「まる」ないちにち

:: admin ::: NewEntry ::
イギリスでの生活や仕事を通して、感じたことをつづっていきます。

   イギリスの小学校関係についての情報ブログは・・・「kayokoyamashita.com イギリスの学校 と シンセティックフォニックス」へ



 渡英14年経って思うこと。

:: 2012/07/19(Thu) ::

7月18日は、私がイギリスへ来た日。
昨年のブログでも書きましたね(⇒こちらです)。

昨年の今日、『14年目はどんな一年になるんだろう』って考えていました。この言葉、今日まで、ことあるごとに思い出していたのです。こう思うことで、一日一日を無駄にできないなって思えるようになりました。


14年目は私にとって大きな大きな1年となりました。
それは、「大学院の勉強が無事に終わった」から。もちろん、学業的に成し得たことは大きいのですが、それ以上に私に勇気と「やればできる」という自信を得ることができたからです。今まで以上に自分のことを大切に思えるようになったし、より好きになれました。

そして、何よりも旦那の rokisuke や家族、友人のサポートと、ブログを通して見知らない方からのコメントが1年間、私の心の支えになっていました。

そう考えると、この一年はみんなに支えられた1年だったな、と思うのです。だからこそ、渡英15年目は、今度は私がいろいろな人を支えていけるようになりたい。それは子どもだけでなく、家族もそうだし友人もそう。そして、主にいろいろな面で私の周りにいる「お母さん」をサポートしていけたら、と思います。
それが回りに回って世界中の子どもたちに笑顔をもたらすきっかけになるのではないかと思うのです。

私が大好きな Mr. Children もこんな歌を歌っています。

なんてことのない作業が この世界を回り回って
何処の誰かも知らない人の笑い声を作ってゆく

(『彩り』より)





そう言えば。大学院に行こうと思った動機 (コチラから) も。
非常に単純ですが、Mr. Children の歌 "Gift" が私の背中を押してくれたのです。
この歌のプロモーションの終わりの方で、子どもが

「できた!」

という声を出すのですが、この声、この言葉に、とにかく胸を打たれたのです。これが子どもなんだって。



このプロモの5分00秒のところ!

上手に言えないけれど、子どものこういう声ってかけがえのないものだと思います。
こういう声や言葉を全ての子どもたちが自然に発することができるような、そんな社会にしていきたい。
子どもが幸せになるためにはお母さんに幸せになってもらいたい。
お母さんの幸せは子どもの幸せ。
みんなで幸せになろう。
みんなで笑顔になろう。
まずは自分のできる範囲で。
イギリス生活、15年目に突入です。


にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

『辛』と『幸』の漢字って似ていますね。
辛いことを乗り越えれば幸せになれるのかな。

辛さゆえに死を選ぶこともある。幸せなんて考えられないほどの辛さ。
大津の中学生の自殺・・・
無責任な大人たち。同じ教育者として、ここしばらく腹が立つやら、悲しいやら、悔しいやら・・・。
加害者の少年たち。ここまで人を死に追いやってしまう子どもに誰がしたんだろう・・・。彼らの心はどうなっているんだろう・・・。この子たちも『社会』の被害者でもあるように私には思えます。
胸が痛む辛い事件です。
関連記事
スポンサーサイト
  1. Category: 思ったこと・考えたこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
<<ブロニカで撮った写真 | top | Nikon F4s で撮った写真>>


comment

こんばんは♪
「お母さん」のサポート、実は私も第二の人生というのかしら
リタイア後そうゆう事をしたいと思っていました。
私は娘が5歳、8歳の時から一人親でやって来たもので、
働くお母さん(一人親に限らず)とそのこども達をサポート出来たらと。。。
ところがそう言った方面にキャリアもノウハウもなく、
少しは動いてみたものの挫折もあり未だに出来ておりません。
最近は自分らしく自然にしていればその内何か遠巻きにでも
そんな事に繋がる事に巡り会えるかも?
と言うスタンスに変わりました。(笑)

今起きているいろいろな悲しい事早くなくなりますように。
私も上手く言葉にできませんがこどもは未来です。
未来を育てるのは両親、特に母親の力が大きいと思います。
お母さんはいつも笑顔でいなくちゃ、でもそれってとても大変。

haykichiさんのお考え、賛同します。
そしてhaykichiさんならきっといろいろ出来ると思います。
期待しちゃいます。(*゚∀゚*)

