「まる」ないちにち

:: admin ::: NewEntry ::
イギリスでの生活や仕事を通して、感じたことをつづっていきます。

   イギリスの小学校関係についての情報ブログは・・・「kayokoyamashita.com イギリスの学校 と シンセティックフォニックス」へ



 秋の訪れ

:: 2012/09/01(Sat) ::

昨日から突然秋めいてきました。
今朝起きたら、ラジエーターが作動していて驚きました。我が家のラジエーターは、気温が15度を下回ったらタイマーで作動するようにしてあります。夏も冬も家の中の気温は同じなのですが、当然、夏は一度も動くことはありません。それが、今朝作動していたのに驚きました。もう9月。秋の訪れを肌で感じました。

sozai-line2.gif

ヘイミッシュの犬友だちにスタちゃんという犬がいます。ヘイミッシュが子犬の時から、ヘイミッシュにびしばしと教育的指導をしてくれる大先輩犬。
実は、このスタちゃん、11月に6歳になるのですが、2カ月ほど前に摘出不可能な場所に腫瘍ができてしまい、しばらくは痛みでお散歩もできなく、抗がん剤治療をし始めたところなのです。先週、お散歩を再開したスタちゃんに会ったとき「9月になったらスタちゃんを連れて、1週間ホリデーに行くんだ~」とオーナーさんが笑顔で話してくれ、がん治療を受け入れて、"スタちゃんのために少しでもできることをしていく" という強い気持ちを感じました。

今日、オーナーさんが車で私の家を通りかかった時、偶然、私たち夫婦+ヘイミッシュが外にいたので車を止めてくれました。

「元気?」(←英語では必ず聞く挨拶)
と聞いたら、
「いや・・・。」
と。続けて
「スタが死んだんだ」
「・・・」

詳しい話は省きますが、突然訪れた死。信じられない・・・どうしても信じられないのです。
が、事実。受け止めなければならない事実。

彼がどんな気持ちなのか。痛いほどわかる愛犬を失った辛さ。彼は家で仕事をしているので、この1週間、24時間今まで一緒にいた相棒がいなくなってしまい、仕事も手につかないと言っていました。

この子がスタちゃん。
120101134223_D75_0634.jpg
スタちゃん、よくがんばったね・・・。もう痛みがなくなってよかったよ。天国で思い切り走れるね。そして、時々、ヘイミッシュのところに来て、びしばしと指導してね。

オーナーさん、「またいつかスタちゃんと同じビズラを飼う」と、言ってくれました。スタちゃんの代わりではなく、新しい犬を受け入れる準備がてきたら、と。この言葉、私たち夫婦もロッキーを失くした時に同じことを思っていたので、何だかホッとしました。人それぞれ悲しみの乗り越え方が違うけれど、いつか時間がこの苦しみと辛さを和らげてくれると信じています。私には何もできないけれど、でも痛みは共感できます。

生き物を飼うということはいつか死と直面するということ。ペットも年老いていき、飼い主が責任もってその死を受け止めていかなければいけないのです。ただ、頭で分かっていてもその覚悟ってなかなかできるものではないし、ましてやスタちゃんのように予期しない突然の死、そして5歳9カ月という若さでの死は覚悟も何もあったものではありません。胸が締め付けられます・・・。
スタちゃんのご冥福をただただ祈っています・・・。

犬は死んでしまったら DOG HEAVEN (ドッグヘヴン:犬天国) へ行き、毎日忙しくしているんだそうです。私自身、最愛の犬ロッキーを失ったとき、この本を読んで少し心が落ち着きました。

Dog HeavenDog Heaven
(1995/09)
Cynthia Rylant

商品詳細を見る


きっと今頃、スタちゃん、ロッキーと追いかけっこでもしているかな。
関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: いろいろ
  2. | trackback:0
  3. | comment:5
<<シャワールームのお手入れ | top | 朝食>>


comment

私たちもそうですが、犬はもっと短い限りある命ですね。
スタちゃんがその短い命を生きられなかったことが残念でたまりません。
スタちゃんのご冥福をお祈りします。
そして、飼い主さんに新しい出会いがありますように心から願っています。

ハナが元気でいてくれる幸せを感じながら、いつかお別れが来るんだなあなんて思う時があります。
マイケルといた時には感じませんでした。
だから、ハナと暮らす1日1日を大切にしたいと思います。
  1. 2012/09/01(Sat) 13:15:23 |
  2. URL |
  3. ぶんぶん #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます〜★
今、夫を病院に搬送してきました。何時間待ちかな・・・?
そうでしたね!昨日も今朝も、しっかり秋の気温になっていました。haykichiさん地方よりも、冬は暖かいのですけど、それでも「あ゛、来たかな?」という気分になります。

ヘイちゃん(石坂浩二さんのような。。。(^^ゞ)のお友達のスタちゃん、お薬の副作用でいかなければいけなかったのですね。。。
お散歩友達がいなくなってしまうと、お散歩道にポッカリ穴が開いたようになってしまいます。。。

厄介なところに出来た悪性腫瘍だったのですね。。。
今、アメリカでは試験的に希望者にはワクチンの接種をしているようです。それも、すでに悪性の骨肉腫であると分かった仔にも有効だというワクチンらしいですが、一般の患者への導入は始まったばかりなので、報告はこれからだと思います。それでも大きな進歩です。ただ、イギリスで浸透するのはいつになるか。。。そして、日本へはいつになるか。。。
人間よりも遙かに早い時間を生きているワンズですからね、「急いでくれ!!」と祈っているところです。

