「まる」ないちにち

:: admin ::: NewEntry ::
イギリスでの生活や仕事を通して、感じたことをつづっていきます。

   イギリスの小学校関係についての情報ブログは・・・「kayokoyamashita.com イギリスの学校 と シンセティックフォニックス」へ



 今頃クレマチス

:: 2011/11/11(Fri) ::

なぜか今頃、季節外れのクレマチスが咲いています。
めっきり冷え込んでいるのに、なぜでしょう・・・。

111106141506_DSC_5345_20111111051820.jpg 111106141633_DSC_5351_20111111051819.jpg
111106141717_DSC_5352_20111111051819.jpg 


11月11日は Remembrance day
↓は去年の私のブログからの転載です。

1919年11月11日は何の日か知っていますか?
第一次世界大戦の終戦日なんです。そこで、この日を第1次世界大戦だけでなく、多くの戦争で命を落とした方への哀悼の意を捧げる「戦没者追悼記念日」としたそうです。終戦の時刻が11時ちょうどということもあり、11月11日11時は、イギリス中の多くの場所で、戦没者に2分間の黙祷を捧げます。(12年前、私はこの時間にスーパーにいて、突然みんなが立ち止まってしまい、訳がわからない私はおろおろ・・・ということもありました。)

11月になると赤いポピーの花の飾りを胸につけている人をたくさん見かけるようになります。12年前のちょうど今頃、ロンドンへ向かう電車の中で、たまたま目の前に座っている男性もポピーの花を胸につけていました。当時、怖いもの知らずだった私は、英語もほとんどできないにもかかわらず、
「それ、なんですか?」
と尋ねた覚えがあります。その男性、丁寧に答えてくださいましたが、当時の私には何を言っているのかさっぱり分かりませんでした。

このポピー、実は戦争で命を落とした人たちを忘れない、というシンボルだそうです。第一次世界大戦では、現在のベルギーにあるフランダース地方も大きな戦場のひとつとなり、当然のようにその地でたくさんの兵士が命を落としました。終戦後、その場所に真っ赤なポピーが咲き乱れました。まるで血を流して命を落としていった兵士のそれのように・・・。そこで赤いポピーが戦争で犠牲になった方を忘れないシンボルとなったそうです。

11月11日に一番近い日曜日は Remembrance Sunday と言って、戦没者追悼記念式典がロンドンで行われます。この日もみんな黙祷を捧げます。


今年は、2011年11月11日11時に一斉黙祷です。11が4つも並ぶんですね。

イギリスでは多くの方が胸に赤いポピーの造花をつけています。私は胸に赤いポピーはつけないのですが、庭に咲いている赤いクレマチスが私の代わりに花をつけているような、そんな気になりました。
関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: 文化・行事・風土
  2. | trackback:0
  3. | comment:6
<<『つなみ』 | top | 買ってしまいました、カメラ>>


comment

ポピーと戦争教育

我が家のクレマチスは、今年まだ咲きません。なんと10月につぼみをつけましたが、そのまま。

実は、このポピーの時期が苦手なんです。なんだか落ち着かなくて。もちろん募金はしますが、ポピーをつけるのはためらいます。

次女は転入後すぐ、友達から「次女は好きだけど、日本は嫌い」と言われました。彼女のひいおばあさんは第一次大戦前に生まれ、学校で2回の大戦の経験談をしてくださいます。友達は小さい時からなんども戦争の話を聞いていたようです。

歴史で第二次世界大戦について学んだ時も、どの国が味方でどの国が敵国なのか、ドイツ軍がイギリスに対して何をしたのか(ホロコーストについてはほとんど習いませんでした)きちんと教えられました。工作の時間には、当時の子供たちが携帯していたガスマスク入れ、爆撃機(次女はゼロ戦を作りました)を作り、疎開の格好で登校した日もありました。
次女は「ドイツってひどい国だね。日本はなんでドイツの味方だったんだろう。」と言うようになりました(もちろん、日本やドイツの視点ではこうだということは教えましたが)。

日本の学校でも毎年、原爆や戦争について学びます。でも、「どの国と戦ったのか、どうして戦ったのか」については、きちんと教えられません。
そして結論は「戦争はよくない。日本は二度と戦争をしない」です。
中学や高校の歴史の授業では、その時代を学ぶのはたいてい3学期の忙しい時期でなんとなく「時間切れ」で終わります。

中国や韓国では、第二次大戦についてしっかり学ぶようです。

60年以上前の戦争について、経緯やその後の協力関係を説明せずに「敵国だ」などと言われても困ってしまうのですが、「原爆落としたの、ロシアですか」なんて言う若者を見ると日本の教育もあまりに足りなさすぎるなぁ、と。

