「まる」ないちにち

:: admin ::: NewEntry ::
イギリスでの生活や仕事を通して、感じたことをつづっていきます。

   イギリスの小学校関係についての情報ブログは・・・「kayokoyamashita.com イギリスの学校 と シンセティックフォニックス」へ



 再び、子羊を見に。

:: 2013/04/08(Mon) ::

以前、子羊を見に行った話をしました(コチラから)。
そこでも書いたように、今日は、新小学5年生の子どもたちとお母さんたちと一緒に再び羊農場を訪ねました。今回は見学の後、子どもたちがいろいろな質問を農家の方にする機会を設けていただきました。
子どもたちは一生懸命質問を考えて、イギリスへ来てそんなに長い間いない子も、一生懸命自分の言葉で訊いていました。こういう姿、いいですね~。

今日は、私も知らなかったことをメモ代わりにここに記しておきます。

・妊娠期間は5ヶ月 (147日)。
・妊娠中にスキャンをし、赤ちゃんが何匹お腹にいるか確認し、それぞれ飼育場所を別にする→エサの量を変えるため。
・通常は2匹生まれるけれど、中には3匹、珍しいものだと4匹生まれることもある。
・250頭のメス羊 (ewe "ユー" と言います) に対して、5頭のオスの羊 (ram "ラム" と言います)がいる。
・生後4~5ヶ月くらいで食用として売られる。
・オスよりもメスのほうが高く売れる。
・そのため、オスは生まれて12時間以内に去勢(ゴムを睾丸に巻きつけておく。すると2週間くらいで腐って落ちる。)
・去勢したオスの子羊のほうがより高値で売れる。
・毛刈りは一年に一度行う。
・一頭の羊から2~3キロの毛が取れる。 (この毛のことを fleece フリースというんです!)
・毛刈りが一番大変な仕事。
・子羊が生まれる時期は、ほとんど目を離さずにいる。夜中2時くらいまで毎晩働く。

などなど。
こちらの農場主のロブさん、まだお若い (22歳!)のですが、とても楽しそうに羊と接している姿や質問に答えてくださる姿を見て、感心しました。子どもが言っている言葉がわからないと、"Pardon (パードゥン)" と丁寧な言葉で聞き返してくださいました。(こういう言葉遣いを聞くと、子どもにもきちんと接することのできる丁寧な方だな~って感じますね。)
一緒に見学した子どもの一人が、
「大人になったら農家になろうかな」
とつぶやきました。
その理由は羊が可愛かったからなのか、おもしろそうな仕事だと思ったからなのか、わかりません。
でもね。ロブさんが生き生きと仕事をし、誇りと責任を持って楽しく打ち込んでいる姿をなんとなく肌で感じたのかな~なんて思いました。(写真を撮ったのですが、まだ現像していないのでお見せできないのが残念!ウイリアム王子に似たハンサムな青年なのです~。)

また、一緒に行った子どもたちの質問の内容がとてもいいものばかりだった、とロブさんとロブさんのお母さん (私の同僚) が言ってみえました。うれしいですね。
こうした経験をもとに子どもたちには敬意をもって食に接してくれるといいな。
lamb.jpg


にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

ちょっと英語の勉強。
羊は sheep. 複数形も sheep. なぜか、sheeps とは言いません。
子羊は lamb (ラム).
メスの羊は ewe (ユー). → you と同じ発音。
オスの羊は ram (ラム). → 子羊の lamb もカタカナで書くとラム。同じなのですが、当然、r と l の違いがあるので、全く別の音なのです。でもね、日本人には聞き分けづらい単語なんです。なぜこんなに似た単語を使うんだろう~なんて、日本人の私は思ってしまいました。 

羊の群れは flocks. flock というのは群れ、という意味があり、ヤギや羊、鳥などに用います。a large flock of pigeons (鳩の大群) というように。

以上、ミニ英語コーナーでした。
関連記事
スポンサーサイト
  1. Category: 家での仕事
  2. | trackback:0
  3. | comment:7
<<リュスティックとフランスパン | top | 人参のケーキ>>


comment

自分が食べているものについて知ることは大切ですね。
子どもの時だとより記憶に残りそうです。
驚いて感動して大変な仕事だということを知っても農家になりたいなんて、いいなあ。
本物を見ることの大切さを感じます。

