「まる」ないちにち

:: admin ::: NewEntry ::
イギリスでの生活や仕事を通して、感じたことをつづっていきます。

   イギリスの小学校関係についての情報ブログは・・・「kayokoyamashita.com イギリスの学校 と シンセティックフォニックス」へ



 スポンサーサイト

:: --/--/--(--) ::

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: スポンサー広告

 トラウマについての授業

:: 2011/10/04(Tue) ::

昨日の続き。

先週の金・土曜日と午前9時半から午後4時半まで、みっちりとトラウマについて勉強してきました。

生徒数は18人。私を除いてみんな、トラウマによって悩んでいる人たちと関わるお仕事をしているそうです。大多数の人が「カウンセラー」でした。そうですよね、何と言ってもこのコースに申し込みができる条件ですもの (←昨日のブログでもかきましたが。笑)。

そんなプロばかりのなか、私は自己紹介で「私は一切、トラウマに関してはわかりません」と宣言をしての授業。こんな私なのですが、みんな優しくしてくれ、非常に有意義な授業となりました。

授業の内容としては、

1.まず、トラウマとは何なのか。
2.トラウマというトピックにどう関わっているのか。
3.自分にとって、トラウマをどうとらえるかという点で影響を与えた人や本などはあるか。
4.同じ経験をしてもトラウマになる人とならない人がいるのは、なぜなのか。
5.他の人よりも精神的ショックを受けた後に回復する力のある人とない人の違いは何なのか。
6.「自分を傷つけないモノが自分をより強くする」という言葉に共感するか。

ということを3人一組のグループで話し合い、その後、全員でディスカッション。
トラウマというのは「からの何らかの変化によって、内的に影響を及ぼすこと」だそうです。定義としては、DSMⅣという有名な診断書があるので、そこに書かれていますが、みんなとの話し合いで一番強調していたのが、外⇒内ということでした。

上記5の問題で、回復する力のことを resilience と言うのですが、これはどうやって養われるのか、ということが非常におもしろいトピックとなりました。

親子関係で養われる信頼が大切だ、ということもそうなのですが、文化によって違うのでは・・・?とペルー人の生徒さんがポロリと言ったことで、「文化」にみんな目が行ったのです。
18人のうち15人はイギリス人で、この国以外で生活したことのない人にとって、このアイデアと言うのは斬新だったようです。
そして、ある生徒さんが
「私は太極拳をやっていて、仏教の人の考えって穏やかな気がする」
「なぜ?」
というところから、「宗教」にも及んでいきました。中でも、キリスト教と仏教では人格を形成する要素が違うのではないか、と。

この生徒さんの中で仏教徒は一人もいなく、
「う~ん。これは私が少し言ってもいいことかな?」
と思い、日本での仏教について少し、触れました。苦からの救いは神の存在ではなく個人の実践でとくことから、日本人の気質 (日本人の我慢強さや謙遜さ) について話もしたのですが、これがみんなにとってすごく新鮮だったようで、文化によって、ショックの受け方も違うのではないのか、ということは回復力も文化が大きなポイントになるのでは、と話がどんどん展開していきました (←こういう討論はおもしろいですね~)。

宗教、文化、はたまた性によっても大きく変わってくるだろう・・・とどんどん話が発展していきました。私たちが何気なく言う「男の子なんだから、泣かないの」「女らしく」という言葉が、実はその人の気持ちを表現することを妨げてしまうのではないのか、そういう言葉を聞き続けてきたら、それ自体がトラウマになってしまうのではないのか・・・話は尽きません。


私が今回学んだのは
・誰でもトラウマ体験がある
ということ。私もあります。はっきりとモノを言う私のことを中学時代の同級生はよく思っていなかったため、対立してしまうことがあり、仲間はずれにもったのですが、それがもとで、こんなことを言ってもいいのかな・・としばらくは、話すこともいやになるという体験をしました。これもひとつのトラウマなのです。

そして、
・外的影響の受け取り方が文化によってどう変わるのか
ということが、私の関心を引きました。

今回、このコースに申し込んだ理由が、東日本大震災で心に傷を負っている子どもたちのサポートをしたい、ということ。そこで、今回のモジュールの課題 (自分のテーマ) を

・トラウマを起こす原因、人によってなぜショックな出来事の受け止め方が違うのか、文化によってどれほど影響してくるか

を検証しようと思っています。サポートの仕方に関しては、2月以降のモジュールで勉強します。今は、まず、基礎をきちんと勉強し、日本人の私だからわかることを織り交ぜて課題を仕上げようと思っています。


