「まる」ないちにち

:: admin ::: NewEntry ::
イギリスでの生活や仕事を通して、感じたことをつづっていきます。

   イギリスの小学校関係についての情報ブログは・・・「kayokoyamashita.com イギリスの学校 と シンセティックフォニックス」へ



 コッツウォルズの旅 3: Lacock レイコック

:: 2012/07/07(Sat) ::

心が温まる思いのまま (こちらからどうぞ)、次の村、Lacock レイコックへ向かいました。ここは、私が前から行きたかったところなので、ユミ子さんとヒロミさんにはお付き合いいただく形となりました。

ただ、時間もほとんどなく、この村に到着した時には、1時間後には駐車場が施錠されるとのことで、本当に駆け足で見ることとしました。

レイコックは中世期から18世紀までに建造された建物の趣をそのまま残した村で、ほとんどが National Trust (ナショナルトラスト) が管理をしているそうです。この村の美しさから、1995 年には、BBC で Pride and Prejudice (プライドと偏見)にロケ地として使用されています。最近では、Harry Potter (ハリーポッター) の賢者の石 (第1巻) や謎のプリンス (第6巻) でも使われたそうです。

120629165027_DSC_7846.jpg 120629164847_DSC_7843.jpg
120629164129_DSC_7837.jpg 120629164810_DSC_7842.jpg 120629164905_DSC_7844.jpg

残念なのが、Lacock Abbey (レイコックアビー) が5時半までしか開いていないため、村の中を見る時間がなく、急いでアビーへ。

ここの見どころは、この厳かな回廊。
この画像を見て、「あ!」と思われた方・・・
120629170658_DSC_7854.jpg 120629170910_DSC_7856.jpg
120629170304_DSC_7853.jpg 120629171018_DSC_7859.jpg

・・・かなりのハリーポッター通ですね (笑)。
120629170936_DSC_7857.jpg harry potter
(右:ユミ子さんのブログから拝借)

時間がなかったため、この回廊以外の場所は見ることができませんでした。ここへ行こうと思われる方、4時15分までに入らないと、アビーの中は見学できませんので、ご注意を。

外観はこんな感じの建物です。
美しい・・・。
120629170223_DSC_7852.jpg 120629171901_DSC_7867.jpg

ボタニカル・ガーデン。
120629172449_DSC_7875.jpg 120629172805_DSC_7885.jpg

妙に私のツボを押さえた Beehive (ビーハイブ:ハチの巣箱)。
120629172548_DSC_7878.jpg 120629172529_DSC_7876.jpg

6月の花が咲き乱れるちょうどいい季節だったこともあり、どこを見ても「はぁ~。美しい~」と、溜息が洩れます。
一日目のコッツウォルズの旅はこれでおしまい。
関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: 行ってみました
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<今後の原発に関して、パブコメ募集中 | top | コッツウォルズの旅 2: Castle Combe カースルクーム>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haykichi.blog89.fc2.com/tb.php/434-0f3ec711
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


11
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30