「まる」ないちにち

:: admin ::: NewEntry ::
イギリスでの生活や仕事を通して、感じたことをつづっていきます。

   イギリスの小学校関係についての情報ブログは・・・「kayokoyamashita.com イギリスの学校 と シンセティックフォニックス」へ



 スポンサーサイト

:: --/--/--(--) ::

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: スポンサー広告

 救急車

:: 2012/11/23(Fri) ::

一昨日のこと。
夕方、仕事も終えて家でくつろいでいたとき、突然、玄関をバンバンと叩く音が。チャイムもあるのに、一体、何?と思ったら、女の人が焦った様子で何かを rokisuke に話している声が聞こえました。
どうも誰かが私の家の前で倒れているらしい!

雨がザーザー降る中おじいさんが私の家の前にある歩道に座り込んでいました。その女の人が車を運転していたら、目の前でそのおじいさんが突然倒れて、頭をぶつけたようだとのこと。すぐに救急車を呼びたいけれど、電話がないから救急車を呼んでほしいということで我が家のドアを叩いたようです。

ちょうど2週間前にファーストエイドのコースに参加した私。救急車の呼び方も練習したのですが、やはりいざとなると緊張してしまい、その女の人にお任せしました・・・。

イギリスでは緊急の時には 999 (または112) にかけます。電話が通じると「警察か救急車か?」と聞かれるので、必要な方を伝えます。今回のように「救急車」と答えると、場所をまずは聞かれます。その後、誰がどんな状態なのかを話します。意識はあるか、外傷はあるか、年齢はどれくらいかなどなど。その女の人が話している内容を聞いていると、全てファーストエイドのコースで言われた通りなのですが、多分、自分が電話していたとしたらパニックになっていただろうなぁ・・・。

イギリスの救急車は6分以内に到着することを目標としています。今回も6分ぴったりで来ました。救急車には救命救急士の方が3人乗っており、到着するなり、簡単な質問をおじいちゃんにして救急車に乗せ、中で手当てをしていました(その後、病院に運ばれたようですが)。その後、おじちゃんがどうなったかわかりませんが、大きなことにはなっていないようにと願うばかりです。


さて、今回、まさか自分がこうした経験をするとは思っていなかったのですが、さまざまな人がいるということを感じました。

すぐに車を止めて、手を貸そうか、と言ってくれた人。
実際、車を止めて、見に来てくれた人。
このおじいさんのお孫さんを呼びに行ってくれた人。
掛け布団を持ってきてくれた人。
こうした人々がいてくれてよかった・・・と、毛布の上からおじいさんをすりながら、ただただそう思うばかりでした。

救急車がおじいさんの手当てのために道路の真ん中で止まっている間、多くの車はすぐにUターンして迂回していきました。が、一台だけ、路肩に車を乗せて思い切りクラクションを鳴らして通り過ぎる車がいたのです。救急車が止まっているということは「何かがある」ということを普通ならわかると思うのですが、なぜ、わざわざ「邪魔だ!」と云わんばかりにクラクションを鳴らしていくのか、不思議でなりませんでした。

じゃ、私は・・・?英語で救急車を呼ぶことにためらいがありました・・・。何のためにファーストエイドのコースも受けたの・・・?と反省しました。いつ、どこで何が起きるかわかりませんが、私の家のドアをノックした女性のように、さっと動けるようになりたいと心から感じたのです。
関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: その他
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
<<ロッキー | top | あたたか~い贈り物>>


comment

『ファーストエイド』という訓練(?)があるのですね。我が家の息子は怪我が絶えなかったので、私も興味があります。

だいぶ前ですが、息子(AD/HD)が自転車乗りで、側溝に落ちて大怪我をしました。主人がいましたが、全く子供を見ていなかった・・・と後で近所の人に聞きました。
私は熱があって寝ていた為、フラフラで、血だらけの息子を見て、かなり動転しました。そのとき近くにいたご近所さんたちが、救急車の手配をしてくれ、自転車を側溝から持て上げてくれていました。大通りへ出ての救急車の誘導、私が病院へ行くときも、血だらけのタオルを洗濯するからと言って下さったり、また帰ってきてからは、傷で口が開きにくいだろうからと、葡萄などのフルーツを頂きました。ふと気が付けば、玄関先に泥が拭われてきれいになった自転車が置いてありました。

総勢、7~8名の近所の方に これだけの事をしていただきました。

自分の息子のことなのに、親である私たちは何も行動を起こせませんでした。けれど、ご近所さんたちは、冷静沈着。思いやりまであって、今思い出しても感謝の気持ちで涙が出ます。

今は、その土地を離れてしまいましたが、どこであれ、この方々のような行動ができる人、さっと動ける人になりたいです!!

こんな私に役立つような『ファーストエイド』があったら、是非教えて下さい。

  1. 2012/11/26(Mon) 01:14:13 |
  2. URL |
  3. sonatinen #ch2f7abI
  4. [ 編集 ]

ファーストエイドのコース

sonatinenさん。

息子さんのお怪我、大丈夫でしたか?熱で寝てみえたところに息子さんの
大怪我でびっくりですよね・・・。確かに当事者よりも周りの人の方が
冷静に対応できるというのはありますよね。
こんなにやさしくサポートをしてくださる隣人の方に恵まれて幸せですね。
人に何かをしてもらったときに初めて自分も・・・と思えます。
私もやっぱり自分で動かなくちゃ、と感じました。

さて、ファーストエイドのコースですが、私が今回受けたのは学校の
職員としての研修の一環なのです。日本でも教員をしていたときは
やはりファーストエイドの研修がありました。

一般ではカルチャーセンターなどでもファーストエイドのトレーニングを
受けることもできます。検索をかけてみたら
http://www.mfa-japan.com/mfa/index.shtml
がありました。こちらはアメリカで開発された一般市民向けのトレーニング
だそうです。子どものケアを対象としたものもあるようです。
またはお近くのカルチャーセンターや消防署に問い合わせをされて
みてはいかがでしょうか。
sonatinenさんにちょうどいいコースがみつかるといいですね。
  1. 2012/11/26(Mon) 01:37:45 |
  2. URL |
  3. haykichi #Lg2mhvRI
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます。『チャイルドケアプラス』なんていうのもあるのですね。

そういえば、近くに体験型消防署が出来たばかりで、行ってみたいと思っていました。今まで、大人ぶって頭でわかっているフリをしていました。
これを機会に、実際に体を動かして訓練できる講習会などがあれば参加してきたいと思います。



  1. 2012/11/26(Mon) 08:57:42 |
  2. URL |
  3. sonatinen #ch2f7abI
  4. [ 編集 ]

sonatinenさん。

お役に立ててよかったです。
そう、実際に体を使ってできる訓練というのはありがたいです。
人工呼吸など、やはり家では練習できないものなので、私も
ファーストエイドコースは参加してよかったと思っています。
  1. 2012/11/28(Wed) 06:25:21 |
  2. URL |
  3. haykichi #Lg2mhvRI
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haykichi.blog89.fc2.com/tb.php/535-f263db61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。