「まる」ないちにち

:: admin ::: NewEntry ::
イギリスでの生活や仕事を通して、感じたことをつづっていきます。

   イギリスの小学校関係についての情報ブログは・・・「kayokoyamashita.com イギリスの学校 と シンセティックフォニックス」へ



 スポンサーサイト

:: --/--/--(--) ::

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: スポンサー広告

 「懲役20年、発達障害 求刑超す判決」について(3)

:: 2012/08/12(Sun) ::

 「懲役20年、発達障害 求刑超す判決」について (1)(2) の続きです。

 前回のアスペルガー症候群について私なりになるべくわかってもらえるようにがんばってまとめた記事に、コメントをくださったみなさん、ありがとうございます。ちょっとでも「アスペルガー症候群」や「自閉症」を知るきっかけになれたようでうれしいです。
 その中でアスペルガー症候群を持つ当事者の 彩ますみ (MASUMI) さんがコメントをくださいました。当事者の声を聞くことってやっぱり大切。彩ますみ (MASUMI) さんの思いを読んで、初めて「そうなんだ」「なるほど」と思われることがたくさんあると思いますので、ぜひ読んでみてください。
line8_20120225033358.gif
 さて、今回は「アスペルガー症候群」という言葉に焦点を当てて、この判決についての私の考えや思いを綴っていきたいと思います。
 
(1) どれだけの人が「アスペルガー症候群」について知っていたのか、または知ろうとしていたのか。

 今回の裁判で私が一番疑問に思ったのが、裁判官や弁護士を含め、誰がこの障害についての知識を持っていたのか、ということです。人を裁くプロの裁判官や被告人の正当な利益を保護する弁護人が、アスペルガー症候群についての知識を持ち合わせていたのか疑問に感じます。

 また、裁判員制度にも、疑問を抱いてしまいました。今まで、裁判員制度には正直、あまり関心を持っていませんでした。しかし、今回のこの裁判で「民意」の結果ということがどうにも引っ掛かってしまい、ずっともやもやした状態でした。

 たまたま裁判員制度について知る機会があり、納得。みなさん、裁判員がどうやって裁判にかかわるか知っていますか?私は、裁判の事前に裁判員を務める人宛に「○○裁判についての裁判員をつとめてください」という連絡があると思っていましたが、実はそうでないことを最近知りました。

 裁判員候補者は裁判所から「○月○日にXX裁判所へ来てください」という通知を受け取ったら、指定された日に指定された裁判所へ赴きます。そこには何十人もの「通知を受けた候補者」が来ており、くじ引きで裁判員5~6人が選出され、そこで初めて裁判員が決定するのです。そして、そのまま午後の裁判に出席するとのこと。私、この制度のことを全く知らなかったので、これを聞いて唖然としてしまいました。
 今回の裁判も同じく、くじ引きで選出された人は「アスペルガー症候群」が何なのか、どんな特性を持っているのか、何も知らないまま裁判に出席し、裁判員として「判決をくだした」のでしょう。

 もしも裁判員に「アスペルガー症候群って何だろう?」と自分なりに調べる時間があったら、今回と同じような判決になっていたでしょうか。調べる機会もないまま「アスペルガー症候群」って何だかわからないけれど、危なそう・・・それで判決をくだしていいのでしょうか。それが「民意」なんでしょうか。
  また、どれだけの説明が裁判員にされていたのかが気になります。もしかしたらこの裁判員の中にも、アスペルガー症候群について調べてみたい、と思った人がいるのかもしれません。でも、それも反映されない裁判が民意によるものなんでしょうか。(残念ながら、どんな話し合いがなされたかは一切公言してはいけないことになっているため、事実を知ることはないのが残念です。)

*参考資料*TBSラジオ Dig 「裁判員経験者が語る制度の実情と課題」 (2012年8月8日放送)