あっという間の2日間でした。これだけみっちりと英語だけで考えたのも久しぶり・・というか、初めてかも (笑)。さすがカウンセラーの人ばかりで、授業ではなく、話し合いから自分自身を見つめて、それをまた言葉として発していく、という自分の内を見つめることもできました。

最後に、みんなこの二日間はどうだったのか、ということで話を終えたのですが、私はみんなに感謝していることを伝えました。経験のない私の言葉に耳を傾けて聞いてくれたことに感謝。そしてみんなが発する言葉一つ一つが全て自分の体に沁み込んでいき、考えていることと言葉で表現することの違いを学べたことにも感謝。経験がない私からは何も発することはできなかったけれど、実りある2日間だったことを伝えました。

そうしたら、
「あなたと話し合った30分間が私にとっては一番の収穫だったのよ。あなたの経験を聞けたこと、自分の経験と照らし合わせられたこと。私の方こそ、あなたに感謝をしているの。」
と言ってくれた人がいたのです。この言葉にうるうるしてしまった私。

さすがカウンセラー。話を聞いてくれるということがどんなに大切なことか、またそれをきちんと受け止めて返すということが、いかに大切なことかを学べた2日間でした。
こんな素敵な経験。みなさんにも伝えたくて、だらだらとした記事になってしまいました。

今回、得れたこと=「人の話に耳を傾けること」「素直に返すこと」「自分を見つめること」・・・まるでカウンセリングを受けたような気分です (笑)。
関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: 大学院
  2. | trackback:0
  3. | comment:10
<<パブでランチ | top | 今日で1年。ありがとうございます。>>


comment

こんにちは~★
なるほど、マスタークラス(PhDでしたっけ?)だと経験のある人たちが学びにくるので、収穫が大きいのですね。そして、他文化を理解して、更に色々と学べるってことでしょうか?
私など、こちらの病院に行くのがトラウマになっているのですよ。。。
高給取りのMr/Drなら、精神的なダメージも考えて欲しいものだと思ったこともあります。

幸先の良いスタートで、良かったですね☆
  1. 2011/10/04(Tue) 16:46:56 |
  2. URL |
  3. B&J #aRTWBpno
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

B&J さん。

マスター、というかPost Graduate のcertificate コースです。

> 私など、こちらの病院に行くのがトラウマになっているのですよ。。。
> 高給取りのMr/Drなら、精神的なダメージも考えて欲しいものだと思ったこともあります。
分かる気がします。こちらの医療に関しては本当に泣きたくなりますものね。
今もつらいのかしら?
>
> 幸先の良いスタートで、良かったですね☆
本当。これからも楽しみです。
  1. 2011/10/05(Wed) 01:26:21 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

そういう討論は

本当に面白そうです(なかでも仏教に関してはかなり共感)。透明マントで聴講したいです~。
  1. 2011/10/05(Wed) 06:32:08 |
  2. URL |
  3. むーぼ #bxf9QyEw
  4. [ 編集 ]

Re: そういう討論は

むーぼさん。

お久しぶりです(笑)。
ぜひ、ハリーポターからマントを借りて、参加してください。
むーぼさんがいたら百人力です。

このコースで勉強しようと思ったのは、むーぼさんからのコメントも
大きかったんですよ。ありがとうございます。
  1. 2011/10/05(Wed) 06:51:54 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

文化の違い

おもしろそうですねぇ。
クリスチャンの勉強会に参加していた時(英語の勉強のつもりで...)、
ちょうど地震のころで「パニックにならない日本人はすばらしいね」と言われました。
「堪える」とか「お葬式を無事あげるまでは」とか、日本式の考え方について
少し説明したのですが、そのうちに「だからしんどいんだなぁ」と気づきました。

私と同様、ちょっと不安定になってた日本人の友人が
「キリスト教徒は楽よ。いいことも悪いことも、神様に押し付けられるの」
と言ってました。
言葉は悪いけれど、確かにそういう側面もありますよね。

ファミリーサポートというグループカウンセリングに参加したことがありますが
同じ幼稚園のママグループだったので本音を出せなかったなぁ。
問題が大きい人は個別に受けられるのですが、言い出せないんですよ。

