「まる」ないちにち

:: admin ::: NewEntry ::
イギリスでの生活や仕事を通して、感じたことをつづっていきます。

   イギリスの小学校関係についての情報ブログは・・・「kayokoyamashita.com イギリスの学校 と シンセティックフォニックス」へ



 スポンサーサイト

:: --/--/--(--) ::

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: スポンサー広告

 時間を上手に使う=自分のことが好きになれる

:: 2012/08/21(Tue) ::

私は昔から時間の使い方が下手です。
高校に入ったころ、父にも時間をもっとうまく使いなさい、と手紙をもらったこともあります ("親に手紙を書いてもらい、最終日にそれを読む"という高校一年生の時の合宿の一環です。わざわざ手紙をくれる父ではありませんので・・・)。

日本で教員をしていた時も、帰宅は夜中。その割には仕事もはかどっていなかった。でも、それは「仕事量が多いから」「忙しいから」といつも言い訳をしていました。

イギリスへ来てからも、いつも時間がない!と言っていました。仕事をしているしていないに限らず・・・です。前日までにできることも、当日の朝になってあわてて用意するとか、いつも時間に追われて家事をこなすとか・・・。
時間をどう使うか・・・ということをあまり意識していなかったようです。高校生以来、"私は時間の使い方が下手なんだ"・・・と思いつつも、自分自身を変えることもなくだらだらときてしまっていました。
だらだら
いや、ヘイミッシュ、それは「ごろごろ」です。


2010年に大学院へ通い出して、私の時間に対する意識が変わりました。
仕事をしながらのパートタイムの学生で、長時間ドライブで通学・・・。論文を読む量も書く量も半端でなく、どうにも時間をやりくりできないと、最初は思ったんです。

が。このブログでも数回書いていますが、ある先生との出会いによって、私の時間に対する意識が変わったんです。

女性の先生で、芯のある人。assertive (アサーティブ:自分の意見をしっかりと主張すること) という言葉が好きだとおっしゃってみえるくらい、とても強い人。でも授業は生徒一人一人をきちんと見ていて、毎回生徒の名前を呼んでくださり、必ず褒めてくださる先生でした。温かい授業の中にも凛としたものがある・・・逆かな・・・ピンと背筋が伸びるような授業の中でほっとするオアシスがあるような・・・とにかく、大好きな授業でした。

この先生の授業はたった5回しかなかったのですが、3年間の大学院生活はこの先生に出会うためのものだったと言っても過言でないほど、本当にたくさんのことを学びました。その中の一つが「自分を大切にする」だったんです。

特別支援教育の学科でなぜこのテーマ?と思いますよね。私も思いました (苦笑)。が、この先生の考えのベースになっているのが「自分を大切にしなければ、人を大切にできない」ということなのです。 (2011年3月のブログ「まずは自分」のお話をしてくださったのも、この先生です。よろしければ、そちらも読んでみてください。)

自分を大切にするには、「一日30分、自分のために自分の時間を取ること」がその第一歩だそうです。
具体的には、
毎朝、今よりも30分早く起きる
次に
今日、何をするのか箇条書きする
そして、
自分のために運動する

この3つを行いましょう、ということ。

そして、生活目標を立てる。その際具体的に「何をするのか」を書くこと。

先生、いろいろな例を出してくださいましたが、ある一人の生徒さんのことが印象に残っているので、ここで紹介しますね。

その生徒さん、小学校の教頭先生。ある程度仕事もできるし、生活も悪くはない。でも自分のことが好きでない。なぜなら、太っているから。
どんなダイエットをしても痩せない⇒自分は無理だと思う⇒自分のことが嫌になる⇒あきらめる・・・
の繰り返し。この先生の講義を聞き、彼女、再度「痩せる」目標を立てたそうです。
でも具体的に何をしていいかわからなかったので、この大学院の先生に相談したところ、
上の3つのことを行いつつ、痩せるためにコーヒーの代わりに水を飲むという具体的目標を立てました。(砂糖とミルクをたくさん入れたコーヒーを一日10杯飲んでいたそうです!)

