「まる」ないちにち

:: admin ::: NewEntry ::
イギリスでの生活や仕事を通して、感じたことをつづっていきます。

   イギリスの小学校関係についての情報ブログは・・・「kayokoyamashita.com イギリスの学校 と シンセティックフォニックス」へ



 スポンサーサイト

:: --/--/--(--) ::

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: スポンサー広告

 アサイメント(課題)の結果・・・その2

:: 2011/07/07(Thu) ::

昨日からの続き。

3つ目の課題は、

・Dyslexia (ディスレクシア:読み書き障害)

ディスレクシアは日本の学校では LD (Learning Difficulties:学習困難) という枠に入っています。読むことと書くこと、そして算数にも問題が出ることもあるディスレクシアについて、英語圏の事例を基に勉強しました。欧米では教室にいる子どもの10% ~ 15%がこの障害を持っていると言われているのに対し、日本では1968年の時点では0.98%に過ぎないということです。ところが、2004年の文科省の調査では4.5% の子どもがこの障害を持っているだろうということがわかりました。40年の間にこんなに割合が増えるものなのか、そこに疑問を持ち、日本ではやっと最近になってこの研究がなされていることから、日本での読み書き障害のサポートの仕方について論じました。

How should dyslexic children be supported in a country where dyslexia is not widely understood?
(ディスレクシアがまだ広く普及していない国で、ディスレクシアの子どもをどのように支援していくことができるのか)


この課題は書いていてもとても楽しかった。知らないことをどんどん吸収していく自分がわかりました。課題を終了した時点では、日本へ帰ってディスレクシアの支援の第一人者になってやろう!と思ったほど (←単純 笑)。ということは、かなり自分でも「できた」と思えるものだったので、結果は、またまた73点をいただきました。

さて、最後の課題。

・Behaviour/Relationship Management (行動/リレーションシップ マネージメント)

このブログでも散々悩み、愚痴を言い、決まらない~・進まない~と言っていた課題です。そう。プレゼンがあるから緊張~と思いきり苦しんだあれです。テーマはADHD (注意欠陥多動性障害)やいじめ、何でもO.K.なんですが、私は、この大学院での勉強のまとめとして、そして、勉強したいと思ったきっかけの自閉症のH君との出会いを形として残したいと思い、自閉症についてより深く自分の知識をつけたく選んだテーマが

How can teachers create an Autism Friendly Classroom?
(教師はどのようにして”自閉症に優しい教室”をつくることができるのか。)


としました。今までの課題は6000字ほどの長さで、自分の言いたいことを盛り込めたのですが、今回はプレゼンをする代わりに課題の文字数は少なく4000字。でも、この2000字の差というのが、結構辛いのです。長い方が自分の考えや意見、文献をどんどん入れられるので、短いものよりも楽なのです。
で、結果は68点。課題自体はとてもいい評価をいただいたのですが、どうもプレゼンのときに資料の参考文献の記載の仕方が悪かったらしく、それがマイナスになったようです。

パスすればいい、なんて思っていたのですが、人間、欲が出るものですね。この参考文献をちゃんと書いておけば、ディスティンクションをもらえ、もしかしたら首席?なんて頭をかすめました (笑)。聞くところによると課題でディスティンクションを取れれば、就職の履歴書にも堂々と載せていいそうです。

それはさておき、4つとも自分の思っていた以上にいい評価をしていただけて、本当にうれしい。英語の壁は確かにあったし、飲み会の誘いも断り勉強に専念し、片道140kmある道程の通学も大変だったけれど、何よりも勉強ができて本当によかった。とても楽しかったです。

目的を持って勉強するということがどんなに楽しいことか、へこみながらも諦めずに進むこと、時には一歩後ろに下がることも学び、自分の人生の中で意義のある2年間だったと思います。自分自身の考え方も成長したように思えるし、今までなかった critique (クリティーク) な考え方 (=日本では批判的・批評的考えと訳されますが、実際は、「なぜこうなのだろうか」と疑問を持ちながら多角的に物事を見ていく考え方) を身につけられたこともうれしい。
そして、何より私に多くの刺激を与え、今までにない視点を物事を考える力を付けてくださった先生との出会いが一番のものだったと思います。

あとは来年の4月末日までに修士論文を提出し、合格をいただければ、晴れて卒業。あのイギリスの大学の卒業式の帽子とガウンを着て、卒業式に出ることを楽しみにがんばろうっと!


