然と普段からの
言葉に気をつけようと思うようになりました。
言葉は自分で気をつければ変わるものですね。ただ、気がつく
かどうか、というところがポイントかと思います。
  1. 2011/07/01(Fri) 06:33:25 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haykichi.blog89.fc2.com/tb.php/184-da4696f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。