「まる」ないちにち

:: admin ::: NewEntry ::
イギリスでの生活や仕事を通して、感じたことをつづっていきます。

   イギリスの小学校関係についての情報ブログは・・・「kayokoyamashita.com イギリスの学校 と シンセティックフォニックス」へ



 スポンサーサイト

:: --/--/--(--) ::

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: スポンサー広告

 被災地へ行き・・・(終)

:: 2012/01/18(Wed) ::

「被災地へ行って・・・(1)」「被災地へ行って・・・(2)」の続きです。*今回は、かなり長いです。*


何とも言えない気持ちを抱えたまま、友人宅まで帰ることに。

「思った以上にみんなががんばっているね。前来た時と違うよ。」

と友人。私には比較ができなので、何とも答えることができませんでした。でも、友人の目には、町はまだまだ瓦礫もたくさん残っているし、課題が山積みだろうけれど、でも、人は生き生きしているように見えたようです。

途中、サービスで車を止め、お店を覗きました。
お店の扉を開け、中に入ると、産地の野菜が売られていました。売っている人も、売られている野菜も「明るい」のです。さらに奥に行くと、今度は木工のお店。地元の職人さんたちが作った家具や雑貨が売られていました。ここも「温かい」のです。自分へのお土産に箸置きとバターナイフを購入。ずっと欲しいと思っていたバターナイフがここで見つかったのも縁。今日のこの日の思いを忘れないように、ということなのかしら。


この日の夜、友人の家族みんなと食事しました。義妹さんも来てくれました。そう、津波でアパートも赤ちゃん用品も全部流されてしまった A さんです。7カ月になる赤ちゃんも一緒に。

「久しぶりね~。赤ちゃん、かわいいね~。・・・大変だったね・・・」

本当は「大変」なんて言葉で会話を始めたくなかったのに、つい、出てしまいました。

「うん。ホント、大変だったよ。でも、生きて、こうしてこの子 (赤ちゃん) を無事に産めたから幸せだよ。」
「何もなくても、この子がいてくれるから、ずっと笑顔でいられるんだよ。」

会えてよかった・・・涙がどんどん出てくるなか、二人して「よかった・・・」「よかった・・・」を繰り返しました。赤ちゃんも終始ニコニコしていました。この子はこの家族の光なんだね。

その後、A さんの体験談を聞かせてもらいました。
仕事中だった A さん。働いていたところは「津波が来た時の避難所」と指定されていたそうですが、そこまで津波がやってきたため、身重の体で山を越えて必死に逃げたそうです。その後、家族と会えたのは3日目の朝・・・。
全て流された中で残っていたのは A さんの車のみ。たまたま仕事で遅番だったため、高台に車を止めたことが幸いしたそうです。その中に残っていたのは、初の甥っ子への1歳の誕生日プレゼント(この甥っ子と言うのが、私の友人の子どものことです。友人もこのプレゼントは宝物になったと言っていました)。


「私たちは大丈夫。大変だけど、大丈夫。こうして私たちのことを思ってくれている人がいるだけで、本当にうれしい。ありがとう。」と A さん。私の方こそ「ありがとう」。


この震災で心にトラウマを負った子どもたちに何らかの支援ができないか、と始めた大学院でのコースワークの目的もあり、被災地で活動してみえるカウンセラーの先生にもお話を聞く機会がありました。話を聞くうちに、今回、被災地へ行ったことをブログにアップしようかどうしようかすごく悩みました。

実家に帰って「どうだった?」と聞かれても「何とも言えない」しか言えなかった私。そう言えば、私のいとこも、震災直後に被災地へ仕事に行っていたのですが、彼も帰ってきて「何も言えない。テレビで見るのとは全く違う。行ったことがある人にしかわからない」と言っていた理由がわかりました。

