「まる」ないちにち

:: admin ::: NewEntry ::
イギリスでの生活や仕事を通して、感じたことをつづっていきます。

   イギリスの小学校関係についての情報ブログは・・・「kayokoyamashita.com イギリスの学校 と シンセティックフォニックス」へ



 ピンク色

:: 2011/09/21(Wed) ::

日本の台風の様子が気になります。
私、愛知県出身なので、家族親戚、そして友人が愛知に多くいるので、とにかく被害がないことを祈るばかりです。

イギリスはすっかり秋です。この時期、外は寒いくらいですが、日が射すとまだまだ暖かく、着るものに困ります。今朝も何を着ようか悩み、「えい!」と決めた服が、うす~いピンク色のアンサンブル。私の洋服ダンスの中は、ほとんどが黒や茶色、ベージュといった地味な色ばかりなので、ピンク色なんて、かなり珍しいのです。

学校へ行くと、
「あら、haykichi、珍しい~。ピンク色なんて!」
と数人から声をかけられました。そして、
「すごく似合うじゃない。」
と。

びっくりです。白人の中に混ざって仕事をしていると、みんなの洋服の色のきれいさに溜息が出ます。年齢がかなり上の人でも、きれいな水色やパープル、ピンクなどを上手に着こなしているのです。それに比べ、「私の肌の色ってやっぱり黄色人種~」とつくづく思う私は、パステル系の色は似合わないと思っていたので、原色系の濃い色を好んできていたのです。それが、似合うよ、と言われるなんて!

自分が似合うと思っている色と実際に似合う色って違うということ
よく、耳にしますが、実際に自分が体験してみて、こういうことなのね、と感じました。


さてさて、いくつになっても、こういう言葉ってうれしいものですね。「褒める」とはまた違うけれど、ちょっとした変化に敏感に反応することって大切だな、と感じます。

私自身、これができるように意識しています。
もともと友達や同僚、子ども、お母さんたちが髪型を変えたり、新しいものを持っているとすぐに気がつく方なのですが、それをできるだけ言葉で伝えるようにしています。

子どもにとって、「自分を見てくれている」と思えることは、とても大切なことです。信頼関係を作る第一歩でもあります。教室の中で、褒められるよりも、~しなさい、と注意されることが多い子どもには、特に意識して言葉をかけるようにしています。本当に些細なことでいいんです。
「今日の髪型、かわいいね」
「その靴下、おもしろい~」
「OOちゃんの手ってあったかいね。手をつなぐと私の手まで温かくなってうれしいな」
などなど。
こうした言葉がその子にとって「ぼく・私のことを見てくれている」という安心感につながり、ポジティブな言葉を聞くことによって、その子の心に「温かく思える言葉」のタネを植え付けることができたらいいな、と思っています。それが芽を出して、成長して、他の人にも同じようにポジティブな言葉を広めていくことができたら素敵だな~。みんなが温かい言葉をかけあうことができたら、平和な世の中になるだろうな・・・私の願いです。

そして、今日の私みたいに、自分では知らなかったいいところがわかるようになるのって、新しい発見のようで、やっぱりうれしいのです。
ピンクの洋服からこんなことを考たました。今日も「まる」な一日です!

110909145843_D74_6286.jpg
ヘイミッシュはこんな笑顔を言葉の代わりにくれます。
こっちまで笑顔になります。

関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: 思ったこと・考えたこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:8
<<日本語のクラス | top | パン切りボードの注文、受け付け>>


comment

昔は着ました。ピンク色

三姉妹で育った私。
上(私^^)から… ピンク・赤・黄(橙)が好きな色でした。それぞれに合っていたかどうかは不明です^^。
でも、私のタンスの中も 茶色や黒といった暗ーい色が中心。ちょっと変革をと考えているところです。
きっとピンクとってもお似合いだったんだろうな~って思っています。
そうやって周りの方に気付いてもらえるととっても「まる」ですよね。素敵な方に囲まれておられること…やっぱりhaykichiさんの魅力のせいでしょうね。
そして、お子様たちへの心の配り方、いつもながらに感心しています。
以前にコメントさせていただいたように、私もできるだけほめる言葉を使えるようにと思っていますが、なかなか子供への実践がまだできません。
ヘイミッシュ君に教えてって頼みたいです。笑顔の言葉を
たまりませんね、こんな笑顔を見せてもらえたら。


