「まる」ないちにち

:: admin ::: NewEntry ::
イギリスでの生活や仕事を通して、感じたことをつづっていきます。

   イギリスの小学校関係についての情報ブログは・・・「kayokoyamashita.com イギリスの学校 と シンセティックフォニックス」へ



 スポンサーサイト

:: --/--/--(--) ::

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: スポンサー広告

 小学生の子からもらった気付きと感謝

:: 2013/03/09(Sat) ::

いよいよ10キロのチャリティーマラソンが目前に迫りました。
天気予報では、日曜日は曇り。水曜日からずっと雨が降っているので、曇りならラッキーです。でも、最高気温は1℃ということで、かなり寒~い日になりそうです。

今回、チャリティーマラソンをするということで、本当にたくさんの方がスポンサーになってくださいました。「ありがとう」という感謝の言葉以外、見つかりません。心よりお礼を申し上げます。

さて、その中でも、一つ、私が感動した話を。このブログを見てくださっている方なのですが、

小学生の子どもが東日本大震災以来、自分のお小遣いをコツコツ貯めて
被災地の方に送るんだ、と頑張っている


というお言葉をいただきました。そして、私のこのチャリティーマラソンをブログで知り、そのお子さんに話をしたら、喜んで全額を募金したいと言ってくださったんです!

2,919円という募金額。小学生の子どもにとって、この金額はとても大きいものです。自分だって欲しいものもあるだろうし、おもちゃなど買いたいだろうと思いますが、被災された方に送ろうと思うその気持ちに、深く深く感動しました。
line8_20120225033358.gif

人のことを思いやるという気持ちって、一朝一夕にはできるものではありません。小さい頃から、家庭の中で培われたり、自分が何らかの体験をしたりして思いやりの心が育っていくと私は思っています。私自身、仕事がら、本当に多くの子どもたちに接していますし、「思いやりの心をもって」と子どもたちにもずっと言ってきました。じゃ、実際、小さな子どもたちがどうやってそうした心を持つことができるんでしょうか。

答えは無限なんではないでしょうか。

ただ、一つ言えることは、子どもは正直だということです。

子どもは与えられた環境の中で育ちます。子どもを囲む家族や学校、友達など、お互いに思いやりの気持ちを持っている環境があれば、それを肌で学ぶことができるのです。今の時代、人のことを思いやれない人が多い、と言われますが、それはそういう環境を大人が作ってしまったからなのではないでしょうか。ならば、大人が思いやれる環境を作っていくことが必要でしょう。そうした環境を作るためには、まずは自分から行動しなくては、と思いました。

また、震災の様子などをテレビなどで見て、ご家庭や学校などで、"どうしたらいいんだろう"、というお話をする環境をつくることも必要なことだと思います。目をそらさずに、自分でできることを一緒に考えることは、子どもが成長するために必要なステップです。子どもにとって、話を掘り下げて考えることはとても大切なことであり、テレビなどを「見っぱなし」にはせずに、何らかのフィードバックをすることが必要です。
よく、"まだ子どもが小さいから、難しい話はしない" という話も聞きますが、子どもって大人が思うほど幼くないんですよね。子どもを一人の個としてしっかりと話をするということって、すごく大事なのでは・・・と、改めて感じました。

そして、今回のこのお子さんは、自分の意志で動いているということに、また感動しました。自分自身を持っているということなんですよね。自分を認めてあげることができるから、他人も認めてあげられる。つまり、自己肯定ができる子であり、自尊感情がしっかりと育っているんしょうね。 (自尊感情に関してはココから。) 褒められて育っている環境なんだろうな~、きっと。大人だって自分に余裕がなければ人のことを思いやれません。子どもも同じ。心の余裕というか・・・心にゆとりがあるというか・・・ぎすぎすした中ではこうしたゆとりは生まれません。「自分は大丈夫」という安心感を子どもに与えることが、思いやりの心も築く一つなんだろうな~と感じました。

line8_20120225033358.gif

今回のこのお子さんからの募金によって、自分自身、改めて「思いやる気持ち」について考えさせられました。他にも、いろんな気付きをもらいました。本当にありがとう。この子の思いは、子どもたちにも必ず伝わります。そして、その思いがまた次の人へと伝えられていくでしょう。このプラスの連鎖ってうれしいね。
これが「丁寧に生きること」なんだな~って、しみじみ感じます。
このお子さんの気持ちもしっかりと受け止めて、haykichi、がんばって走ります!
130216154549_D76_1612.jpg
関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: 東日本大震災関連
  2. | trackback:0
  3. | comment:3
<<完走しました~~~!!! | top | Fish & Chips >>


comment

子どもはおとなが思っているほど幼くはありませんね。
小さい時から子どもの前でおとなが話をすることです。
わからないながらも覚えていたりするものです。
おとなを理解していく過程は大切ですね。
まわりから影響を受けやすい時だからこそ大切です。

このお子さんの人を思う気持ちはまわりのおとなの方から学んだことです。
子どもはいいことも悪いことも吸収しますからね。
私を含めておとなは気をつけないといけません。

いよいよですね。
寒そうですが、頑張ってください。^o^
  1. 2013/03/09(Sat) 08:43:41 |
  2. URL |
  3. ぶんぶん #-
  4. [ 編集 ]

haykichi さん頑張って下さ~い!
そして、楽しんでくださいね☆

  1. 2013/03/10(Sun) 04:40:54 |
  2. URL |
  3. レイカ #-
  4. [ 編集 ]

ぶんぶんさん。

子どもは本当に正直に、私たち大人を見ていますよね。いいことも悪いことも
そのまま吸収していくなぁとつくづく感じます。
子どもって大人がきちんと話をすることには、真剣に耳を傾けます。子どもだからって
いう態度ではいけないですよね。その子どもから私もいろいろ学びますもの。

いよいよマラソンです!ぶんぶんさんにはマラソンをすることをここで伝えた
ときから応援をしていただけて、言葉に言いつくせないくらい感謝しています。
精一杯がんばってきますね!


レイカさん。

は~い。楽しんできます!
私が想像していたよりもペースが速いようですが、自分のペースで
やってきますね~。
  1. 2013/03/10(Sun) 06:12:40 |
  2. URL |
  3. haykichi #Lg2mhvRI
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haykichi.blog89.fc2.com/tb.php/590-17e2b422
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。