じゃ、私はこのまま「何も言えない」まま、私の中で完結していいのだろうか。この現状を見て、何もしなくていいのだろうか。

いや、やはり私の目で見たことを伝えよう。私の言葉で私の思いを伝えよう、それも真実なのだから。

1月13日に「被災地へ行き・・・(1)」をアップした後は、コメントを読むのが怖かった。おそるおそるコメントを開くと、makikoさんがコメントをくださっていて、涙が出てきました。(宮城県に住むmakikoさんは東日本大震災で家を流されてしまったのです)。

「被災地の報道も日々減ってゆく中 
こうしてhaykichiのように現状を伝えてくださるのは
被災地の宮城県に暮らすものとして嬉しく思っています」


「そうなんだ。私がここで私が見たそのままを伝えることも、私ができることなんだ」と「はっ」と我に返った気分になりました。

このブログを読んでくださっている方が100人いるとして、その人たちがブログや口伝えでも「まだ大変なんだよ」とさらに100人に伝えてくださったら、単純計算で10,000人に、その事実が伝わる。その人たちが、そこからまた発信すれば、さらに広がる。
たとえ広げなくても、その人たちの心に残っていれば、ふと募金箱が目に入ったときに募金をしようという気持ちになるかもしれないし、ボランティアで何かやってみようという思いが生まれるかもしれない。復興の一環としてその地のものを買おう、という思いになるかもしれない。


ブログからブログに伝わり、福島在住のmariさんからも「不安になることもしばしば。それでも、今日は取りあえず平穏で幸せだったと 毎夜眠りに就くことにしようと思っています。」という思いを聞かせてもらい、より、たくさんの人にその思いを知ってもらいたい・・・と感じました。ねこなすさんのように、この震災を風化させないためにもイギリスにいてもできることをしている人がいることを知り、心強く思いました。
他にもコメントをくださった方、ありがとうございます。被災地に住んでいる住んでいない関係なく、みなさんの思いがひしひしと伝わってきました。ぜひ、みなさん、読んでください。

そして、福島に住んでみえる、やはりブログを通して知ったsakamotoさんのこの言葉で、「被災地へ行って・・・」を締めようと思います。

「地震から10か月。
まだまだこれからのことも多いですが、
10か月の間に学び、支え合い、夢を追って
前に進んできたことも事実。
負けねえよ!
って感じですね。」



120107203032_D75_0797.jpg
友人からいただいたお土産。
そう、わすれちゃいけない。風化させてはいけない。


読んでくださってありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: 東日本大震災関連
  2. | trackback:0
  3. | comment:22
<<大学院でのコースの種類 | top | 被災地へ行き・・・(2)>>


comment

ありがとう。。。

言葉にならない とおっしゃったご様子を
さまざまな思いを込めて書いて下さったこと
しっかりと受け止めたいと思います。
そして自分にできることを!の気持ちを持ち続けたいと思います。
今 ここにあることのしあわせを かみしめながら・・・
  1. 2012/01/18(Wed) 10:37:56 |
  2. URL |
  3. ぽけっと #X.Av9vec
  4. [ 編集 ]

被災地の様子を伝えて(教えて)くれて、ありがとう。
言葉にならない現状が、まだまだ続いているんですね。
haykichiさんの言うように、‘忘れないこと’
‘風化させないこと’、そして‘考えること・・’
ほんのわずかでも、私に出来ることを続けたいと思います。
  1. 2012/01/18(Wed) 16:42:51 |
  2. URL |
  3. そら #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます

haykichiさんの、いろんな意味でのjourneyを、大切に読ませていただきました。
文章にするの、時間がかかったんじゃないでしょうか?