今勤めている学校に少し障害を持った子どもが編入してきたのですが、早速、「スペシャリストサポート」として、お仕事をいただきました。毎日、楽しくその子と勉強しています。おまけに、9月からは自閉症の子が二人も入学してくるとか。早速、校長先生に先生たちへのトレーニングの一環として自閉症についての講義をさせていただこうかと思案中。
関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: 大学院
  2. | trackback:0
  3. | comment:10
<<ぬか漬け | top | アサイメント(課題)の結果・・・その1>>


comment

すばらしい!

本当にすばらしいですね。
haykichiさんのような先生がいてくださったら、本当に心強いでしょう。
卒業式にはガウンを着られるのですね。
その折には、是非お写真を載せてくださいね。かっこいいなぁ!
(その前に論文を提出しないといけないんですね(苦笑))
  1. 2011/07/07(Thu) 07:32:51 |
  2. URL |
  3. Chun #-
  4. [ 編集 ]

素敵・・・

知らないことをどんどん吸収する楽しさ♪
なんとも言えませんね!
あ~~日本にいらしたらhaykichi先生を紹介したい方がいっぱいいます~
素敵です☆

リンク私もさせていただきました^。^よろしくお願いしま~す!
  1. 2011/07/07(Thu) 08:35:04 |
  2. URL |
  3. ユミ子 #-
  4. [ 編集 ]

「目的を持って勉強する楽しさ」

素晴らしい結果ですね!そして、今日も素敵なお話をありがとうございます。
「目的を持って勉強するということがどんなに楽しいことか」・・・本当にそうです。学生時代は、受身で勉強していました。現在の私の方が、学ぶことに対して主体的になれていると思います(学生時代を過ぎてから学びの面白さを知ったのはちょっと皮肉ですけれど^^;)。知識を得ていく楽しさを知ることができて、幸せだなぁと思います^^
卒業式のガウン、楽しみですね!映画などでよく見かける、憧れの姿です。
  1. 2011/07/07(Thu) 09:35:48 |
  2. URL |
  3. ひろこねこ #-
  4. [ 編集 ]

Re: すばらしい!

Chunさん。

どうもありがとうございます。でも、やはり先生と言えども人間なので
相性ということもあるのです。どれだけやっても距離が縮まらないとか、
空回りしてしまうとか。

卒業式のガウンは楽しみの一つ。この日は、日本から両親を呼んで
式に出席してもらおうと考えていますが、取らぬ狸の・・・にならぬよう
修論、がんばります!写真をアップできることを祈っていてください!
  1. 2011/07/07(Thu) 23:44:58 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

Re: 素敵・・・

ユミ子さん。

ユミ子さんも、それは身を持って体験されていますものね!本当、
気持ちがいいですよね~。

イギリスへいらっしゃるときには、是非、我が家で1dayアロマ
コースを開催してください。みんなに声をかけます!

リンク、ありがとうございます。素敵な一言まで添えてくださり、
うれしい!
  1. 2011/07/07(Thu) 23:46:49 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

Re: 「目的を持って勉強する楽しさ」

ひろこねこさん。

こちらこそ、来てくださりありがとうございます。そして、コメントを
残していただけ、嬉しい限りです!

> 知識を得ていく楽しさを知ることができて、幸せだなぁと思います^^
これがすべてだと思うのです!勉強だけでなく、趣味でも料理でも、
スポーツでも何でも、「吸収して得ていく」ことを知ることが大切だと
思うんです。それを楽しみと感じるか感じないかで、全く違うものに
なると感じます。

> 卒業式のガウン、楽しみですね!映画などでよく見かける、憧れの姿です。
私もなんです~。ちゃんと着られるように、今から修論、がんばります!
  1. 2011/07/07(Thu) 23:54:00 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

個性だと思う

発育障がいを持って生まれた、ある赤ちゃんのお母さんに、主治医の先生がかけた言葉は、
「この子の個性だと思いましょうよ、お母さん。」だったそうです。
その言葉でお母さんはずいぶん救われ、その子は今では類稀な才能を引き出し、伸ばしています。
いわゆる「知恵遅れ」といわれる子どもたちでも、遅れているのではなく、
他の分野の才能を伸ばしていけるのだと思いたいですね。
修論も頑張ってくださいね。悶々としたときは、ブログでぶちまけちゃってください(笑)。
  1. 2011/07/08(Fri) 01:06:29 |
  2. URL |
  3. ecru #S2eFIt1.
  4. [ 編集 ]

Re: 個性だと思う

ecruさん。

「個性」と思えるか思えないかで、大きな違いがあるのも事実だと思います。
そのお母さんは「個性」と言う言葉をプラスに考えているから、きっと
障害を持った自分の子どもを受け入れられることができたのではないかと
感じました。
でも、それができないばっかりに、苦しんでいる子どももたくさんいます。
それと同時に親御さんもすっごく苦しいのだと思います。
「みんな違って、みんないい」
という社会があるのなら、みんなさまざまな個性を伸ばすことができるでしょう。