私にとっては、英語でカウンセリングっていいかも。
語彙が少ないので、かえってストレートに話すことができるので(苦笑)
  1. 2011/10/05(Wed) 17:55:15 |
  2. URL |
  3. Chun #YNUSO4ao
  4. [ 編集 ]

日本人は、喜怒哀楽をあからさまに表現しないことが美徳とされている文化がありますよね。
それが結局、すべてを内に秘めてしまうことになり、トラウマにもなりやすいのかな、とも思います。
乗り越えるのは、ほんとに個人差があると思います。
乗り越えたつもりでも、そうじゃなかったり…。
心の揺れはコントロールできないですね、なかなか。

  1. 2011/10/05(Wed) 22:17:28 |
  2. URL |
  3. ecru #S2eFIt1.
  4. [ 編集 ]

トラウマ、、から国、宗教、男女、まで考えが至るのは流石だと思いました
haykichiさんの美しい志に感動し
状況からも後押しされたような学びの場を
見れて嬉しいです
トラウマってみんなあるだろうし、乗り越えると言うより、方法が分からなくて、忘れるようにしている事が多いと思うのです
haykichiさんの目を通して克服の仕方を知っていけたらいいな
  1. 2011/10/06(Thu) 00:59:12 |
  2. URL |
  3. madam-kyouko #UKffUROA
  4. [ 編集 ]

Re: 文化の違い

Chunさん。

> ちょうど地震のころで「パニックにならない日本人はすばらしいね」と言われました。
> 「堪える」とか「お葬式を無事あげるまでは」とか、日本式の考え方について
> 少し説明したのですが、そのうちに「だからしんどいんだなぁ」と気づきました。
そうですね・・・。日本式の考え方って、どれだけ日本語が流ちょうであっても、
イギリス人には理解しがたいものだろうな、と感じます。

> 私と同様、ちょっと不安定になってた日本人の友人が
> 「キリスト教徒は楽よ。いいことも悪いことも、神様に押し付けられるの」
> と言ってました。
> 言葉は悪いけれど、確かにそういう側面もありますよね。
う~ん。確かにそう言われるとなるほど、って思ってしまいました。
宗教に関しては本当に難しく、カウンセラーたちの間でも大きなトピックと
なるようです。

> 私にとっては、英語でカウンセリングっていいかも。
> 語彙が少ないので、かえってストレートに話すことができるので(苦笑)
なるほど!確かに、私もそうかも。あ、でも、感情を表す語彙が余りにも
少なすぎて、無理かな(苦笑)。

イギリスに来て、文化や宗教という側面まで見ながら物事を考えることが
できるようになってきています。これは、日本にいたら、難しいことだった
かもしれない、と思うと、イギリスへ来てよかったな~と感じます。
  1. 2011/10/06(Thu) 06:43:17 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ecruさん。

ecruさんがおっしゃる通りなのです。
これは心をさらけ出すことがわがままとみなされてしまい、人の輪を乱すことに
なりかねないからなのかな~とも感じます。
文化論を勉強しだすと、非常に面白く、だから日本人ってこういう風に考えるんだ
っていろいろ見えてきます。

乗り越える力というのは人それぞれで、これがトラウマを勉強するのに、大きな
テーマとなります。また勉強したら、報告します。
  1. 2011/10/06(Thu) 06:48:06 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

madam-kyoukoさん。

参加者の方の意見を聞いていると、本当にすごい、と思います。
目的をもって参加しているから、みんな、真剣。そしてカウンセラーらしく、
相手の言葉をきちんと受け止める・・・だから話がどんどん発展していくの
だと感じます。
表面だけの受け応えだったら、ここまで深くは話は進まないと思います。
普段の生活でもそうですよね、きっと。

> トラウマってみんなあるだろうし、乗り越えると言うより、方法が分からなくて、忘れるようにしている事が多いと思うのです
> haykichiさんの目を通して克服の仕方を知っていけたらいいな

うん、うん、と頷きながら読ませていただきました。方法が分からない・・・
目から鱗が落ちたような感じです。乗り越える力ということに注目して
いましたが、方法を探る・・・どうやって探るのか・・・その術・・・う~ん。
また一つ、何か私の中で、クリックしたような気がします。おもしろい。
とても大きな気付きをありがとうございます!
すごくうれしいです!

  1. 2011/10/06(Thu) 07:11:49 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haykichi.blog89.fc2.com/tb.php/263-f4c95e4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。