正直に、ここで書くならば、忘れない、忘れてはいけない、
と思いつつも、時々、忘れてしまいたい衝動にかられることがあります。
これは、当事者でない者の勝手な思いで、罪悪感を感じつつも、触れたくない。

いろんなことを考えさせられました。
  1. 2012/01/18(Wed) 18:59:49 |
  2. URL |
  3. Mrs.B #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

そらさん。

確か、そらさんに会った時には、私、言葉に出してたくさんのことは
言えなかったような気がします。自分の中で消化していたときだった
と思います。
ようやく3回に分けてこうして思いを伝えようと試みましたが、実際、
どれだけ伝わったのか、わかりません。
でも、こうしてそらさんのように自分でできることを続けようと
再確認の場になったのなら、それもうれしい。
ありがとうございます。
  1. 2012/01/19(Thu) 07:48:07 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

Re: ありがとうございます

Mrs.Bさん。

早速、Mrs.Bさんのブログにも紹介してくださり、ありがとうございます。

> 文章にするの、時間がかかったんじゃないでしょうか?
その通りです。まず、単語を一生懸命探すのですが、コレ!と思う
言葉が見つからない。単語と単語をつなぐけれど、行間から
私の思いが伝わったかもわからない。
でも、書いてよかったと思います。

誰か一人でもどうしたらいいのか、考えるきっかけになったのなら、
このブログを書いた意味はあると思っています。いえ、私自身、
この思いを風化させないためにも、被災地へ行き、感じたことを
いつでも思いだせるためにも書いてよかったと思っています。
ありがとうございます。
  1. 2012/01/19(Thu) 07:52:17 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

Re: ありがとう。。。

ぽけっとさん。

ぽけっとさんがすぐにご自身のブログで紹介してくださったことが
すごく嬉しかったです。本当にありがとうございます。
ぽけっとさんには阪神大震災がとても身近だと思うのですが、
日本人として忘れてはいけないさまざまな天災が
たくさんあることを忘れてはいけないと感じました。

そうなんです。ここに今いることが幸せなんです。これ以上、何を
望めるのか・・・。

うまく言葉で表現できないのですが、行間からでも私の思いを
感じとっていただけたら・・・と思っています。
ありがとうございます。
  1. 2012/01/19(Thu) 07:55:53 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

そこに行かれたこと、そしてここで伝えてくださったこと、いずれも勇気が必要なことです。
本当にありがとうございます。

いろんな意味で、もどかしい思いです。
  1. 2012/01/19(Thu) 09:19:42 |
  2. URL |
  3. Chun #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます!

sakamotoさんのお言葉同様、本当にこの震災から学んだことはとても大きいです。
人の温かさも身に沁みました。
この経験を未来に生かしていけるようにカメの歩みでも進んでいきたいと思っています。
ありがとうございました。
  1. 2012/01/19(Thu) 09:30:50 |
  2. URL |
  3. mari #7Y4sZb7o
  4. [ 編集 ]

haykichiさんの記事を拝読し、感じたこと、考えたことあるのですが文章になりません。言葉が宙に浮いてしまいそうです。
今は、心に湧いているこの様々な感情を、自分の中に刻んでおかなくては・・・と感じています。
  1. 2012/01/19(Thu) 10:21:21 |
  2. URL |
  3. ひろこねこ #-
  4. [ 編集 ]

haykichiさん
ありがとうございました。

ママも赤ちゃんも無事でよかった。
本当によかった。

こうして皆さまに被災地の様子をお伝えすることは
とても大変な作業だったとおもいます。
表現も難しいですよね。

でもhaykichiさんご自身が心に向き合って一行一行
丁寧に書かれている様子が思い浮かびました。
書いては消し 書いては消しの作業だったのはないですか?

