「まる」ないちにち

:: admin ::: NewEntry ::
イギリスでの生活や仕事を通して、感じたことをつづっていきます。

   イギリスの小学校関係についての情報ブログは・・・「kayokoyamashita.com イギリスの学校 と シンセティックフォニックス」へ



 スポンサーサイト

:: --/--/--(--) ::

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: スポンサー広告

 リサイクルセンターへ行ってきました

:: 2012/11/01(Thu) ::

只今イギリスはハーフタームといい、学校は1週間のお休みです。
そこで、今回は4年生の社会科の一環として「リサイクルセンター」へ見学に行ってきました。

予め団体予約をしておくのですが、市内に住んでいる人たちの見学は無料。2時間のツアーを設定してくれます。

まずは、センターについたら、リサイクルされた商品をいろいろと見てみます。
recycle 1
他にもたくさんのものがあったのですが、とても興味深かったです。

次に、担当の方からパワーポイントを用いて、埋め立てや3R、リサイクルできるものの説明を聞きます。
recycle 2
3Rとは
Reduce
Re-use
Recycle

の頭文字 R を取って作られた言葉です。
Reduceは「減らす」という意味。つまり、ごみ自体を減らしましょう、という取り組みのことです。
印象に残ったのが、「モノを買う時に、本当にこれは必要なんだろうか?」と考えてみよう、ということ。物を購入するということは、少なからずともゴミが出るわけなので、必要でないものならば極力買わないでいよう、ということ。ホント、そうしたいですね。

Reには「再び」という意味があります。
Re-useもう一度使いましょうという意味です。洋服を人にあげたり、チャリティーショップへ持っていったりして、できる限り使いましょう、ということです。

そして Recycle。cycle には一巡りするという意味があります。つまり不要になったものに手を加え、加工をして、再び物として再利用の場を作ることを意味します。まるで円を描いているようじゃないですか?


私が住む地域ではゴミは
・黒色の袋(埋立地行き)
・ピンク色の袋(リサイクル)
・緑色の箱(生ごみ、草など=コンポストになる)
・青色の箱(瓶などガラス)
・電池
の5種類にわけてゴミを出します。このうち、黒色の袋以外は全てリサイクルされているのです。
ピンクの袋に入れるリサイクル品は・・・
・紙類=仕分け後、中国に運ばれてリサイクル用紙やトイレットペーパーなどになる。イギリスのほとんどの紙が中国に行くそうです。
・缶類=イギリス北部にある缶専用の工場で、再び缶となり、約3カ月かかって再びお店などに並ぶ。
・プラスティック=イギリス北部にある工場に送られ、フリースなどになる。
とのこと。
そして、青い箱に入っている瓶類も全て再び瓶となっているそうです。

次は、実際にどのように分別作業が行われているか見学。
recycle 3
間近でゴミが分別される様子を見ました。大量のごみの山。でも、これが全てリサイクルされるなんて、すごいですね!

最後に、子どもたちは二つのグループに分かれて、実際に分別の作業をしてみたり、ガーナの貧しい地域でリサイクルされたビーズを使ってブレスレットを作ったりしました。(このブレスレット制作費用はガーナに送られます。)
recycle 4

日本にいたときは、ゴミを10種類くらいに分別していたのですが、結局、そのゴミたちがどこへ行き、どのように姿を変えたのかは知らないままでした。
今住んでいるところでは、リサイクル商品はピンク色の袋にどさっと詰めておしまい。でも、これがこんな風にきちんと仕分けされ、どこへ送られ、どのような姿になるのかを知ることができ、非常に感動しました。「いい加減」と思っていたイギリスのリサイクル。見直しました。
と同時に、私もきちんとリサイクルできるものはリサイクルし、なるべくゴミを出さない努力をしたいと思いました。
とても貴重な2時間でした。各地方自治体でこうしたサービスを行っていると思うので、興味のある方はぜひ、カウンシルに連絡をしてみてください。行く価値は十分あります!
関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: 行ってみました
  2. | trackback:0
  3. | comment:3
<<オペラ座の怪人 | top | 週末の朝はパンケーキ>>


comment

またまた耳より情報ありがとうございます。今最も考えたいことだったので、これはサインですね!自分なりに分別をしているものの、その後の行方が気になっていました。私も自分の地域のゴミ捨て状況チェックしたいと思います!気づきをありがとうございます!
  1. 2012/11/03(Sat) 02:44:41 |
  2. URL |
  3. レイカ #-
  4. [ 編集 ]

ゴミの行方を知るって、大事ですね。

最近ね、ゴミだけでなく、経済活動にしても、
一人ひとりの行動すべてが、巡り巡って
自分たちのもとに返ってくるんだよな、と
思うことが多くなりました。

自分の目の前から無くなったら、
ハイ、終り、ではなく、その先の
ストーリーを知ることで、
haykichiさんがおっしゃるように、
買うとき、捨てる時、これは必要?
これはまだ何かに使えない?と
考えるようになると思います。

それこそが、リサイクルの原点ですよね。


  1. 2012/11/04(Sun) 06:55:59 |
  2. URL |
  3. かのん #-
  4. [ 編集 ]

リサイクル

レイカさん。

日本では10種類くらいの分別をしているにも関わらず、結局は
リサイクルされずまとめて処分されるということを聞いたことがあります。
今回、こうしてしっかりと自分の目でゴミの行方を見ることができ、
よかったと思います。これも自分にできることですものね。
ぜひ、お住まいの地域のリサイクルセンターに足を運んでみられることを
お勧めします。


かのんさん。

一人ひとりの活動や言動、すべてが自分のところに戻ってくるような気がします。
自分の目の前から消えたら終わりじゃないですものね。

子どもたちとこうした活動を一緒に見ることができてよかった~と思っています。
一人ずつの心に少しでもこの時見た光景やにおい、音などが残っていて
くれたらな・・・と感じます。
そのためにはまず大人が率先してやらなくっちゃね。リサイクルの原点。
常に意識したいです。
  1. 2012/11/04(Sun) 21:41:10 |
  2. URL |
  3. haykichi #Lg2mhvRI
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haykichi.blog89.fc2.com/tb.php/525-fc929e2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。