「まる」ないちにち

:: admin ::: NewEntry ::
イギリスでの生活や仕事を通して、感じたことをつづっていきます。

   イギリスの小学校関係についての情報ブログは・・・「kayokoyamashita.com イギリスの学校 と シンセティックフォニックス」へ



 スポンサーサイト

:: --/--/--(--) ::

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: スポンサー広告

 テレビのない生活

:: 2011/11/17(Thu) ::

我が家にはテレビがありません。
もともとテレビってあまり好きではなく、日本にいた時からあまり見なかったのです。どうにも目に入ってくる刺激が強すぎて、頭が痛くなってしまうのです。最近の日本の番組は分かりませんが、いちいち人がしゃべる言葉を文字にしたり、擬音語を大きく画面に出しているのを見ているうちに、目からだけの情報に頼ってしまい、耳からの情報を得ていないことに気が付きました。これ、無意識に人の話を聞かなくなってしまうような気がするのは私だけでしょうか・・・?

イギリスへ来てからは、英語が分からなかったので、「テレテキスト」といわれる機能 (言葉が文字になって画面下に出てくるサービス) で英語の勉強をしていました。旦那は映画が好きなので、以前は映画をよく観ていましたが、今はゆっくりとテレビを見る時間もなくなってしまい、数年前、テレビを取っ払ってしまいました。部屋の中もテレビがないので、すっきり!

ありがたいことに、今は YouTube で見たいものを見ることもできるし、podcast でニュースも聞けるし、テレビがない生活に不自由はしていません。それどころか、テレビに縛られない生活ができ、時間の使い方も上手になっているような気がします。

ちなみに、ラジオはよく聞きます。食事中も Classic FM というクラシック音楽をずっと流している番組があるので、それをずっと流しています。30分ごとにニュースも流してくれるのでとてもありがたいです!

テレビのない生活。そう言えば、私の母が、時間のあるときにテレビを見ていたという記憶がありません。いつも指先を動かしていたので (刺繍、編み物、縫物など)、やはりラジオをよく聞いていたことを思い出しました。
そう思うと、テレビを見ない生活というのは、育った環境も影響しているのかしら?

111113121239_D74_9042.jpg
先日、こんな青空が広がりました!気持ちいい~。

関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: 思ったこと・考えたこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:14
<<Children in Need と募金 | top | 落ち葉とヘイミッシュ>>


comment

育った環境は、やはり大きいと思います。
私も子どもの頃、ほとんど見ていなかったです。
子どもの頃からテレビがシッター代わりになってしまうような今の風潮は、
将来大丈夫なのかな~という気もしますが、
逆に、あえてテレビを持たない暮らしをする方も増えているようですね。

諸悪の根源のように言われることの多いテレビですが、私の場合は必需品です。
仕事柄どうしても、見ておく、また知っておく必要があるので、
バレエ、ミュージカル、オペラ、オーケストラ、能、野外ライブ、様々なスポーツもよく見ます。
視点は主に撮り方や、スイッチング(カメラの切り替え)のタイミングですが。
でもよくみると、オペラも能も結構おもしろいもので、いろいろ勉強になります。
ドキュメンタリーや特集番組なども、テーマの取り上げ方から、
BGMの選び方やタイミング、ナレーションなど、勉強になるところは多いです。

思うに、さまざまなチャンネルが増えている今の時代ですから、
視聴者側がきちんと選ぶ賢さを持たなくてはいけないのですよね。
見る側が番組を選んでいる、という意識を持たないと、
しょうもない番組が増えるだけなのだと思います。
  1. 2011/11/17(Thu) 09:07:08 |
  2. URL |
  3. ecru #S2eFIt1.
  4. [ 編集 ]