そして 何かしたい 何かできることはないのか。
何かしたくても住まいは遠く離れていて
自分は何もすることができない。でも助けたい。
そんな haykichiさんの苦しみにも似た もどかしさも
行間から伝わってくるような気がしました。

そして読み進めるうちに私の名前があってびっくりしましたよ^^
(makikoの後ろに+がくっついてしまったのは私のミスでした~。)

私は まだ困っている人がたくさんいるのに
自分は町の被害のなかった場所に引っ越し あたたかく 幸せな
気持ちでいることに 罪悪感に似た感情を持ったこともありました。 

でも それはもうおしまい。
被災者ひとり一人が「元気だよ!」「幸せ!」って言えるように
ならないと本当の復興とは言えません。
私から 元気になっていこう!幸せって伝えていこう
そう思えるようになりました。

被災地の3回に渡ってのレポート おつかれさまでした
そして ありがとうございました。

これからも 素敵な更新を楽しみに待っています。

*リンクをいただいてもいいでしょうか?
  1. 2012/01/19(Thu) 12:14:46 |
  2. URL |
  3. makiko(ima*koco*) #K9Etiidg
  4. [ 編集 ]

haykichiさん想い ちゃんと私の心にも伝わりました。
そして被災された方々のブログや頑張っておられる方々のブログも拝見でききました。苦しく悩まれている状態で書いていただき本当にありがとうございます。

阪神淡路大震災から17年、今三宮駅や神戸は震災があったことが嘘のように復興しました。それでも私自身あの日の恐怖はいまだに消えることがないです。
被災地に行って直接お手伝いができなくても、なにか心に添えることができないものかと考えさせられました。
  1. 2012/01/19(Thu) 22:58:02 |
  2. URL |
  3. とんび #-
  4. [ 編集 ]

被災地のことを伝えていただいて、どうもありがとうございました。
マスコミなどでは、被災者は何人と数字でしかあまり伝わってこないですが、こうやって、実際に被害にあった方のお話を聞けることは貴重なことだと思います。
そして、読み進めていくうちに、私のブログまで登場しビックリしました。(笑)
これからも、被災地のことを風化させないように一緒に踏ん張っていきましょう!
  1. 2012/01/20(Fri) 01:27:39 |
  2. URL |
  3. ねこなす #Ido.iBeI
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

Chunさん。

今は、ここに更新してよかったと思っています。
もどかしく思えるというのは、考えているということだと思っています。
私も同じです。でも、それが次へのステップになるのです!
こちらこそ、読んでくださりありがとうございます。
  1. 2012/01/20(Fri) 03:35:33 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

Re: ありがとうございます!

mariさん。

今回の震災に関して一番驚いたのが、東北地方の方々の強さと前向きであること。
いろんな人からの支援を素直に「ありがとう」と言っているみなさんの言葉が
さらに「何とかしたい!」というプラスの気持ちを生んでいくのだと思います。
前を見つめると言うのは大切なことだと、本当に被災された方々から学びました。
一緒に進んで行きましょう!
こちらこそ、素直なmariさんのお気持ちを知ることができてうれしかったです
ありがとうございます。
  1. 2012/01/20(Fri) 04:11:33 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ひろこねこさん。

ひろこねこさんのお気持ち、すっごくよくわかります。
言葉が宙に浮く・・・ホント、そんな感じでした。
でも、この感情を何らかの方法で自分の中に刻むことができ、それをまた
振り返ることができるようにしたい、と私も感じます。
コメント、ありがとうございます。
  1. 2012/01/20(Fri) 04:14:10 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

makikoさん。

「ありがとう」と友人の妹さんに伝えたいのは、話してくれてありがとう、
勇気をくれてありがとう、そして何よりも生きていてくれてありがとう、
という思いがあったのです。生きているからこそこうしてかわいい赤ちゃんにも
対面できたんですものね!本当に無事でよかったです。

私、文を書くこと自体苦手で、上手に言葉と言葉をつなげることができないの
です。今回はやはり、特に慎重に言葉を選んでつなげたつもりですが、
再び読み返すと、「この言葉じゃない・・」というものが、たくさん
あります。でも、この思いは言葉では表現しきれないものだと、何回も
書きなおしながら感じました。
書いていくうちに、この思いは読む人読む人、その人なりの解釈で読みとって
くれるだろう、ならば、今、書けるときに書こう、と思えるようになりました。

makikoさんのお名前とコメントをのせるのもすごく悩んだのですが、許可なしに
すみませんでした。でも、ブログに書いたように、makikoさんのコメントがあった
からこそ次も書こう、という気持ちになったのです。そして、makikoさんの思いを
みんなに知ってもらいたい、と切に感じたので、そのまま載せてしまいました!
(+は削除しました。)