祖母がごはんの時よく言ってましたが、
「いただきます」は食材とそれを作ってくれた人への言葉だと。
子ども時代を思い出しました。


  1. 2013/04/08(Mon) 12:23:59 |
  2. URL |
  3. ぶんぶん #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは。
前回の子羊記事のときに、羨ましくって仕方なかったくらいなんですが、素敵な体験ですね~。子どもたちにはきっと素晴らしい経験になったでしょうね。
「農家になろうかな」といったお子さんの理由はわかりませんが、牧場や畑を見て、生きるものと触れ合うと、確かに心が揺れます。
今は庭で少しの野菜を作っているだけですが、それでも、自分で作った野菜は美味しくてかわいくて。葉っぱの一枚も無駄にしちゃいけないなと思います。
こういった体験が、子どもたちの普段の生活に生きてくると良いですよね(^^)
それにしても、生後4~5ヶ月くらいで食用とは知りませんでした。。
ラム肉ってそうなのか…ごめんねって感じです(苦笑)。←ラム肉大好物w
  1. 2013/04/08(Mon) 14:22:09 |
  2. URL |
  3. 達己 #MMIYU.WA
  4. [ 編集 ]

ミニ英語コーナー ぺーぺーの私でも分かりやすく楽しいです(笑)
野外学習に行ってこられたのですね。子供たちも見て触れて質問して、きっと楽しく学習できたでしょうね♪ヘイキチさん、五年生の担任なんですか?
あどけない子供から自我も芽生えてきた、そんな年代でしょうか?
これからの成長が益々楽しみな学年でもありますね♪

先日のコマンドの説明、読んでて笑っちゃいました。うちと一緒だぁと思って(笑)
「おいで」は読んだ人の脚の間までくることなので、タイミングを見計らって止まれを出さないと私も突っ込まれます(笑)少し前ですが、止まれを出すタイミングが遅く、股の間を猛スピードで駆け抜けられ身体が宙に浮きました(笑)
あの嬉しいアピールってホントに可愛いですね~(*^▽^*)

  1. 2013/04/08(Mon) 14:32:17 |
  2. URL |
  3. わんわんち(娘) #-
  4. [ 編集 ]

ぶんぶんさん。

ぶんぶんさんのおばあ様がおっしゃってみえるように、
家庭でのこうした言葉がけというものがとても大切だと思います。
小さいころから感謝する言葉を聞いて育った子は、やはり感謝の念を
持って、いろんなものに接することができると思います。
そして、本物を見ること。百聞は一見にしかず、とはよく言ったものですよね。
子どもたちも、そしてお母さんたちもいい体験になったようです。
よかった~。


達己さん。

子どもにとってもお母さんたちにとっても、いい体験だったと思います。
本当の農場に行くことはそうそうできない体験なので、生の様子
(汚いところも臭いところも)をきちんと知ることができて、よかったと
思っています。
そして、こうした農家の人たちの苦労や努力を知って、食に対して敬意を示すことが
できるきっかけになったら、と思っています。
そう、ラムは生後4~5ヶ月でお店に並んでしまうんです。
私も、なんだか残酷な気もしますが、これが事実なんですよね~。
だからこそ、感謝していただかなくっちゃね。

達己さんもお野菜を育ててみえるんですね。自分で育てたものって、本当に愛しい
ですよね。
私も小さいながら我が家の庭でできた野菜は、かわいくてたまりませんもの。


わんわんち(娘)さん。

ミニ英語コーナー、気に入っていただけました?よかったです。
これから少しずつ、英語コーナーも増やしていこうかしら(笑)。

私は学校が休みの時には、家で家庭教師をしているんです。なので、
小学校1年~中学3年まで、
一応、全学年、教えているんですよ。そのうち、人数が集まっている学年は、
こうして授業の内容に応じて、実地体験ができるように工夫して授業を考えて
いるんです。
なので、この農場見学も初めての試みです。数年前、五年生をみたときは、
日本で漁師をしてみえた方にメールで子どもたちが質問をして、海で働く人の
苦労や工夫を勉強しました。
運よく、知り合いに何かしら恵まれているんです(笑)。