もちろん、修論が行き詰ったら、ブログでぶちまけますよ!その時は
よろしくお願いしますね~。
  1. 2011/07/08(Fri) 06:40:39 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

Dyslexia

はじめまして
>日本へ帰ってディスレクシアの支援の第一人者になってやろう!
を信じてコメントさせていただきます。
アメリカ生まれ、アメリカ育ちの娘がいます。
現在アメリカ在住。LBD(Language base disability)を持っています。

つい最近NYTimesに取り上げられたUnlocking dyslexiaの記事の中に漢字は絵のようなもので観察力のつよいDylexiaには向いていると言う話があり、地元の友達から早速メールが送られてきました。
日本のDyslexiaに興味がわいて来、数少ない情報を集めた結果。
まだまだ一般ではDyslexiaの知識がある人がほとんど少なく、学校の対応も遅い。診断もかなり大きくなってから、運がよければですが。
日本語が学べないから英語で学んでいる子供も何人かいらっしゃるようです。

この話を聞いて娘(日本語は話せません。)は日本ではやっていけないとがっかりしているところです。
Dyslexia Awareness in Japan真剣に考えておられ、立ち上げる時は是非声をかけてください。
日本在住の方でそれを願っている方は沢山います。
  1. 2011/08/11(Thu) 00:13:43 |
  2. URL |
  3. mi mi #BbdJDM8Q
  4. [ 編集 ]

Re: Dyslexia

mi miさん。

はじめまして。数あるブログの中から、私のところへ来てくださり、
おまけにコメントまで残してくださり、ありがとうございます。

Dyslexiaに関してですが、日本では、まだこの「ディスレクシア」という
言葉自体、浸透していないのが現状のようです。「読み書き困難」などと
訳されてはいるようですが、日本の学校では「学習障害」としてひとくくり
しているだけで、正直、唖然としました。

漢字自体、確かに絵のようになっており、アルファベットよりは知覚的に
入りやすい人もいるようですが、mi miさんもおっしゃっているように、
全員に言えるわけではありません。
漢字でも「鳥」と「馬」って似ていますよね?これがこんがらがってしまったり、
これに「弟」なんて字が入ってしまうと何が何だか・・・となってしまうことも
あるようです。
あと、日本語の場合、英語と違い「拍mora」があり、それをどのように
脳が処理をしていくか、という問題もあります。

この課題にも書いたのですが、日本のdyslexia研究は、本当につい最近
始まったばかり。欧米の研究と比べても何十年と遅れているのが事実です。
日本でのディスレクシア第一人者の「上野和彦」先生の本を読むと、日本の
受け入れ態勢の消極さに、やはり・・と思ってしまいました。

mi miさんのお嬢さまはLBD(Language base disability)を持って
るとのこと。dyslexiaと言っても、人それぞれなのだと、私もこの課題を
通して学びました。mi miさんのお嬢さまがどのタイプかはわかりませんが、
お嬢さまにあった支援方法・器具などがあれば、日本でも対応はできるかと
思いますが、アメリカのようなものは望めないと思います。
dyslexiaであることは色々な面で大変かと思いますが、学校でのサポート
に関しては、日本よりアメリカの方がよりよいものが受けられるのではないか、
と感じます。実際に学校でのサポートはいかがでしょうか。

もう一つ。dyslexiaのお子さんは、知的には問題がない分、「どうして私は
できないのか」という自尊感情が低くなってしまうケースが多いとのこと。
mi miさんのお嬢さまはきっと大丈夫だと思いますが、できることを伸ばすという
パターンも、日本では今後必要になってくると強く感じています。

> Dyslexia Awareness in Japan真剣に考えておられ、立ち上げる時は
> 是非声をかけてください。
> 日本在住の方でそれを願っている方は沢山います。
mi miさんの生の声を聞かせてくださり、本当にありがとうございました。
まだまだ学ぶことが多い私ですが、何年かかろうと、一人でも多くの子どもの幸せ
のために、私ができることをやってみたいと思います。
日本で困っている子どもたちが少しでも多くの人に理解してもらい、支援が
つくためにはどうしたらいいのか。dyslexiaも含め、「障がい」を個として
日本で受け入れることができるように学校で行えることを、私も勉強中です。
mi miさんのコメントで、私も「やってみよう」とやる気をいただきました。
どうもありがとうございました。
  1. 2011/08/11(Thu) 01:27:02 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haykichi.blog89.fc2.com/tb.php/192-7d777236
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。