私も、最近はほとんどテレビを観なくなりました。haykichiさんと同じで、音はガヤガヤ、視覚的にもチカチカ、刺激が強すぎて頭が痛くなってしまうんです。完全に観ないわけでもないので、テレビは置いてありますが、一般的なお宅に比べて、使う頻度はかなり低いかも。以前はお笑い系の番組が大好きだった私ですが、随分変わったものです(笑)。
ecruさんの、「視聴者側がチャンネルをきちんと選ぶ賢さが必要」というコメントに、とても共感しました。その通りだと思います。テレビの情報って一方的に入ってきますから、唯々受身で接していると、知らないうちにみんなが画一的な思考に染まってしまいかねませんもの。
よくお金のことで「賢い消費者」という言い方をしますが、「賢い視聴者」にもならなくてはいけませんね。そのためにも、『自分』の『芯』をしっかり持って、何が必要で不必要か、冷静に判断できる意識を持つことが大事だなと、改めて感じました。
  1. 2011/11/17(Thu) 15:25:42 |
  2. URL |
  3. ひろこねこ #-
  4. [ 編集 ]

私も

育った環境の影響大だと思いますよ。
私はテレビっ子だったんです(笑)。
父も母もテレビが大好きで、ラジオは頭が痛くなるといっていました。
だから、私は音楽とは縁のない人生で、映画が大好きなんですよ。
あ、本も好きですが。

大人になってからは、だらだら一日中テレビがつけっぱなし、ということはないですね。
観たいものを選んで観るという感じです。
  1. 2011/11/17(Thu) 19:21:44 |
  2. URL |
  3. Mrs.B #-
  4. [ 編集 ]

私はテレビっ子です。
あまりテレビを見せてもらえなかったし、早寝だったので、大学に入って一人暮らしを始めたら、朝から晩までテレビ見てました(苦笑)

イギリスは各テレビ局のウエブでほとんどの番組を見ることができるので、自分が好きな時間に見られるのがうれしいです。
今までで一番おもしろかったのは、スコットランドのシープドッグトライアルの中継でした(笑)

昔は日本でもバレエやお芝居の舞台中継、オーケストラの演奏会がよく放映されていたし、NHKの新日本紀行などいい番組がありましたが、そういうものは減りましたね。
私たちが子供のころは、子供にはNHKを見せておけば安心という感覚でしたが、最近ではNHKでもいろんな番組があり、「NHKのアナウンサーがこういう言葉づかいをするか?」と思うことも。
  1. 2011/11/17(Thu) 21:45:33 |
  2. URL |
  3. Chun #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ecruさん。

> 諸悪の根源のように言われることの多いテレビですが、私の場合は必需品です。
このブログを書いている間、ecruさんのことが頭に浮かびました。お仕事柄、
どのようにテレビを活用されているのか、興味ありました。
>
> 思うに、さまざまなチャンネルが増えている今の時代ですから、
> 視聴者側がきちんと選ぶ賢さを持たなくてはいけないのですよね。
> 見る側が番組を選んでいる、という意識を持たないと、
> しょうもない番組が増えるだけなのだと思います。
本当にそう!テレビが悪いとかいけないとは全く思いません。実際、子どもの
教育番組を見ていても、参考になるものも多いし、イギリスBBC製作の planet earth
なんて、感動しましたもの。結局、視聴者が自分の責任で番組を選ぶということ
なのですね。
見る側が番組を選ぶという意識を持つということは本当に大切だと思います。
だらだらとテレビをつけっぱなしにしておくのではなく、メリハリのある
見方をすることが必要かと感じます。

  1. 2011/11/18(Fri) 04:38:42 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ひろこねこさん。

年齢とともに見たい番組も変わってくると思うのですが、残念ながら
最近は「コレ!」と思えるものに出合えません。

> ecruさんの、「視聴者側がチャンネルをきちんと選ぶ賢さが必要」という
> コメントに、とても共感しました。その通りだと思います。テレビの情報って
> 一方的に入ってきますから、唯々受身で接していると、知らないうちにみんなが
> 画一的な思考に染まってしまいかねませんもの。
本当ですよね。受け身でなく、自分自身が参加しているという意識を
もつことって大切です。生活を向上するためには自分で意識するしか
ないのですもの。受け身の生活をしていて文句を言うのは何かおかしいと
感じます。