  1. 2012/07/20(Fri) 22:02:18 |
  2. URL |
  3. marie*0 #q0X3UPlY
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

marie*oさん。

コメント、ありがとうございます。

> 働くお母さん(一人親に限らず)とそのこども達をサポート出来たらと。。。
> ところがそう言った方面にキャリアもノウハウもなく、
> 少しは動いてみたものの挫折もあり未だに出来ておりません。
すごい!ちゃんと行動に移されたんですね!
ただ日本では、まだまだその方面に開かれていないから、挫折されたとのこと、
分かる気がします。自分が動くだけでなく、やはり知識や法律関係なども必要に
なってくるので、本当に大変だと思います。

> 最近は自分らしく自然にしていればその内何か遠巻きにでも
> そんな事に繋がる事に巡り会えるかも?
> と言うスタンスに変わりました。(笑)
私もそう思います。そして、その時になれば、自然と何かが起こると思います。

> 今起きているいろいろな悲しい事早くなくなりますように。
> 私も上手く言葉にできませんがこどもは未来です。
> 未来を育てるのは両親、特に母親の力が大きいと思います。
> お母さんはいつも笑顔でいなくちゃ、でもそれってとても大変。
そう!まさにそう!
子どもは未来。未来は子どもが作る。その子どもを作るのが大人。
そして、お母さんの力なんですよね。そのお母さんに笑顔になって
ほしいなぁ、と切に感じます。

> そしてhaykichiさんならきっといろいろ出来ると思います。
> 期待しちゃいます。(*゚∀゚*)
いや・・・。私、そんな力ないので(笑)、私ができることを
少しずつタネをまいていこうと思っています。まずお母さんたちに
「子どもさんを褒めてくださいね」ということを言うことを意識
していきたいです。
  1. 2012/07/23(Mon) 07:10:21 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

できた!の声を発見されたのって
すごいことだなって思っています。
私は教えていただいていてもうまく聞き取れなかった^^;
You always smile.のhaykichiさんだからこその
視点ですね。
これからの未来にどんなふうにかかわっていくのがいいのかということを一生懸命に考えておられて
そして 進んでおられるのですね。
私たちの思いや行動 その一つ一つが必ず世界へと広がっているのですから、その責任の大きさをもっと必死に考えなければいけません。
どんな小さなことでも 一つ吐く息でさえ 広がるのだと気付いて 考えること行動すること
もう一度しっかり考えたいと思います。
子供をほめる 周囲の人をほめる
その前に きっと自分を褒めることが必要なのですね。
自分をほめることができるようにするということは
一生懸命に生きることでしょう
そんな姿を いつもhaykichiさんの所から見せていただけているのですから
もっと真剣に感じ取ろうと思いました。
  
この世界を回り回って
何処の誰かも知らない人の笑い声を作ってゆく

のが それぞれの笑顔 なのではないかしらと
Mr. Children の歌詞を教えていただいて感じました。

いっぱいいっぱい 気付きをいただきました。
ありがとうございます。
  1. 2012/07/24(Tue) 16:30:58 |
  2. URL |
  3. ぽけっと87 #X.Av9vec
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ぽけっとさん。

> できた!の声を発見されたのって
> すごいことだなって思っています。
> 私は教えていただいていてもうまく聞き取れなかった^^;
本当ですか?あら。私、初めてこれを聞いたときに、この声が一番印象に
残ったくらい、耳に飛び込んできたんです。多分、子どもの高い声に
耳慣れているからでしょうね。

このブログを始めたころから「丁寧に暮らしたい」と思うようになりました。
私の言う丁寧というのは自分自身を好きになって、何十年も先の自分が元気で
いられるための生活をすることなんです。

自分のことを大切にできるようになれば、他の人へも思いやりやいたわりの気持ちを
もてるようになると実感できるようになりました。
教科書ではなく自分が経験したことを子どもたちに教え伝えていきたい。

でも、私一人の力では限度があります。
だからこそ、お母さんの力が必要なんです。
どの子どももお母さんが一番なんです。そのお母さんがハッピーなら子どもも
自然と笑顔になれるというのが、私の考え。
それを何とか形にできないかな~と思い始めたところなんです。

何年かかるかわからないし、何十年かもしれない。一生無理かもしれません。
でも、その思いはずっと抱いていきたいのです。
そうすることで誰かに影響を与えることができるかもしれないから。
そこから広がって行くかもしれないから。
大人が子どもに責任もって未来を手渡さないと!と思っています。

だから自分はいつも笑顔でいたいと思います。そのために、まずは自分を
たくさん褒めてあげたいと思っています。

実はぽけっとさんからの影響も大なんですよ。丁寧な言葉、物との接し方、
私が持っていないものをたくさん持っている素敵なぽけっとさん。
うれしいコメントをありがとうございます!
  1. 2012/07/25(Wed) 06:47:37 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haykichi.blog89.fc2.com/tb.php/448-0733d72e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


03
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30
31