「まる」ないちにち

:: admin ::: NewEntry ::
イギリスでの生活や仕事を通して、感じたことをつづっていきます。

   イギリスの小学校関係についての情報ブログは・・・「kayokoyamashita.com イギリスの学校 と シンセティックフォニックス」へ



 スポンサーサイト

:: --/--/--(--) ::

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: スポンサー広告

 被災地へ行き・・・(1)

:: 2012/01/13(Fri) ::

少し前の話になりますが、12月27日から29日にかけて、宮城県に住む友人に会いに行ってきました。被災地に連れて行って、とお願いするのは心苦しかったのですが、でも、どうしても自分の目で見ておきたくて・・・見ておかなくてはいけないような気がしたのです。彼女は快く引き受けてくれ、彼女のお義父さまが運転して被災地へ連れて行ってくださることになりました。

友人の家から車で40分ほどのところにある海岸沿いで、最初に車を止めてくれました。この日は、晴れ間ものぞくいい天気。

111228021241_DSC_5705.jpg

・写真に写っている杉の木。よく見ると、杉の木の下半分ほど、茶色くなっているのがわかると思います (木によっては全部)。杉は塩が触れると枯れてしまうほど、塩に弱いそうです。ここまで波がやってきた証拠だそうです。
・写真向かって左に建物の跡が見えます。友人がよくきてお茶をしていたカフェの跡地。
「玄関ってこんなに小さかったんだ」と、つぶやく友人。きっと、いろんな思いが交錯していたことでしょう。

111228021309_DSC_5707.jpg

・流されたボート。まだ使えるだろう、ということで、ここに保管。

111228021546_DSC_5710.jpg

・倒れた電柱。

111228021509_DSC_5709.jpg

・津波が目前まで迫っていながらも、被害がなかった家。杉の木の茶色い部分と比べてみてください。

道路左側の風景。
111228021459_DSC_5708.jpg

・右に見えるトンネルからは線路が伸びていました。高架になっていた線路が、全て崩れ落ちました (手前のコンクリートの塊が高架跡)。
・瓦礫は大分片付いていましたが、崩れ落ちた高架跡が津波の威力を物語っています。
なぜ線路を復旧しないのか。・・・この線路がつなぐ町々が壊滅してしまい、この先、その町が復興されるかどうかわからないので、駅を作ることもできない。よって、線路もこのまま放置しておくしかない、とのこと。

何とも言えない思いのまま、再び車に乗り込みました。
車の中から見える海は波一つない穏やかなものでした。この海が、一瞬にしてさまざまなものをのみ込んでいったとは思えませんでした。

海岸沿いをずっと走って行く途中、
「ここはにぎわっていた町なんだよ」
と、いくつかの町を紹介してくださったお義父さん。でもね、私にはどれくらいのにぎわいだったのか、わからなかったのです。建物が全く残っていないから・・・。建物の跡はわかるのだけれど、それがお店だったのか、住宅だったのか、わからないのです。町が壊滅するって、こういうことなんですね・・・。

次回に続きます。
関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: 東日本大震災関連
  2. | trackback:0
  3. | comment:8
<<被災地へ行き・・・(2) | top | ヒースロー空港で>>


comment

こんばんは~★
お帰りなさい!楽しい日本滞在だったと思いますが、被災地にも行かれたのですね!
最近の現場を観るチャンスがなかったので、とっても興味深く拝見しました。
まだまだ爪痕がハッキリとしていて、胸が苦しくなりました。。。。
青空が見えると、あの映像が夢だったような気がします。
引き続き伝えなくてはいけないことだと痛感しました。

ヘイミッシュくんが大喜びだったようですね!もちろんrokisukeさんも☆(^_-)-☆
家族って、やっぱり一緒が嬉しいですね!
  1. 2012/01/13(Fri) 08:40:58 |
  2. URL |
  3. B&J #aRTWBpno
  4. [ 編集 ]

言葉を失います・・・。

haykichiさん、宮城まで行って実際に目にした光景はこれらの写真で見るよりもずっと胸に迫ってきたと思います。

すごい勇気と行動力で尊敬します。こういう形で現状を伝えてくれて、とても感謝します。続編も必ず読ませて頂きますね。
  1. 2012/01/13(Fri) 10:49:46 |
  2. URL |
  3. ろんぱら #40rJ/eVQ
  4. [ 編集 ]

haykichiさん こんにちは^^

久しぶりの日本。もっと他に楽しいところに行こうとおもえば
行けるはずなのに、わざわざ被災地を訪れてくださるhaykichiの
あたたかな心が伝わってきます。

被災地の報道も日々減ってゆく中 こうしてhaykichiのように
現状を伝えてくださるのは被災地の宮城県に暮らすものとして
嬉しく思っています。

あの大津波の次の日 海は何事もなかったかのように穏やかでした。
「私は何も知らないよ」とでも言っているかのように。

海はすべてを奪いましたが また癒してくれるのも海なんです。

自然を畏れ敬うことを忘れた私たち大人たちにとって
よい教訓になったのではないか、なって欲しいと思っています。

P.S.コメントのお返事読ませていただきました。
 私のブログにコメントしてくださったこと後悔されているようなのですが、
 コメントをいただいた私は嬉しかったですよ!
 お返事ができる状況でなく とっても遅いお返事になってしまったのですが
 コメントは何度も読み返していました。どこかで誰かが気にしてくださって
 いると感じることは励みになります^^ ありがとうございました。

長々とコメント失礼しました。
  1. 2012/01/13(Fri) 10:52:39 |
  2. URL |
  3. makiko+(ima*koco*) #K9Etiidg
  4. [ 編集 ]