(2) アスペルガー症候群だから再犯するのか。

 この判決文ではまるで「アスペルガー症候群だから再犯する」かのように受け止められます。
 平成23年度犯罪白書によれば、再犯者率は全体で 42.7 % (平成22年度) となっています。アスペルガー症候群や他の障害を持っていない、いわゆる健常者でも約半分の人が再犯するということです。
 じゃ、アスペルガー症候群を持っている人の再犯率はどうなんでしょう?
 残念ながら、アスペルガー症候群や自閉症をもった人の犯罪率/再犯率に関しては、いろいろと文献や統計を探してみましたが、見つけることができませんでした。もう少し探してみたいと思っていますが、資料が見つからないということは、逆に言えば、犯罪率が少ないということにもなるのではないでしょうか (飛躍しすぎ?)。

 また、「アスペルガー症候群だから」と、ひとくくりにするのもどうなんでしょう?前回もお話ししたように、人それぞれ持っている特性が違うのです。
 「日本人だから」「OO県の人だから」「A型だから」「山羊座だから」と言って、みんな同じ性質で思考パターンも同じでしょうか?違いますよね。アスペルガー症候群の人も、それぞれ「個」があるのです。アスペルガー症候群を持つ人は、年齢が上がるにつれてその子の個性が強く出てくるようになり、「アスペルガー症候群」という特質はどちらかというと、減ってくるそうです。しかし、この求刑をみると、「アスペルガー症候群」ということだけで判決がくだされたような気がしてなりません。

 レオナルド・ダ・ヴィンチ、エジソン、アインシュタイン、ビル・ゲイツ・・・いわゆる「天才」と言われる偉人たち。彼らも「アスペルガー症候群」を持っていたと言われています。ビル・ゲイツに対して、「アスペルガー症候群を持っているから危ない」と誰が言うでしょうか。「○○だから」とひとくくりにしてもいいのでしょうか。


(3) 「長期間内省を深めることが社会秩序のため」?

 社会秩序って何?再犯するかどうかも分からないのに、社会秩序のために刑務所に閉じ込めておくって、一体、何なんでしょう?一人の子に執拗な暴力をふるっている健常児が普通に学校へ通うことは社会秩序を乱すことにはならないのでしょうか。一体、この裁判での「社会秩序」は何を意味するのでしょう。判決文を読めないのが残念でなりません。 

 そして、「長期間内省を深める」という本意がわかりません。

 ・視力が弱い人に「この本、ためになるから読んでごらん」活字の小さい本をメガネなしで渡すこと。
 ・聴力の弱い人に「素晴らしい言葉があるから」と、ぼそぼそと小さい声で話しかけること。
これって、どれくらい意味があることでしょう?
 メガネや補聴器があって、初めて本を読んだり、説教を聞くことができるのです。大東被告も同じです。
 大東被告に「長期間内省を深めること」が必要であっても、彼にとってわかりやすい方法でその機会を与えなければ、何の意味もありません。前回書いたように、アスペルガー症候群を持っている人は、人との相互作用に関する問題があると言われています。また全体像をとらえることも難しいとも言われています。
 物事の全体像をうまくとらえられない人に「自分がしたことを反省しなさい」と言うだけで、どれだけ内省できるのでしょうか。ただ、刑務所に入れておくことが内省を深めることになるのでしょうか?

 私たちが生活している社会では、
 - 視力の弱い人には、弱いところをカバーするためにメガネ
 - 聴力の弱い人には、弱いところをカバーするために補聴器
 - 足の不自由な人には、不自由なところをカバーするために車いす 
 を用意します。
 では、人とうまく関わることが難しい人には、難しい部分をカバーするために何を用意しているのでしょう。社会が弱いところをカバーできるものを何も用意しないで、求刑を超す判決にするのはおかしいと思うのです。受け皿が用意されていないのは大東被告の責任ではないですよね、社会の責任なんです。
 大東被告に更生できるような機会や場所、支援を与えずにどうやって「長期間内省を深め」させるのでしょうか。

sozai

 書きだしたら止まらなくなってしまうくらい、今回の判決には思うことがたくさんあります。実際、この判決は問題になっているようですね (8月3日付南日本新聞社8月4日付中日新聞)。今後の動向をマスコミもメディアも追ってほしいと思います。


