「まる」ないちにち

:: admin ::: NewEntry ::
イギリスでの生活や仕事を通して、感じたことをつづっていきます。

   イギリスの小学校関係についての情報ブログは・・・「kayokoyamashita.com イギリスの学校 と シンセティックフォニックス」へ



 「食」について

:: 2012/03/20(Tue) ::

私のブログを読んでくださる方は、私がかなりの食いしん坊だということが分かってみえると思います。おいしいものを食べるのが大好き。私にとっては、珍しいものでなくても、高級食材を用いた料理でなくても、心のこもったものが一番のごちそう。そして、食を一緒にする人がいて、温かい食卓を一緒に囲むことができることが一番の幸せであり、贅沢なことだと思っています。

こう考えるようになったのは、いろいろとあります。
私の子ども時代は、決して豊かな生活ではなかったのですが、祖母が作る手作りの野菜を中心とした母の食事は、いつも温かかったことを覚えています。これが私の食のもとになっているのは間違いありません。

さて、それとは別に、「食卓」の大切さを感じたことが、大学時代にありました。心理学を勉強していた私なのですが、当時興味あったのが「非行少年」。少年院などに服役している少年の心理を勉強しているときに、偶然目にしたのが「彼らが描いた食卓の絵」。

大きなテーブルでカップヌードルを食べる自分。
食卓に並んでいるのは既製品の惣菜ばかり。
テレビを中心に一人でご飯を食べる少年。
目を吊り上げながらラーメンをすする子。

孤独な食卓が、少年たちの心を物語っているようでした。誰一人として、家族団欒の温かい絵を描く子がいなかったのです。この時に「食卓」というものが、いかに大切なのかを実感しました。

次に、友人に勧められて読んだ本に、かなりの衝撃を受けました。
「食品の裏側」



自分が手がけた食品添加物たっぷりの自慢の「ミートボール」を食べようとしている自分の子どもを見て、思わず、「食べるな!」と言ってしまった体験を持つ阿部さんは、元食品添加物トップセールスマン。彼がこの本で書いている「食品を買う時に、『あれ?』と不思議に思うことを感じてほしい」という言葉に「はっ」としたのです。
例えばしょうゆ。100円のモノもあれば500円のモノもある。何が違うのか。一度、スーパーで食品の裏側に記されている原材料を見て、私も唖然とし、それ以来、食材には気を付けるようになりました。
自分の舌・味覚を大切にしたいと思ったからです。

そして、イギリスへ来て、日本食って素晴らしいと、改めて感じたことも大きな理由。イギリス人に説明を求められても答えられないこともしばしばあったのも、日本食のよさに気がつくきっかけにもなりました。

ただ、最近はその日本食も既成の味が奪ってしまうのではないか。30年後には、既製品の味=和食となってしまうのではないか、危機感を感じることもあります。

何もインスタントのソースや調味料がいけない、と言っているわけではないので、そこは誤解しないでくださいね。インスタントには時間を短縮できる、手ごろな値段で買える、というメリットもあります。疲れているときなどは利用してもいいと思っています。私も何種類か焼きそばやパッタイなどのソースは常備していますし、インスタントラーメンも食べます!ただ、そこに何かを加えるようにして、既成の味=「自分の味」になってしまわないように努力はしています。

これが「食」について、自分が考えていること。意識するようになってから、不思議と風邪をひいたり寝込んだりすることがなくなったのです。元気そのもの。ありがたいことです。そして、rokisukeと一緒に「おいしい~、幸せ~」と食卓で言えることって最高の幸せだな~としみじみ感じます。
関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: 思ったこと・考えたこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:7
<<お誕生日おめでとう、自分。 | top | 居酒屋風夕ご飯>>


comment

自分の食生活について、ブログに書こうかな、と
思っていた矢先、
思っていることを、haykichiさんが、言葉にしてくださった、という感じがしました。

今は、「普通の」醤油、「普通の」味噌が売れないそうです。
特に味噌はだし入りが多くて、入ってないものを
見つける方が大変なくらい。

少年たちの絵にも、考えさせられてしまいますね。
わかる気もするんです。

わたしも、疲れている時は、インスタントや出来合いを
食べますし、それでいい、と思っています。
でも、時間はあるのに、その食生活を続けると、無気力になってしまって、
家は荒れ放題。

逆に、少量でも、お粗末でも、自分が作った食事を取ると、
命が喜ぶ、というか、とっても満足するようで、
家事も、きちんとこなす。

食べる、ということは、命を維持するための栄養補給以外にも、
大きな大きな役割があるんですよね、きっと。

言葉にまとめられない思いもまだまだあるので、いずれまた。

遅ればせながら・・・唐揚げ、おいしそうだ~!(^^)!