> そのためにも、『自分』の『芯』をしっかり持って、何が必要で不必要か、
> 冷静に判断できる意識を持つことが大事だなと、改めて感じました。
おっしゃる通りです。これ、食にも通ずると思っています。安全って何を
基準にしているのだろう、と思います。自分の目でしっかりと見て、自分で
確認して得ることがこれからの世の中では必要だと思います。
  1. 2011/11/18(Fri) 04:42:31 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

Re: 私も

Mrs.Bさん。

人間は
・視覚
・聴覚
・運動
のどれかを用いて、学習をするそうですが、Mrs.Bさんは視覚的に情報を得る
タイプの人ですね、きっと。

> 観たいものを選んで観るという感じです。
これがとても大切だと思います。幸いなことにイギリスは子ども番組が
非常に充実していて、私も勉強になることが多いです。
こちらの番組のいいのは、答えを決めないこと。視聴者に投げかけて
考えさせることが多いような気がします。これって思考力を養う上で
必要だと思います。
  1. 2011/11/18(Fri) 04:46:26 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

Chunさん。

> あまりテレビを見せてもらえなかったし、早寝だったので、大学に入って一人暮らしを始めたら、朝から晩までテレビ見てました(苦笑)
小さい時の反動ですね、これは。一人暮らしって、音がないとさびしい、ということで
テレビを見ることが多くなると聞いたことがあります。
私は一人暮らしもしたことがないので、分からないのですが、確かに、旦那が出張で
1週間家を空けていた時は、テレビをつけっぱなしと言うことが多かったなぁと思います。

> 今までで一番おもしろかったのは、スコットランドのシープドッグトライアルの中継でした(笑)
これ、面白そうですね!

> 昔は日本でもバレエやお芝居の舞台中継、オーケストラの演奏会がよく放映されて
> いたし、NHKの新日本紀行などいい番組がありましたが、そういうものは減りましたね。
そうなんですよね~。NHKって民放とは違って、よく掘り下げてあるものが多く、
見ていても楽しかったです。「プロジェクトX」なんてすごく好きで、いつか、それに
出演するのが夢でしたもの(笑)。
あとは、NHKではないのですが、野生の王国。これは必ず観ていました。
  1. 2011/11/18(Fri) 04:50:46 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

いつか出て下さいね

うちのテレビはNHKばっかり写されて
退屈しているんじゃないかなっと思っています。
あとは、嵐が出ている時 民放を見ています^m^
録画をして見ますので プロジェクトX…今はプロフェッショナル・仕事の流儀になっていますね…にでて下さいね。応援します^^

皆さんの意見がどんどんつながっていく、haykichiさんのブログは大好きです^^
  1. 2011/11/18(Fri) 12:21:08 |
  2. URL |
  3. ぽけっと87 #X.Av9vec
  4. [ 編集 ]

リクエストです♪

つい最近、学校の先生のお話にも、視覚、聴覚、運動の3種類が出てきました。
英語で特別な言い方があるんですよね?
(もう忘れちゃったんです…)

学校でのこれらを考慮した、子供個人にあった学習法、対処法等について、
一度、詳しく書いていただけないでしょうか?

自分の子が「これである」と見分けることは出来るのでしょうか?
はい!私は間違いなく、視覚の人ですね!
自分で書かなければ、自分の目で見なければ、覚えられないんです。
  1. 2011/11/18(Fri) 22:15:02 |
  2. URL |
  3. Mrs.B #-
  4. [ 編集 ]

Re: いつか出て下さいね

ぽけっとさん。
最近はNHKも面白い番組を作っていると聞きましたが、
いかがでしょう。少なくともNHKでしかできないような番組が
あるので、いいですよね。ちなみに私の父はNHKでも碁ばかり観て
いますが。