半年後にはぐぐっとスリムになり (体重40kg減!)、「自分」に自信が持て、何よりも自分のことが好きになれたそうで、その後の生活がより充実したものになったとか。毎朝30分の早起きの実践によって、時間を上手に使えるようになり、仕事でもそれが活かせるようになったそうです。この方曰く「コーヒーの代わりに水を飲むという無理のない具体的な実践」がよかったそうです。



このお話し以降しばらくは「へ~」と思うだけで、何も実践していなかったのですが、ある日、私も「朝30分早起きする」を始めました。そして5分使ってその日一日何をするのか考え、やらなければいけないことを優先順位をつけて書きだし、その後20~30分、ヘイミッシュとジョギング。

それまでは一日8時間寝ないと体がだるい・・・と言っていたのに、今は7時間睡眠でも十分体が動きます (毎日、一時間も時間に余裕が生まれました)!そして、一日の予定を立てることで無駄のない時間配分ができるようになってきました。ヘイミッシュとのジョギングを続けることで、飽きっぽい私が「継続」できることに驚き、自分を褒めてあげることができるようになりました。ヘイミッシュとの bonding (ボンディング:結びつき・絆) も強くなってきたという副産物も。結果として自分のことが好きになれるようになってきました。

好き1
そうか。それは私もうれしいよ!


このブログにコメントをくださる方の中で「haykichi さんは時間の使い方が上手ですね」なんておっしゃってくださる方も何人かいらっしゃるのですが、私、時間の使い方が決して上手ではありません。でも一日の予定を立てることで、見通しが立つようになり、急に何かが起きた時にも「何を優先して行えばいいのか」が分かっているのであわてないで済むようになりました。そうなると、余裕が生まれるんです。
余裕ができる⇒おっとりと構えることができる⇒穏やかになれる⇒イライラしない⇒人に当たらない⇒自分のことが好きになる⇒人にも優しくできる・・・というプラスの矢印が生まれるんですね~。 

大学院の勉強が忙しい時だからこそ、これを実践することで何とか乗り切れたのかもしれません。もちろん、もっともっと上手に時間を使えるようになりたいと思うのですが、今までの自分と比べたら (←他人とは比べない!)、ものすごい成長。えらいぞ、haykichi!

自分を大切にすること=時間を上手に使う=自分のことが好きになれる」・・・とても大切なことを教えてくださった先生に心から感謝です。
関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: 思ったこと・考えたこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:8
<<夏休み中にしたいこと | top | 野菜スープとパン>>


comment

素敵な先生に出会いましたね。
自分の人生を振り返ると、誰でも大切な出会いがあったことに気づきます。無意識に何かに導かれているような。
私は前にも書きましたが、最初からhaykichiさんって芯がある人だなあと思ってましたよ。先生と似ているところがあるのかもしれませんね。
私は子供のころから自分に自信が持てなくて、悩んだ時期があります。そこから抜け出せたのは、自分が自分を認めてあげようと思えたからです。
ありのままの自分を認めてあげたら、だんだん自分が好きになりました。
苦しい体験でしたが、それを乗り越えて今があります。人のために、まずは自分を大切にです。




  1. 2012/08/21(Tue) 13:35:07 |
  2. URL |
  3. ぶんぶん #-
  4. [ 編集 ]

時間の秘密

MoMoの本を知ってますか?
私は幼稚園児の時に映画を見て、大学生の時に必須課題として感想文を書きました。
なので不思議と子どもの頃から時間というイメージの中にmomoとカメと黒い男が存在し、自分のバランスが崩れると必然的にこの本を読み返してヒントを得ます。
haykichiさんの言葉にハッとして、自分は自分のことを好きでいれるように努力しているんだなーなんて思ってしまいました。自分を褒めること、忘れないようにしたいものです。
  1. 2012/08/21(Tue) 17:37:14 |
  2. URL |
  3. レイカ #-
  4. [ 編集 ]