PS 愛知のご実家は大丈夫だったでしょうか。
  心中お察しします。。。
  1. 2011/09/21(Wed) 12:46:42 |
  2. URL |
  3. ぽけっと #X.Av9vec
  4. [ 編集 ]

私もです。

私の服も、黒・紺・グレーが基本で、
色ものといえばカーキかブルー。
仕事柄、目立っちゃいけないことが多いので、
ほとんど黒がベースです。
だから黒を着ているときが、一番落ち着くんです。
選ぶときは、好みというよりも、顔色がよく見える色を選びます。
ピンクなら、サーモンピンクとか、いわゆる秋系の色です。

服装や髪形の変化に気付かれて嬉しいのは、
女性ばかりではないようですね。
年配の男性でも、さりげなく褒めると、かなり喜ばれます。
人によっては、大袈裟に褒めます。

愛知の親族の方たちは被害なく大丈夫でしょうか?
950hPaでの上陸は、結構キツイですからね…。
台風を甘くみては危険なのに、関東の方は慣れていないので、
ニュース見ていて、行動が危なっかしいです。
  1. 2011/09/21(Wed) 21:20:49 |
  2. URL |
  3. ecru #S2eFIt1.
  4. [ 編集 ]

Re: 昔は着ました。ピンク色

ぽけっとさん。

三姉妹ですか!うらやましいです!
お家の中も、さぞ明るくて楽しかったのでしょうね~。

> 素敵な方に囲まれておられること…やっぱりhaykichiさんの魅力のせいでしょうね。
ありがとうございます。何だか、照れてしまいます。でも、本当に素敵な人ばかりに
囲まれていて、幸せだなって思います!

褒める言葉って本当に難しい。特に、日本では謙遜文化なので、かなり意識しないと
難しいと思います。なので、まずは見た目を褒める、というところから行うと
楽かも・・。でも、少しずつでも実践しようとされるぽけっとさん、素敵です!


> PS 愛知のご実家は大丈夫だったでしょうか。
>   心中お察しします。。。
どうもありがとうございます。何の被害もなかったようで、胸をなでおろしました。
  1. 2011/09/22(Thu) 06:59:49 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

Re: 私もです。

ecruさん。

そうですよね~。ecruさんのお仕事柄、目立ってしまったら大変ですね(笑)。

顔色がよく見えるものを選ぶというのも、大切な要素ですね。
特に、ある程度年齢を重ねると・・・(笑)。

> 服装や髪形の変化に気付かれて嬉しいのは、
> 女性ばかりではないようですね。
> 年配の男性でも、さりげなく褒めると、かなり喜ばれます。
> 人によっては、大袈裟に褒めます。
なるほど!これは盲点だったかも。そうですよね、男性だってやっぱり
うれしいですものね。

> 愛知の親族の方たちは被害なく大丈夫でしょうか?
> 950hPaでの上陸は、結構キツイですからね…。
> 台風を甘くみては危険なのに、関東の方は慣れていないので、
> ニュース見ていて、行動が危なっかしいです。
ご心配、ありがとうございます。何事もなく、台風も過ぎてくれたようで
よかったです。確かに、台風慣れしていなくて、危なっかしいかも・・。
  1. 2011/09/22(Thu) 07:02:33 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

私もそう思います。

>こうした言葉がその子にとって「ぼく・私のことを見てくれている」という安心感につながり、
>ポジティブな言葉を聞くことによって、
>その子の心に「温かく思える言葉」のタネを
>植え付けることができたらいいな、と思っています。

本当に、私もそう思います。haykichiさんに同感!です。
私も、他の人から言葉をこうした言葉をかけていただけるととっても嬉しくて。
褒められるのももちろん嬉しいのですが、そうやって「いいところを見ていてくれる」という、その人の姿勢というか、心遣いが嬉しいなぁと感じるのです。
こういうのって、他者を認める・愛していないとできないことですよね。そのためには、自分をまず認めて・愛していることが必要。
haykichiさんのおっしゃる通り、子どもたちへこうした言葉をかけることは、「自己肯定感」が高まるので、心の成長にとって本当に大切なことだと思います。
私も、ポジティブな言葉を自分にも、周りにもかけられるよう、心がけています^^