  1. 2012/03/20(Tue) 19:38:07 |
  2. URL |
  3. かのん #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

かのんさん。

私の記事を読み返してみると、何だか生意気なことを書いているな~と
感じましたが、こうして共感してくださる方がいてくれて、とてもうれしく
感じます。率直なご意見をありがとうございます。

かのんさんの言葉を、いちいち「え~?」「うんうん」と答えながら読ませて
いただきました。そうなんです。出来合いやインスタントばかりを続けていると
心までがそれに侵されてしまうような、そんな感じになります。

「命が喜ぶ」。まさにそうですよね。心が満足する=身体も満足するわけで、
心と体が繋がっていることの証明になりますよね。

私自身、料理研究家でも科学者でもないので、実際のところ、何も実証することは
できません。
でも、私自身、子どもの心と成長については、ずっと現場で見てきているので、
この「食卓の大切さ」に関しては、はっきりと言えます。
今は塾通いで夕食を一緒にしない子も多いと聞きます。夕食はコンビニのお弁当、
という子もいるそうです。
お勉強ができても、心の満足度はどのくらいなんだろう・・・とその子たちの将来が
心配です。また、そういう社会にしてしまっている私たち大人が、この現状を
変えていかなければ、この問題は解決しないともわかっています。大きな問題
ですね。

また、かのんさんのブログでもこの話題に関して拝見できるのを楽しみにして
います。
  1. 2012/03/21(Wed) 07:43:33 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。

以前、イギリスの学校にコメントさせて頂いたことがあります。

私も、食品の裏側持っています。
確か、その中に・・・自分で調理した食事も、調味料に含まれる添加物によって、
コンビニで買う調理済み食品と同じくらいの添加物摂取になると書かれていたような??
数年前のことなので、記憶が薄れていますが。。。

全てを無農薬、有機は不可能ですが、調味料だけでも、有機のものを選ぶようにしています。

いくら気を付けても、子供達は、自分で勝手にコンビニで色々と買って来ます。
何でも手に入る時代です。毎日のことなので、少しでも害の無いモノをと心がけていますが、
中々思うようにはいきません。
と言いながら、私のお菓子の作り過ぎが、一番ダメなのかも知れませんが。
  1. 2012/03/21(Wed) 23:22:28 |
  2. URL |
  3. ホワイトテラス #-
  4. [ 編集 ]

Hard way

先日、体調管理に関してお聞きした時、よく笑うこと、とお返事を頂きましたね。
「美味しい、幸せ~」と感じるのもそれと同じこと。
今年に入ってからの私には、それがなかったと、横になって、
白い天井を見ながら、反省していましたよ。
体験しないと学ばない、Hard wayですね。

加工品は、日本のほうが安くて便利な気がします。
英国に来てからは、一から料理することが多くなりました。
  1. 2012/03/21(Wed) 23:41:52 |
  2. URL |
  3. Mrs.B #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ホワイトテラスさん。

コメントありがとうございます。

調味料って実は、添加物の宝庫だということも、この「食品の裏側」で知りました。
それで初めて醤油にどうしてあんなに値段の差があるのかを知ったのです。

> 全てを無農薬、有機は不可能ですが、調味料だけでも、有機のものを選ぶようにしています。
確かに、本物の醤油やみりんなどを購入していたら、経済的にも大変だと
思います。私もホワイトテラスさん同様、調味料はなるべく気をつけています。
幸いなことに、我が家は和食が少ないので、やっていけるのかもしれないな、と
感じました。

> いくら気を付けても、子供達は、自分で勝手にコンビニで色々と買って来ます。
> 何でも手に入る時代です。毎日のことなので、少しでも害の無いモノをと心がけていますが、
> 中々思うようにはいきません。
そうですよね。でも、小さい時から「野菜の味」や「素材の味」に慣れる
ようになっていれば、いいのかな、と思っています。

> と言いながら、私のお菓子の作り過ぎが、一番ダメなのかも知れませんが。
何をおっしゃるんですか!手作りのお菓子に勝るものはありません!
私も今でも母が毎日、手作りのおやつを作って待っていてくれたのを覚えています。
そして、それが温かい食卓になるのですし、一石二鳥どころか、三鳥になって
いると思います!私もホワイトテラスさんの子どもになりたいです。ケーキ、
おいしそう・・・。
  1. 2012/03/22(Thu) 07:11:45 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

Re: Hard way

Mrs.Bさん。

そうですね。よく笑う、幸せを感じる。
これはとても大切だと思います。もともと心理学に興味があって勉強をして
きたのですが、最近は「ポジティブ・サイコロジー」なるものに
すっごく魅かれています。人ってやっぱりポジティブでいなくちゃ。
自然と笑顔になり、周りも気分よく過ごせるようになると思っています。

Mrs.Bさん、いろいろと忙しすぎるんですよ~。お子さんがいるとなかなか
ゆっくりとできないかもしれませんが、自分の時間を作って、ゆっくりと
してくださいね。

> 加工品は、日本のほうが安くて便利な気がします。
> 英国に来てからは、一から料理することが多くなりました。
同感です!日本は「これまで?」と思うものまでが加工食品として売られていて
驚いてしまいます。
ここでは作るしかないですものね・・・。
  1. 2012/03/22(Thu) 07:15:13 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

さらさん。

拍手にコメントをありがとうございます。
日々の生活に追われて、なかなか思うようにいかない
と思います。そんななか、私が一番大切にしたいな、と思うのが
「食卓」です。昔、「家族ゲーム」というドラマ?映画?で、
家族が一列に食事をしているシーンが印象に残っています。
食事にその家族が表れるんだな、と感じました。
できるときに、やれることをすればいいんですよ。無理してしまい、
それ自体が嫌になったら、元も子もないですものね。
  1. 2012/03/22(Thu) 07:21:21 |
  2. URL |
  3. haykichi #Lg2mhvRI
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haykichi.blog89.fc2.com/tb.php/356-14b79ec7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


11
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30