私、

子供のころからずっと、自分がイヤで仕方ありませんでした。
なんで自分はこの自分なんだろう?って。
それが変化したのは20代後半。
自分が頼れる人になって、自分は自分でいいんだと気付いて、人生が楽しくなりました。

友人であり私のドライビングインストラクターである、F氏がいいました。
「人も車もサプライズが嫌いだよ、だから計画立てて何でも行動するといい」
先を見越して行動することで、パニックにならず、うまく物事に対応できるのだなと学びました。
  1. 2012/08/21(Tue) 18:12:10 |
  2. URL |
  3. Mrs.B #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは〜★
アサーティヴであることは、犬の躾にも導入されてますよね。犬が迷うことのない導き方をすること=assertive
時間の使い方が分かると本当に充実しますね。でも、この国に来て以来、一日が計画通りに行かないことがあまりにも多くて、時間を無駄にしなければならないこと続きました。。。
他力によって、大きく計画が変わってしまう。。。だから、ヴァーサタイル(versatile)にならなくてはと努力してますが、性格的になかなか難しいです。
痛い病気を抱え込みながら、専門医に会えるまで2ヶ月〜半年って、なかなか楽天的になれません。。。
今日は朝からネットの繋がりが悪くて、WiFiで繋いでいるせいか、とってもNegative です。。。(-_-;)
  1. 2012/08/21(Tue) 19:42:43 |
  2. URL |
  3. B&J #aRTWBpno
  4. [ 編集 ]

時間の使い方って、あらゆる人にとっての、永遠のテーマのような気がします。
時間は、どんな人にも平等に与えられているけど、その使い方次第で、
充実することもあればそうでない場合も、多々ありますね。
仕事柄、拘束時間が長い日もあるし、いろんな人との関わりで成し遂げられることでもあるので、
どんなに自分が頑張っても、自分の思いだけでは物事が進まないことも多いです。
だから、計画通りや時間通りに物事が進まなくても、あまり気にしなくなりました。
起きたことに柔軟に対応できる気持ちのほうが大事だから、結果オーライなら、それでいい、
と思うようにしています。
そういう性格だからかどうかは分かりませんが、子どもの頃から、自分のことを嫌いとか、自分を好きになるとかを、考えたことがないのです。
どうあがいても、自分は自分。
好きになろうが嫌いになろうが、ここに存在するのは自分自身でしかないわけで、ただそれだけのことだと思えば、窮屈な思いもしなくて済む気がします。
でもこれって変?
  1. 2012/08/21(Tue) 21:25:33 |
  2. URL |
  3. ecru #S2eFIt1.
  4. [ 編集 ]

時間

ぶんぶんさん。

"一期一会" というのは、私の一番好きな言葉。いつどこでどんな大切な
出会いがあるかわかりませんね、人生って。

私のことを"芯がある"と言っていただけうれしい限りです。ここにくるまで、紆余曲折
ありましたし、何を自分が求めており、どれだけの才能があるかも分からず
無我夢中でしたから。

ぶんぶんさんも子ども時代、自分に自信が持てなかったんですね。実は日本人の
多くがそうなんです。私のテーマでもある「自尊感情」が日本人は先進諸国の中で
断然低いのです。ぶんぶんさんのように、自分を認めてあげられることができる
ように、日本人の子ども、大人、みんなが自分のことを褒めてあげてほしいなと思います。

「ありのままの自分を認めてあげたら、だんだん自分が好きになりました。
苦しい体験でしたが、それを乗り越えて今があります。」
とても力のあるお言葉!苦しいからこそ光があるんだ、という強さを持つことも
本当に大切だと感じました。