 私自身、発達障害に限らず、さまざまな障害を 100% 理解することは難しいと思っています。また、障害を持った子どもたちと関わり、そして大学院で特別支援教育を学んだ私でも、(語弊のある言い方をしてしまいますが) 彼らの気持ちを100%「理解」することはできません。だって、私は当事者ではありませんから。ですが、その障害の特性を理解し、辛い・苦しい気持ちを持っていることを理解しようと努力 (共感) はしているつもりです。アスペルガー症候群だから、ADHDだから、LDだから・・・ではなく、その子一人ひとりに必要な支援をしようと常に努力をしているつもりです。その際、各障害の持つ特性を知っていれば、どんな支援をしたらいいのか役に立つのです。


 目に見える障害を持っている人にはさまざまな支援 (物も含め) が用意されています。
 学校を例にすると、足の不自由な子には車いすでも教室にアクセスできるようにします。弱視の子がいれば、教室の前の方に座らせたり、文字を大きく書いたりします。

 では、目に見えない障害を持っている子には?
 ・
 ・
 ・
 すぐに答えがあがらないですよね。でも、彼らにも同じように支援が必要なのです。メガネや補聴器や車いすのような道具と同じように、「人」が目に見えない障害を持っている人の弱いところをカバーする「道具」になればいいんです。

 残念ながら、こういった支援はまだまだ少ないのが現状。だったら、私がそれになろう、そう思っているのです。そして、ここで情報を発信していくことも、ひとつの支援になるのではないかと思っています。
関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: 思ったこと・考えたこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:3
<<Castell Coch:カステル コッホ - 赤いお城 | top | 「懲役20年、発達障害 求刑超す判決」について(2):アスペルガー症候群とは?>>


comment

頭の中で考えるばかりでいつも遅いコメントごめんなさい。
彩ますみさんのコメントを読みました。
「無理解が悲劇を招いたんです」という言葉が心に残り痛いです。
目に見えない障害をもっている子に対する支援が早急に必要です。ただ難しいことも事実です。
今回、haykichiさんが発信してくださって、多くの方が何かを感じました。
私もその一人、微力ですがこれを続けていくこと、自分にできることから探ってみたいと思いました。
  1. 2012/08/13(Mon) 11:34:46 |
  2. URL |
  3. ぶんぶん #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/08/13(Mon) 17:18:27 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます

ぶんぶんさん。

こうしてコメントを残してくださる・・・いいえ、考えてくださる
だけでもありがたいのに、ごめんなさい、なんておっしゃらないで
くださいね。

> 目に見えない障害をもっている子に対する支援が早急に必要です。ただ難しいことも事実です。
そうなんです。難しいんです。今日始まって来年には定着するなんて
ことは無理なんです。だけれど、常にだれかが発信し、それを
受け取ってくれる人がいるのなら、少しずつ広がっていくのでは
ないかと信じています。

> 今回、haykichiさんが発信してくださって、多くの方が何かを感じました。
> 私もその一人、微力ですがこれを続けていくこと、自分にできることから探ってみたいと思いました。
とてもうれしいコメントです。自分にできることというのが一番の
キーワードですよね。無理しないでできることを、みんながしていけたらいいな。


鍵コメさん。

私も鍵コメさんの思いに強く心打たれました。こちらこそ、
私のブログにご訪問くださったこと、そして、こうしてコメントを
残してくださったことがうれしいです。
お互い、一緒にがんばりましょうね。
  1. 2012/08/14(Tue) 00:56:04 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haykichi.blog89.fc2.com/tb.php/465-8cc15d30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。