ヘイちゃん、ちょっぴり恐い先輩がいなくなってしまって、寂しいですね。。。
保護者さんも、早く立ち直ってくれるといいですね。。。
スタちゃんのご冥福を心からお祈りします。
  1. 2012/09/01(Sat) 15:55:34 |
  2. URL |
  3. B&J #aRTWBpno
  4. [ 編集 ]

今日もhaykichi さんの暖かな文章に優しさを感じました。
愛犬との別れ・・本当に辛い事ですね。
私は犬を迎えるとき必ず来る別れを考えます、その子をきちんと最後まで看取ってあげたいからです。
犬との暮らしを経験した人は分かると思いますが、わんこって私たちが与えた以上の愛情を返してくれるでしょう・・だから絶対不幸にしたくないんです。
縁あって迎えたその子にとって、一緒に生活した事が生涯絶対幸せだったと感じてもらえるように自分がもっている全愛情を与えたいと考えています。だからあまあまになってしまうのかもしれないけれど、でもそれが私流なので一緒に生活していく中で いつかわんこには、私の気持ちがわかってもらえればいいと思っています。
スタちゃんのオーナーさんって素晴らしい方ですね、決してスタちゃんの代わりを求めていない・・自分の心をきちんを整理できる強さを持っている・・
私もこの方のようになりたいです。
私にも素敵な出会いがあったように、このオーナーさんにも素晴らしい出会いがありますようにと願って止みません。
日本からも応援してる人間がいるとお伝え下さいね。 
  1. 2012/09/01(Sat) 22:36:56 |
  2. URL |
  3. わんわんち #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

頭では分かっていても、受け入れがたい事実ですね。
闘病中も辛い思いをしたのでしょうね。
スタちゃんが天国で元気に走り回っていることを願っています。
そして、オーナーさんの心が癒される時がきますように。。。
悲しみを受け入れ、心の準備が出来る日をそっと見守りたいです。

大切な家族だからこそ、最後まで家族でありたい。
そして、その時がきてからも、ずっと家族でありたい。
わたしも、いざという時の覚悟を改めて持たなくてはと感じました。
スタちゃんのオーナーさんやhaykichiさんのように、愛情をたっぷり注いでいきたいです。
  1. 2012/09/01(Sat) 23:26:57 |
  2. URL |
  3. rulla* #-
  4. [ 編集 ]

スタちゃん

ぶんぶんさん。

ありがとうございます。スタちゃんの飼い主さんに会ったら、
お伝えしておきます。

ぶんぶんさんのお言葉
「ハナが元気でいてくれる幸せを感じながら、いつかお別れが来るんだなあなんて思う時があります。
マイケルといた時には感じませんでした。
だから、ハナと暮らす1日1日を大切にしたいと思います。」
よくわかります。別れを考えたくないけれど、考えるからこそ、一日一日を
大切に過ごしていきたいとも思います。
犬の短い一生が幸せに満ち溢れたものとなるように・・・。


B&Jさん。

ご主人、いかがでしたか?今日は病院でお泊りでしょうか・・・。

へいちゃん=石坂浩二さん!本当だ!思わず笑ってしまいました~。
骨肉腫のワクチン、こういうものが早く導入されるといいな、と本当に思います。
日本では人間へのものでもなかなか導入されないのだから、動物へのワクチンは
一体何十年後になるんだろう・・・。日本はもっともっと「生あるもの」として動物と
向かい合ってほしいと強く感じます。

今日、お花を持ってスタちゃんのお家に行きました。オーナーさん、憔悴して
いましたが、ちゃんとご飯を食べていてくれて、ホッとしました。
少しずつ立ち直ってほしいと祈らずにはいられません。


わんわんちさん。

優しいお言葉をありがとうございます。スタちゃんのオーナーさんに必ず
伝えます。

ロッキーがいたから、ヘイミッシュにも死が訪れるんだということを
意識するようになりました。
犬って純粋ですよね。ただひたすら愛情には愛情で返してくる・・・。
だからこそ責任ある飼い方をしたい。でも、世の中、そういう犬ばかりで
ないのも事実(これに関しては明日のブログで・・・)。

わんわんちさんに来た犬はみんな幸せだと思います。キャンちゃんを始め、
ちぃちゃんも一生懸命に看てもらえ、苦しくても幸せに満ちた一生だったと
思います。
そして、りょうくんにゆきちゃん。愛されていることがひしひしと伝わってきます。
わんわんちさんの場合、あまあまとは思いません。きちんと線引きをされているもの。
これが本当の愛情なんだと思います。いつも思うし、前もお伝えしたように
わんわんちさんとキャンちゃんの関係は私にとっての憧れです。あれだけの信頼関係を
築けるなんて。


rulla*さん。

私自身、ロッキーを失くし、辛い日々を送ってきました。スタちゃんの
オーナーさんの気持ちが痛いほどわかります。ただ、スタちゃんの場合、
犬生を全うさせれなかったという後悔の念がオーナーさんの中にあるようで、
それとどう立ち向かっていくのかが心配です。でも、ちゃんと死と向き合って
いるので、大丈夫・・・。そう信じています。

いざというときの覚悟・・・。ロッキーの時はただただおろおろするだけ
でした。後悔だけはさせたくないし、したくない。だからできることを
毎日、していきたい・・・そう思います。
ラテちゃんもrulla*さんのようなやさしいオーナーさんに出会えて幸せだと
思います。
  1. 2012/09/02(Sun) 08:47:05 |
  2. URL |
  3. haykichi #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haykichi.blog89.fc2.com/tb.php/484-e6d882ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


02
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
26
27
28