ついつい目をつぶってしまいました。

haykichiさん、こんにちはー。
私は実は福島生まれの人間なのですが、
昨年起きた地震については、だんだん
話を聞いたり、状況を見たりするのがつらく
なってきて、最近は被災地の方々や
福島で暮らす親戚達へ想いをよせつつも
何も出来ずにいる状況でした。
だけど、一番大切なのは、haykichiさんのように
目をそむけず、耳を傾け、いまだ被災地で
がんばっている方達や亡くなった方達の存在を
忘れないことなんですよね。
毎回、haykichiさんのブログを拝見させていただくと
haykichiさんの懐の深さややさしさを感じます。
多分、私と同じ年くらいと思うのですが、ひー、
こんな素敵な方も世の中にはいるのに、私ときたら・・・
と反省させられることしきり・・・(笑)
私ももうちょっとしっかりせねばと思った次第です☆
  1. 2012/01/14(Sat) 02:44:02 |
  2. URL |
  3. Pochidora #GHYvW2h6
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

B&Jさん。

今回の日本滞在は、いろいろなことを考えさせられるものとなりました。

> 最近の現場を観るチャンスがなかったので、とっても興味深く拝見しました。
> まだまだ爪痕がハッキリとしていて、胸が苦しくなりました。。。。
イギリスにいると、ほとんど被災地の様子はわからないので、今回、
爪痕を目の当たりにして、改めて、いろんな思いがわいてきました。

> 青空が見えると、あの映像が夢だったような気がします。
> 引き続き伝えなくてはいけないことだと痛感しました。
そうなんです。風化させてはいけないことなんです。でも、じゃあ、どうやって・・・。
ここが大きなテーマになりそうです。

> ヘイミッシュくんが大喜びだったようですね!もちろんrokisukeさんも☆(^_-)-☆
> 家族って、やっぱり一緒が嬉しいですね!
本当!離れているとやっぱり、会いたくて仕方がないですものね。
  1. 2012/01/14(Sat) 05:04:31 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

Re: 言葉を失います・・・。

ろんぱらさん。


> 宮城まで行って実際に目にした光景はこれらの写真で見るよりもずっと胸に迫ってきたと思います。
本当、そうなんです。胸に迫り、胸が苦しくなる・・・。
こんな思いって初めてかもしれないくらいでした。

> すごい勇気と行動力で尊敬します。こういう形で現状を伝えてくれて、とても感謝します。続編も必ず読ませて頂きますね。
最初は悩みました。ブログにアップすべきかどうか。私はこの震災の体験者では
ない。その私が書いてもいいのか・・・。でも、ろんぱらさんのように
私の記事から何かを感じ取ってくださる人がいるのなら、うれしいです。
ありがとうございます。
  1. 2012/01/14(Sat) 05:07:28 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

makiko+さん。

10カ月前にテレビで見た光景は衝撃的でした。あの震災によって
心に傷を負った子どもたちに何らかの支援ができるのなら、と思い
始めたトラウマの勉強。
自分が勉強するうちに、そのきっかけとなった場所を見ておこう、と
感じるようになりました。

当事者でない私がこうして記事にすることには抵抗がありました。
被災地へ行って、何をしたわけでもない。ただその場所へ行っただけ。
それを記事にすることが何の意味があるのか・・・。
悶々としていました。

でも、こうしてmakiko+さんからコメントをいただけたこと、そして
> 被災地の報道も日々減ってゆく中 こうしてhaykichiのように
> 現状を伝えてくださるのは被災地の宮城県に暮らすものとして
> 嬉しく思っています。
と言っていただけたのなら、こうしてブログにアップすることも
意義があると励みになりました。ありがとうございます。

実際に目の当たりにすると、より深く、自分でできることをひとつ一つ
行っていきたいと感じます。行ってよかったと心から思っています。

わざわざコメントへのmakiko+さんの思いをお知らせくださり、
ありがとうございました。ブログって一方通行になりがちですが、
でも、こうして心に留めている人が必ずいると思うのです。
makiko+さんのブログに出合ったことも、今回の被災地へ行こうと
思ったきっかけでもあります。ブログの力ってすごいです。
  1. 2012/01/14(Sat) 05:18:21 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

Re: ついつい目をつぶってしまいました。

Pochidoraさん。

Pochidoraさんが目をつぶってしまうのは、それは当事者だからだと
思うのです。故郷のこと・親戚のことを思ったら、つらくなるのが
当然だと思います。そういうときって、やっぱり、話を聞きたくなくなるし、
当事者だからこそ何もできなくなってしまうこともあると思います。
でもね、Pochidoraさんのように、「福島で暮らす親戚達へ想いをよせ」る
ことが一番大切なことだと思うのです。
この震災・原発のことは忘れてはいけない。
行動に移すことももちろん、大切なことですが、想いを持ち続けている
ことも、震災・原発を忘れていないということで、とても大切なことだと
思います。

> haykichiさんの懐の深さややさしさを感じます。
なんだか、照れくさいですが、実際には違いますよ、私。
結構気が強いし、強情だし(笑)。おっちょこちょいで、
いい加減なことも多いし。

> 多分、私と同じ年くらいと思うのですが、ひー、
> こんな素敵な方も世の中にはいるのに、私ときたら・・・
> と反省させられることしきり・・・(笑)
> 私ももうちょっとしっかりせねばと思った次第です☆
何をおっしゃるんですか!日々、「美」を追求されている
Pochidoraさんこそ、女性の鏡です!
やはり、いつになっても「女」であることを捨ててはいけないと
思うのです。そして、それを実践されているPochidoraさんこそ、
素敵です!
  1. 2012/01/14(Sat) 05:43:21 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haykichi.blog89.fc2.com/tb.php/324-dd5c743f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。