台風、ご実家の方に被害がなく、何よりでした。さぞご心配だったこととお察しします。もう、これ以上大きな自然災害がないことを祈るばかりです。。
  1. 2011/09/22(Thu) 09:03:54 |
  2. URL |
  3. ひろこねこ #-
  4. [ 編集 ]

気付き

そうですね、この時期着るものに困ります
イギリスはこちらより寒いのでしょうね
色についてはまったくそう^^
私も、黒、グレー、茶、少しブルー、、ばかり^^
自分で似合うと信じてる色を来てると落ち着きますが、時に人は自分では気づかない事を気付かせてくれるんですね
外国の年配のご婦人が、綺麗な色を着ていらっしゃるの憧れます
思い込みを捨てて冒険してみるのもいいかな

人に接する時、その人の思考の邪魔にならないようには気を付けていますが
温かく思える言葉のタネを植えつける、、って
素敵ですね!!
自分自身もどんなにか、温かくなれる事でしょうね~
気付きをありがとう
今日も温かくなりました~

  1. 2011/09/22(Thu) 13:10:49 |
  2. URL |
  3. madam-kyouko #UKffUROA
  4. [ 編集 ]

Re: 私もそう思います。

ひろこねこさん。


> こういうのって、他者を認める・愛していないとできないことですよね。そのためには、自分をまず認めて・愛していることが必要。
> haykichiさんのおっしゃる通り、子どもたちへこうした言葉をかけることは、「自己肯定感」が高まるので、心の成長にとって本当に大切なことだと思います。
まさにそうなんですよ!!!
日本の子どもは「自己肯定感」(自尊感情)が他の国と比べて、ダントツに低いっていう
結果がユニセフからも出されているのです。その結果を見た時は、すごく悲しくなって
しまいました。
日本の国自体、「謙遜」することが美徳と思われているので、自分の子供に
「うちの子はばかでね・・・」と言ったり、がんばっているのに
「この子、努力もしなくて。もっとやってほしいと思っているんです」
と、子どもの前で言ってしまいますよね。決して、そうは思っていないのに、
これが文化ですもの、仕方がないと思うのですが、頑張っているのに認めて
もらえない、自分はばかなんだ・・・と思いこんでしまい、結局、自分を
好きになれず、否定してしまう。そしてその矛先が自分や他社にも向かって
いってしまう悪循環。
子どもには、「自分のことが好き」と言える子になってほしいなぁ、と心から思っています。

> 私も、ポジティブな言葉を自分にも、周りにもかけられるよう、心がけています^^
ひろこねこさんのブログから、それはとてもよく伝わってきます。
お料理一つを見ても、心がこもっている様子がわかり、そこからひろこねこさんの
お人柄がうかがえます。

実家のことまでご心配くださり、ありがとうございます。
おかげさまで何も被害がなかったようですが、他の被害に遭われた地域の方を
見ていると心が痛みます・・。
  1. 2011/09/23(Fri) 04:08:21 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

Re: 気付き

madam-kyoukoさん。

イギリスは真夏でも25度を超えることはほとんどありませんね。
からりとしていて、日陰に入ると涼しいくらい。
冬は日本とはあまりかわらないのですが、ただじめじめしていて、
気分までどんよりなってしまいます。(ただ、ありがたいことに
室内が暖かいので、冬でも、あまり着こまなくてもいいのです。)

> 思い込みを捨てて冒険してみるのもいいかな
本当!今回、そう思いました。少し今までとは違った色に
チャレンジしてみようかな・・・。

>
> 人に接する時、その人の思考の邪魔にならないようには気を付けていますが
そうですよね。すごく大切なことですね!その人の思考の邪魔にならないと
いうのは、難しそうですね。今まで、私自身、気がつかなかった点です!
なるほど~と思えるお言葉をありがとうございます。
人を気遣うことって難しいのですが、それができるということは人として素敵だな、
と思います。

> 気付きをありがとう
> 今日も温かくなりました~
こちらこそ、新しいものの見方をありがとうございます。
心がぽかぽか温かくなるのってうれしいですね。
  1. 2011/09/23(Fri) 04:31:31 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haykichi.blog89.fc2.com/tb.php/253-60523d37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


11
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30