ぽけっとさん、嵐のファンなんですね~。私、一人も知らないんです、
嵐と言う名前は知っているのに(苦笑)。

>プロフェッショナル・仕事の流儀になっていますね…にでて下さいね。応援します^^
いつか、出演できたらいいですね~、なんて夢を抱いています。

> 皆さんの意見がどんどんつながっていく、haykichiさんのブログは大好きです^^
どうもありがとうございます。ぽけっとさんを始め、みなさん、
素敵な方ばかりで、私もうれしいです。みなさんのいいところは
自分の思いを率直に言ってくださるところ。たとえ私の思いと
違っていても、素直に「そうかぁ、そういう見方があるんだ」と
思えるんです。情報を発信するたびに、それ以上の情報を得ること
ができるというのは、ありがたい限りです。
このブログは、私にとって、宝物ですね。
1年前は、こうしてぽけっとさんと知り合うなんて思いもしなかった
ですもの。みなさんの支えがあるからこそ続けられています。感謝です!
  1. 2011/11/19(Sat) 06:52:38 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

Re: リクエストです♪

Mrs.Bさん。

Learning style の VARK (またはVAK) のことですね。
・Visual
・Auditory
・Kinesthetic または tactile
もともとKolbという人が人それぞれに学び方があるという考えを提案して、
その後 Fleming がこの VAK を考案し、広げていきました。

-視覚ではいる子は、本やスライド、絵、表などを用いた勉強方法
-聴覚ではいる子は、講義を聞いたり、討論もいいし、CDなどで覚えるのも有効
-運動で学習が入る子は、実験や体験学習がいい

といわれています。例で言うと、私は英単語など、目で見て、書かないと覚えら
れないタイプ=運動型。耳では絶対に覚えられないのです。
逆に、旦那は音を聞いて単語を覚えてしまう聴覚人間。一切書いて覚えることは
しません。

お子さんがどうやって単語を覚えていくかで、ある程度わかりそうですよね。
日本では「10回書いて覚えなさい!」と言われましたが、こちらはそうでも
ないのです。
長男君の書くことが好きでない、というのはもしかしたら、視覚や聴覚で覚えていく
タイプだからなのかもしれません。そうなると、「書かせて覚えさせる」という
方法ではマイナスになってしまうかも。「単語などを覚えること」と、「文を書か
ないといけないこと」は別物なので、そのところを見極めるのが難しいと思います。

ただ、この学習法と言うのは賛否両論で、学校でも知らない人も多いです。
私は成人学級のチューターのコースで学習したので、大人向けの学習方法について
のものでした。
今はちょっと時間がありませんが、半年後の今頃は時間ができるはずなので、
そうしたら、もうすこし詳しく勉強をしてみますね。

おもしろいご提案、ありがとうございます。勉強する楽しみが増えますね。
  1. 2011/11/19(Sat) 06:54:13 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは。
前に一度コメントさせていただきました。あちゃこです。
私は、1歳の子どもとCBBを見るくらいで、ほとんど
テレビを見ませんね。CBBは、early learningのカリキュラムにのっとって製作されているだけあって、見ていると勉強になります。日本の教育テレビも、もう少し工夫してほしいのにと思ってしまいます。(日本では子ども番組はあまり見ていませんでした。)
あと、classic FMは、私も大好きです。一日中クラシックだけが流れているなんて最高です!車に乗ることが
多く、車内では絶対にこれ聴いています。
  1. 2011/12/04(Sun) 08:15:54 |
  2. URL |
  3. achako #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

あちゃこさん。

こんにちは。お久しぶりです。すっかり冬ですね。
イギリスの子ども番組は工夫されているなぁ、と思います。
CBBはなかなかおもしろいですよね。子どもニュースなども分かりやすく
解説してくれるし、小さい子向けの番組も自然を利用して上手に
番組が構成されていると思います。

Classic FM、いいですよね~。私自身、だんだん年をとってきたのか、
元気な曲を聞くと疲れてしまうのです・・・(笑)。
  1. 2011/12/04(Sun) 18:18:00 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haykichi.blog89.fc2.com/tb.php/294-a3a9fbda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。