身体が宙に浮かんだって大丈夫ですか?私も実は体験あり(苦笑)。
そのときは、腿の打撲(かなり腫れました)+購入して1週間のカメラの破損・・・(泣)。
コマンドを出すタイミングって本当に難しい。こっちを見ていないときにやっても
聞かないときがあるし、かといって聞かせないといけないこともあるし・・・。
でも、嬉しいアピールは本当にかわいくて、何をしてもつい、許してしまうんですよね~。
  1. 2013/04/09(Tue) 01:28:37 |
  2. URL |
  3. haykichi #Lg2mhvRI
  4. [ 編集 ]

こんばんは〜★
仔羊さんたち、可愛いですよね〜〜♡
そして、沢山習うことがあって、子供たちにはもの凄い勉強になりますね!
しかし、オスの睾丸を縛って去勢するとは!知りませんでした!! 羊って、最初から睾丸が降りているのですね?びっくり!
すぐにお肉になっちゃう仔もいますからね。。。

↓↓餃子が美味しそう!! 私が大昔に教えて貰った隠し味に、お味噌とハチミツがあります。え゛!(@_@;) とお思いかもしれませんが、一度お試しくださいませ! haykichiさんちの量なら、各大さじ1です。ほんとに隠し味になります。
  1. 2013/04/10(Wed) 07:01:02 |
  2. URL |
  3. BandJ #aRTWBpno
  4. [ 編集 ]

素敵な光景が目に浮かびます。
生き生きとして、自分のお仕事に誇りを持ち、子供たちと正面から向き合う素敵なロブさん。
そのロブさんに自分の言葉で気持ちや質問を投げかける子供たちの真剣な眼差し。
こういう経験って、絶対今後の子供たちの成長に影響しますよね。
みんな素直でいい子なのでしょうね~
私も子供がいたら、こういう経験をさせてあげたいです。
やっぱり、自然と触れ合い、生き物と向き合うことで、命の大切さや毎日の食事への感謝なども学ぶと思うのです。
haykichiさんは、やっぱり素敵な先生ですね!
良い環境で子供たちの成長を見守っていらっしゃるのですね。

そして、羊さんのことも、すごーく勉強になりました。
言葉もなるほど~と思いました。
そして、オスの去勢のところでビクッとなりました。
そんな風にしていたのかと。。
ビックリ&昔からの知恵なんだろうな~と、感心してしまいました。
ミニ英語コーナーも楽しかったです♪
  1. 2013/04/11(Thu) 01:31:21 |
  2. URL |
  3. rulla* #-
  4. [ 編集 ]

B and J さん。

本当勉強になりましたよ。同じ知識をきっと本などで得ることもできると
思うのですが、こうして自分の足で歩いて、においを嗅いで、目で見て、
そして触れて、話を聞くということによって得られる情報は何十倍にも
なったと思います。
多分、大人のほうが感動したような気がします(笑)。

餃子の隠し味にはちみつと味噌ですか!これは意外な!
味噌は多分、白のほうがいいでしょうね~。今度挑戦してみよ~っと!


rulla* さん。

ロブさんの姿には、本当に感動しました。
大学を卒業したばかりで、まだまだ遊びたいときだと思うんですよ。
でも、仕事といえど、本当に精力的に働いてみえるのが印象的でした。

子どもたちも真剣でしたよ。中には動物が好きではないという子がいましたが、
実際に自分で触れた時の表情は素晴らしいものでしたよ。
自分自身、田舎で育って動物や自然の中で生きてきて、それが今の自分を
作っているもとになっていると思っています。そうした体験の素晴らしさを
同じように子どもにも味わってもらいたな~と思うんですよ。半分、強制(笑)。
そして、こういう場を提供してくれる同僚に感謝です。
それにしても、rulla*さんにほめていただけるとうれしいです♪ありがとう!

羊の去勢に関してはみんな驚きですよね。きっと、あまり知られていない事実
なんでしょうね。これでみんなに自慢できます(笑)。

ミニ英語コーナー、楽しんでもらえてよかったです。なかなか評判でした~。
またお楽しみに~。
  1. 2013/04/12(Fri) 06:41:26 |
  2. URL |
  3. haykichi #Lg2mhvRI
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haykichi.blog89.fc2.com/tb.php/604-9d1e2354
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


11
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30