「まる」ないちにち

:: admin ::: NewEntry ::
イギリスでの生活や仕事を通して、感じたことをつづっていきます。

   イギリスの小学校関係についての情報ブログは・・・「kayokoyamashita.com イギリスの学校 と シンセティックフォニックス」へ



 スポンサーサイト

:: --/--/--(--) ::

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: スポンサー広告

 儀式的行事:始業式

:: 2010/11/06(Sat) ::

イギリスの小学校で働き始めて早7年。日本との違いに事あるごとに驚いているのですが、一番びっくりしたのが、始業式や終業式などの儀式的行事がないこと!

例えば始業式。
日本だったら始業式当日は、どんなクラスになるのかわくわくどきどきで登校。クラス発表の後は体育館に入り、厳かに始業式。校長先生の話を聞いて担任発表。「新しい気持ちでがんばるぞ!」という雰囲気がどこそこに漂っています。

では、イギリスの学校の始業式は、と言うと。
新学期初日に登校してきた子どもたちは、校庭でクラスが書かれた紙を持った担任の先生のところへ迷うことなく行きます。これは、前年度の終わりに、Transition day (トランジッション デー:学年移行体験日) と言って、新しい担任の先生と子どもたちと1日過ごす日が設けてあるからです。新しい学年への移行をスムーズにさせるために行われるものなので、始業式初日は何の問題もなく子どもも教室に入って行きます。
20050905_IMG_2271.jpg

教室に入ってからは、少し挨拶をしてすぐに勉強に入ります。登校初日から一日授業の開始です。もちろん、勉強といっても絵を書いたり、夏休みの思い出を話したりするくらいですが。そして1日のうちのどこかでアセンブリー(集会)が開かれますが、これも特に厳かな儀式ではなく、普段の集会と同じ感覚。


この違い、日本は「学校生活に折り目をつけて、厳粛で清新な気分」を体験することに重きを置き、イギリスは「学校は勉強する場」ということを明確に示しているところから生じるのではないかと思います。
関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

テーマ:学校行事 - ジャンル:学校・教育

  1. Category: 小学校
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<儀式的行事:入学式 | top | マカロン>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haykichi.blog89.fc2.com/tb.php/19-d93f7885
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。