2年前から、私、大学院で特別支援教育の勉強をしているのですが、今まで一番
印象に残った講義の内容が、「まずは自分」というものです。
(http://haykichi.blog89.fc2.com/blog-entry-112.html)
自分が焦っていたら人を助けられない、自分が病気だったら、他の人を助けたく
ても手を差し出せない、だから「まずは自分」をきちんと管理しましょう、という
ものでした。
「自分が不幸だったら、他の人を幸せにすることはできない。まずは
自分が幸せにならなくちゃ!」とも私は解釈しています。

makikoさんの今日のコメント、そしてブログを読ませていただいて、
makikoさんの周りにどんどん幸せオーラが広がって行くのを感じました。
読んでいて、私も幸せに感じます。見切り発進でも走り始めたmakikoさん、
ただただ「気持ちがいい」です。

罪悪感を持つのは日本人の特徴だそうです(これは今回、トラウマの
勉強をしているときに発見)。でも、うれしいことはうれしいって
素直に喜べるほうが、心にやさしいかな、と私は思います。
心がほんわかしたものを持てるのなら、人にもやさしくできる。
どんどん、その輪がmakikoさんを中心に、広がって行かれることを
イギリスからお祈りしています。

> 被災地の3回に渡ってのレポート おつかれさまでした
> そして ありがとうございました。
makikoさんのお言葉がなければ、1回で終わりになっていたかもしれな
かったのです。こちらこそ、勇気を、そして新たな気付きを私に
教えてくださったことに感謝です。ありがとうございます!

リンクですが、もちろんです!makikoさんの素敵なブログ、私も
是非、リンクを貼らせてください。
今後とも、よろしくお願いします。
  1. 2012/01/20(Fri) 04:54:45 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

とんびさん。

とんびさんの心にも伝わってよかった~。
こうして少しずつ広がって行くのが実感できて、本当にうれしいです。
わざわざコメントをくださってありがとうございます。

> 阪神淡路大震災から17年、今三宮駅や神戸は震災があったことが嘘のように復興しました。
> それでも私自身あの日の恐怖はいまだに消えることがないです。
そうでしょうね・・・17年経ったから忘れる、わけではないのですよね。
年月とは関係なく、人のころろに傷を植え付けてしまう震災・・・
多くの方がまだまだ胸にさまざまな思いを抱えていることと思います。

> 被災地に行って直接お手伝いができなくても、なにか心に添えることができないものかと
> 考えさせられました。
お互いに、できる範囲でできることをやっていけたらいいですね。
無理してしまっては続きませんものね。
コメントをありがとうございます。
  1. 2012/01/20(Fri) 04:59:27 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ねこなすさん。

> マスコミなどでは、被災者は何人と数字でしかあまり伝わってこない
そうなんです!それは私も感じました。もちろん、数を知ることも大切だと
思うのですが、実際にこの場所に足を運び、数ではなく、これが現実だ、という
ことを認識することがもっと大切なんだと感じました。
勝手にねこなすさんのお名前を登場させてしまい、ごめんなさい。
でもこうして日本から離れた異国で同じことに思いを馳せている方がいると
いうのは心強く、そして、とてもうれしいです。
地道ですが、一緒に踏ん張りましょう!(←がんばるよりもいい言葉ですね!)
コメント、ありがとうございます。
  1. 2012/01/20(Fri) 05:03:41 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