レイカさん。

> MoMoの本を知ってますか?
偶然!私もちょうどこの本についてのコメントをかのんさんのブログにした
ところなんです!かのんさんも時間についてとても素敵なお言葉を
書かれていますので、ぜひ、読んでみてください。
http://vivace-kanon.seesaa.net/article/285273781.html

> 自分のバランスが崩れると必然的にこの本を読み返してヒントを得ます。
これ、素敵ですね!自分でどうやって自分を立てなおすのかその術を知ってみえると
いうことですものね~。人によってはカウンセリングが必要だし、違う人によっては
ショッピング。レイカさんhモモを読むことで自分の中を見出すことができるんですね。
すごいな~。

> 自分は自分のことを好きでいれるように努力しているんだなーなんて思ってしまいました。
大学生の時の親友が「私、自分のこと、好きだもの」という言葉をさらりと
言ったんです。当時4人グループだったのですが、みんな、「え?」という
目で彼女を見ていたし、うち一人は「私は、彼女のようになんてどうせなれないから」
と悲観していました。それ以来、自分のことを好きになってみよう、と意識し始めた
ような気がします。みんな誰かの言葉や何かのきっかけで自分を見つめるときに
なるんだな、とレイカさんのコメントから感じました。


Mrs.Bさん。

日本人って自尊感情が先進諸国の中でダントツに低いんです。
私も中学生のころ、自分がイヤでたまりませんでした。
私の場合、多分、環境が合わなかったんだと高校に行ってからわかりました。
Mrs.Bさんの場合は、20代後半に何かがあったんでしょうね。目に見えない
何かが。

> 自分が頼れる人になって、自分は自分でいいんだと気付いて、人生が楽しくなりました。
こう思えたら本当にいいですよね~。自分は自分でいい・・・いい言葉~。
これを多くの方に気付いてほしいなって思います。


>「人も車もサプライズが嫌いだよ、だから計画立てて何でも行動するといい」
F氏のお言葉、ドライビングインストラクターらしい表現ですね。実に的を得ていると
思います。Mrs.B さんんもいいお友達を持って、幸せですね。


B&Jさん。

あら、B&Jさん、大丈夫ですか?何だか、いつものB&Jさんらしくないな~なんて
読んでいくうちに、いろいろな問題を抱えられているんですね。
特に健康に関する問題が生じると、気分的にも精神的にも肉体的にもダメージを
受けてしまいます。そして、ネガティブにもなってしまいます・・・。
B&Jさんが痛い病気を抱えられてしまっているのかしら?ご主人のほうかしら・・。
イギリスの医療に関しては、腹立たしいことが多いのですが、日本でも同じだし
アメリカでもかなり深刻だと聞きます。世界的にどうなっているのか、不安に
思うことも正直、私はあります。

犬のしつけは本当にassertive が大切だと、つくづく感じます!
まず最初のお言葉が犬についてだったので、さすがB&Jさん!と顔がにんまりしてしまいました。

> この国に来て以来、一日が計画通りに行かないことがあまりにも多くて、時間を無駄に
> しなければならないこと続きました。。。
> 他力によって、大きく計画が変わってしまう。。。
よ~くわかります。修理に行くよ~と言っていたのに来ない、荷物を受け取るのに
時間指定で待っていても来ない・・・イギリスへ来たころは本当にいらいらしたもので、
しょっちゅう、泣いていました。

> ヴァーサタイル(versatile)・・・融通を利かす、という感じかしら。flexible よりも
より精神的側面を強調しなければ、という感じ・・・?なかなか難しいですよね。
我が家も3日間、電話が使えない状態なんですよ、今。メールでBTに問い合わせたら
「先程、電話をしたのに繋がらないので連絡ください」って。思い切り笑ってしまいました。
こういう国ですよね、ここって。
最近はこういうことも含めてこの国を受け止められるようになってきました。図太くなった
という感じかしら?


