「まる」ないちにち

:: admin ::: NewEntry ::
イギリスでの生活や仕事を通して、感じたことをつづっていきます。

   イギリスの小学校関係についての情報ブログは・・・「kayokoyamashita.com イギリスの学校 と シンセティックフォニックス」へ



 スポンサーサイト

:: --/--/--(--) ::

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: スポンサー広告

 コッツウォルズの旅 1:Malmsbury マームズブリー

:: 2012/07/05(Thu) ::

先週末、日本からユミ子さんとヒロミさんが遊びに来てくださいました (その時のことはコチラから)。
私が住む街まで電車で来てくださったお二人を車に乗せて、ユミ子さんが行きたがっていたイギリス南西部にある Castle Combe (カースルクーム) に向けて出発!私は、ここ、以前、一度行ったことがあるのですが、ホントに小さな村でかわいいんですよ。

渋滞もなく思ったよりも早くナビが「目的地に到着」とアナウンス。
ん?おかしい。ここ Castle Combe じゃない・・・!

う~ん。よくわからないけど、とりあえず車をとめて、町の中を歩くことにしました。なんだかかわいい町。途中で雑貨屋さんに入って、素敵な本を購入 (また紹介しますね~)。その時に、お店のお姉さんに
「この町、来るともなしに来ちゃったんだけど、何ていう名前?」
と聞いたら、
「え~!?ここ、有名な町でいつも観光客でにぎわっているのよ~。」
と驚かれてしまいました (苦笑)。

この町、Malmesbury (マームズブリー) という名前で、880年にアルフレッド王に認められて作られたイギリスでも一番古い町だそうです。12世紀に完成した Abbey (アビー:大修道院、または修道院の一部だった教会大邸宅) は見ておかなくっちゃ!とアドバイスを受けました。この時知ったのですが、ユミ子さんは教会が昔から好きだそうで、この話を聞いて大興奮。

120629130121_DSC_7790.jpg
(*旅行の時には、まず、看板を最初に撮ることをお勧めします。あとから、どこの町だったのか、何を見たのかが簡単にわかります。)

120629130003_DSC_7787.jpg 120629130058_DSC_7789.jpg
全体の写真を撮ることができませんでしたが、とても大きな建物でした。でも、現存する部分は12世紀に完成したオリジナルの半分とか。一体、もともとはどれだけ大きかったのか。
12世紀といえば鎌倉時代が始まったころ。そんな昔にこの修道院ができたのね~と思うと、時代を感じますね。(私、世界史に詳しくないので、いつも日本の歴史に照らし合わせて時代を考えます:苦笑。)

中に入ると (無料です)、まず目を引くのがこの天井。細工がいたるところに施されていて、彫刻技術の素晴らしさにただ、ただ、溜息。建物の中心部分には大きな鏡が机の上に置いてあり、この天井の細工が見やすいようになっています。
120629130710_DSC_7792.jpg 120629131246_DSC_7800.jpg

見事としか言いようのない stained glass (ステンドグラス:英語ではステンドグラスと発音)
120629130759_DSC_7794.jpg 120629131140_DSC_7799.jpg

そして、もう一つの見どころは、600年前に作られた聖書。
120629131103_DSC_7797.jpg 120629131036_DSC_7796.jpg
私、以前、カリグラフィーを習っていたこともあり、こうした一つ一つ丁寧に書かれた書体 (これはゴシック体ですね) を見ると感動~。

そして、お土産物も発見。
私が一番に目に止まったのがコレ。The Guardian Angel (守護天使)
120629131847_DSC_7802.jpg
実は、私の家にも同じものがあるのです。
先代犬ロッキーが亡くなった時に、お隣の人がこれを窓にぶら下げておくと、ロッキーがいつでも帰ってくる道標になるのよ、と言ってくれたものなのです。まさか、ここで同じものを見るなんて思いもしなくて、これも何かロッキーが道案内をしてくれたような気になりました。

修道院内はボランティアの方がいらしゃって、質問すると丁寧に答えてくださいます。雰囲気もとてもいいんです。

町の中ももう少し見たかったのですが、次の村に行かなくてはいけないので、名残惜しいのですがこの町を後にしました。ユミ子さんもヒロミさんも喜んでくださったので、それが何より。偶然辿り着いた町だったけれど、来るべくして来たのかな~なんて感じました。
次回は Castle Combe について。
関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: 行ってみました
  2. | trackback:1
  3. | comment:0
<<コッツウォルズの旅 2: Castle Combe カースルクーム | top | 学年末>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haykichi.blog89.fc2.com/tb.php/432-0fe035b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【コッツウォルズの旅 1:Malmsbury マームズブリー】

先週末、日本からユミ子さんとヒロミさんが遊びに来てくださいました (その時のことはコチラから)。私が住む街まで電車で来てくださったお二人を車に乗せて、ユミ子さんが行きたがっ...
  1. 2012/07/06(Fri) 16:30:21 |
  2. まとめwoネタ速neo


06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。