こうして、たくさんの言葉にまとめるのは、
大変だったろう、とお察しします。

今は、ほとんど報道されなくなってしまった、現地の様子。
知っても、あまりの被害に、どこから何をしていいのやら、立ちすくんでしまう自分がいます。
でも、できることをやればいいのですね。
それがたとえ、ごくわずかな、小さな支援であったとしても。

人は、希望があれば、生き抜いていける、と
思っています。
現実的な問題はさまざまあれど、希望があれば、
立ち向かっていける。
でも、それを見失ったとき、人は自らの命を絶ってしまうのではないか、とも思っているので、
現地の人には、「希望」のある支援を、これからも
していきたいと思います。

考える機会を与えてくださって、ありがとうございました。

PS・・・ヘイミッシュ君、お兄さんの前では、小さな子犬にかえっちゃうんですね。
三つ子の魂、百まで、って感じかしら^m^





  1. 2012/01/25(Wed) 08:10:26 |
  2. URL |
  3. かのん #-
  4. [ 編集 ]

haykichiさん

トルコでも昨年の10月に大きな地震があり、
日本人を含め多くの方が亡くなりました。
東北地方と同じく冬は雪深くなるところで、
テントで生活を余儀なくされてる方が大半なのに
3ヶ月たった今では殆どその後の被災地の報道がありません。

知らなければならない情報よりも、
知らなくてもいい情報の方が氾濫している世の中。
誰かに伝えて貰いたいと思っている人も多いはずです。

haykichiさんがこうして記事にされた事は
本当に意味のある事だと思います。

こうして親を残して海外に住んでいると、
日本へ戻りたいと後ろ髪を引かれる思いになることが
あの震災以降多くなりました。

日本人の頑張っている姿、日本を離れた者にとって
何よりも励みになります。


大好きな日本を応援していきたいですね。

  1. 2012/01/25(Wed) 18:30:15 |
  2. URL |
  3. hisosari #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

かのんさん。

言葉にするのって、本当に大変だと今回は、強く感じました。
でも、こうして共感してくださる方がいらっしゃるのなら、その人から
また何らかの情報が発信されればいいかな、と思っています。

希望というのは本当に必要です。
去年の大学院の課題で、「自殺」についてまとめたのですが、
希望を失った時がやはり大きな時になるんですね。

> 知っても、あまりの被害に、どこから何をしていいのやら、立ちすくんでしまう自分がいます。
> でも、できることをやればいいのですね。
> それがたとえ、ごくわずかな、小さな支援であったとしても。
本当にそう思います。できることを続けることが一番なのじゃないかと
思っています。

こちらこそ、読んでくださり、そしてかのんさんの思いを伝えてくださり
感謝しています。

P.S. ヘイミッシュはホント、子どもなんですよ~。ゴールデンは10歳くらいまで
子どもというので、あと8年はこんな感じです・・・。
  1. 2012/01/26(Thu) 07:27:38 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

hisosariさん。

私が学校でサポートしている子どもの一人にトルコ出身の子がいます。
その子はイギリスで生まれたのですが、御両親はトルコ出身。
10月の地震の時も、実家の方はどうなのか聞いたところ、親戚等は
誰もいないので大丈夫、と言っていました。
海外にいると、どうしても情報が限られてしまうため、もどかしく感じ
るのはみな、同じだと思いました。


> 知らなければならない情報よりも、
> 知らなくてもいい情報の方が氾濫している世の中。
> 誰かに伝えて貰いたいと思っている人も多いはずです。
本当にそう思います。
情報社会・・・便利である反面、私たちには知るべき情報が流れてこない。
便利さの弊害ですね。

私も震災以降、日本への思いが強くなりました。
あぁ、私、こんなに日本のことが好きなんだって。
被災地へ行き、地元の人とお話をし、さらにその思いが強くなりました。

ともに、応援していきましょうね。
  1. 2012/01/26(Thu) 07:36:32 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haykichi.blog89.fc2.com/tb.php/326-68997de7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。