ecruさん。

> 時間の使い方って、あらゆる人にとっての、永遠のテーマのような気がします。
そうであってほしいな~と思います。いつかどこかで「時間」を意識するときが
きっとみんなあるんでしょうね。

> どんなに自分が頑張っても、自分の思いだけでは物事が進まないことも多いです。
> だから、計画通りや時間通りに物事が進まなくても、あまり気にしなくなりました。
環境ってやっぱり大きいですよね。また、ecruさんのもとの性格が、きっとそういうふうに
思えるように柔軟に考えられるものであるような気もします。
自分の思い通りにならないとイライラするけれど、こればかりは仕方がないことです
よね、「社会」の中で生きていく上で。

> そういう性格だからかどうかは分かりませんが、子どもの頃から、自分のことを嫌いとか、自分を好きになるとかを、考えたことがないのです。
> どうあがいても、自分は自分。
> 好きになろうが嫌いになろうが、ここに存在するのは自分自身でしかないわけで、ただそれだけのことだと思えば、窮屈な思いもしなくて済む気がします。
> でもこれって変?

おぉ~。何だか子どものころから仙人のようですね! 子ども時代・・特に
思春期に入るころ~「自分探し」を経て、自分というものを持っていくんだと
思うのですが、ecru さんは、すでに悟っていたんですね。
そういう人が近くにいてアドバイスをしてくれていたら、多くの人は楽に
なれただろうな~と思います。やはり、ecru さんは私にとって師匠のような
存在です。
  1. 2012/08/22(Wed) 01:56:08 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

わたしのブログをご紹介くださって、
ありがとうございます。(*^_^*)

そうなんですよ、時間をきちんと管理できるようになると、
余裕が生まれるんですよね。

以前は、本当に時間に追われてたと思います。
追いつくことに必死で、な~んにも楽しくなかった。
どこかへ行っても、ちょっといいレストランに出かけても、
なんだか無理やり「気分転換」に出かけて、疲れて帰ってくる、って
感じで。

今はちゃんと楽しめるようになりました。
時間が色濃くなった、という感じかしら。

ヘイミッシュ君もきっと喜んでますね、
一緒の時間が増えて。
  1. 2012/08/22(Wed) 06:25:58 |
  2. URL |
  3. かのん #-
  4. [ 編集 ]

j時間の使い方

かのんさん。

かのんさんの記事はいつもおもしろくて、共感することが
いっぱい。今回の「貯金時間」はみなさんにも読んでもらいたい!
と思ったので、お声もかけずに紹介させていただきました。
こちらこそ、ありがとうございます。


> そうなんですよ、時間をきちんと管理できるようになると、
> 余裕が生まれるんですよね。
これって不思議ですよね、でも本当のこと。

> 以前は、本当に時間に追われてたと思います。
> 追いつくことに必死で、な~んにも楽しくなかった。
> どこかへ行っても、ちょっといいレストランに出かけても、
> なんだか無理やり「気分転換」に出かけて、疲れて帰ってくる、って
> 感じで。
同じです!全く同じ!
出掛けることも一つの義務みたいなところもあったり、人との
話しについていくためみたいなところも正直あったんです。
一体、何のために出かけたんだろう・・・と思うことも多々あったし、
だから休日はお昼ぐらいまで寝てしまい、時間を無駄にしてまた
苛立つ・・・そんな繰り返しでした。

> 今はちゃんと楽しめるようになりました。
> 時間が色濃くなった、という感じかしら。
これもいい表現~。薄っぺらなものじゃなくなったんですよね。

> ヘイミッシュ君もきっと喜んでますね、
> 一緒の時間が増えて。
ホント、顕著に出ました。私への依存度が上がりましたからね、
これでようやく「同等」だったのが「お姉ちゃん」くらいになったようです(笑)。
  1. 2012/08/23(Thu) 02:07:39 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haykichi.blog89.fc2.com/tb.php/475-14f3d8e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。