特に日本の夏とイギリスのこの時期、落ち着かない気持ちになります。
日本にもこのポピーのように、素直に「日本のために戦った人に感謝する」機会があるといいなぁと思います。
  1. 2011/11/11(Fri) 18:26:58 |
  2. URL |
  3. Chun #-
  4. [ 編集 ]

クレマチス♪

こんばんは!クレマチス、以前住んでいた家の塀に立派なのがあったんです。懐かしい~。

クレマチスって、二度咲き三度咲きしますよね~何気に。ツル科の植物らしく繁殖力旺盛で見かけによらず肝っ玉。儚い印象の可憐な花は、きっと猫の皮を被ってる・・・女性の鑑!?じゃないかと思うんですが。笑
  1. 2011/11/12(Sat) 10:08:20 |
  2. URL |
  3. ろんぱら #40rJ/eVQ
  4. [ 編集 ]

どこの国でも、様々な形で戦争の悲惨さは語り継がれているはずなのに、
一向に核兵器は無くならないし、紛争も絶えませんね。
敵という存在がなければ、自国民をまとめられない指導者もいるようですし、
戦争がどれだけの教訓になっているのか?と思うことさえあります。
日本では、戦争や平和に対する教育に、地域の差が大きすぎると思います。
沖縄や広島・長崎のように直接の被害が大きかったところでは平和教育が熱心ですが、
それ以外の地域では、原爆が落とされた日すら知らない若者もいます。
それはとても悲しく、恥ずかしいことだと思うのですが…。
諸外国のほうが、きちんと過去の歴史について教育されているようですね。
  1. 2011/11/12(Sat) 21:52:33 |
  2. URL |
  3. ecru #S2eFIt1.
  4. [ 編集 ]

Re: ポピーと戦争教育

Chunさん。

このremembrance day は日本人の私には複雑な気がします。
でも、戦争で犠牲になった方はイギリス人だけでなく、世界中にたくさんいるわけで、
その人たちのことを思う日として考えるようにしています。
ちなみにポピーはつけません。

歴史の勉強と言うのは過去の経験を学ぶためにあるものだと私は解釈しています。
そのため、曲がったことや一部だけを学ぶというのはどうか、と思います。日本の
社会は、Chunさんがおっしゃっているように、時間切れになってしまうんですよね。
今の私たちにとって、近代の勉強と言うのは非常に大切だと思っているので、それが
とても残念です。

戦争をしないと決めた日本。「よくない」だけで片付けず、その背景に何があるのか、
私ももう一度しっかり学びたいと思います。
  1. 2011/11/13(Sun) 01:01:22 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

Re: クレマチス♪

ロンパラさん。

> ツル科の植物らしく繁殖力旺盛で見かけによらず肝っ玉。儚い印象の可憐な花は、きっと猫の皮を被ってる・・・女性の鑑!?じゃないかと思うんですが。笑

うまいことを言いますね!確かに、可憐な感じがしますが、芯は強そうですよね。日本人女性のよう?
クレマチス=女性の鏡
頭にインプットされました(笑)。
  1. 2011/11/13(Sun) 01:02:48 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ecuruさん。

お久しぶりです!

> 沖縄や広島・長崎のように直接の被害が大きかったところでは平和教育が熱心ですが、
> それ以外の地域では、原爆が落とされた日すら知らない若者もいます。
> それはとても悲しく、恥ずかしいことだと思うのですが…。
そうですね。戦争がもたらしたものが何なのか、日本のことだけでなく、どんなことを
他の国にしてきたのか、そういうことを考える以前に、自分の国の歴史をきちんと
学ばないといけませんよね。

イギリスにいて驚くのが、みなさん、自分の国の歴史をよく知っていると言うこと。
普通の会話で何気なくXX時代はこうで、oo時代はこうで・・・と出てくるのです。
やはりイギリスの小学校の歴史の授業を見ていても、本当に深く勉強しているん
です。戦争に関しても4年生から6年生まで、少しずつですが毎年教えているんです。
そればかりか日本の歴史まで知っている人も結構いて、自分の歴史に対する知識の
なさに情けなくなります。自分の国に誇りをもっているんだな、と感じます。

日本人ももっと自分たちの国に誇りを持てるように教育をしていったらなぁ、と
感じます。
  1. 2011/11/13(Sun) 01:12:58 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haykichi.blog89.fc2.com/tb.php/291-1186e3ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


11
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30