「まる」ないちにち

:: admin ::: NewEntry ::
イギリスでの生活や仕事を通して、感じたことをつづっていきます。

   イギリスの小学校関係についての情報ブログは・・・「kayokoyamashita.com イギリスの学校 と シンセティックフォニックス」へ



 スポンサーサイト

:: --/--/--(--) ::

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: スポンサー広告

 教授からのプレゼント本「トラウマ後、成長と回復」

:: 2013/05/22(Wed) ::

一年前に終了した大学院のトラウマの勉強。
東日本大震災で心に傷を負った子どもたちのために何かしたくて始めた勉強。

カウンセラーなどの専門家と肩を並べて勉強した一年は大変でもあり、とても充実したものでもありました。
カウンセリングはもともと好きな分野なので (ホントはスクールカウンセラーになりたいと思っていました)、経験者の話を聞くのは勉強になりました。

みんなの話にはついていけないことも多々あり (苦笑)、みんなのお役には立てなかったな~なんて感じていたのですが、実は、この講義を担当してくださった教授から、こんな本が届きました。

DSCN2543.jpg
教授の本が日本語訳されたということで、そのお祝いに私へプレゼント・・?
中を見てみると・・・。

DSCN2546.jpg
おぉ。直筆サイン (笑)。イギリス人の教授、日本語がわからないので、天地さかさまのサインですが。

で、なぜ私に送ってくださったかと言うと・・・。
DSCN2544.jpg
わかりました?私の名前が本に載っているんです!
私がトラウマの勉強をしているときに、この本が日本語に訳されることが決定し、教授に「日本文化について書いたんだけれど、見てくれない?」と言われたことを思い出しました (笑)。それで、「謝辞」に私の名前を書いてくださったんです・・・。

私と同じように名前が載っている方々の顔ぶれをみると、とてもじゃないけれど「お手伝いしました」というのが恥ずかしいくらい・・・。と言うか、たくさんのことを学ばせていただき、楽しく勉強させていただいたので、こうしてお手伝いできたことがうれしいと思っていたのに、まさか、ここまで名前を載るなんて思ってもいませんでした。恥ずかしいけれど、でもうれしい(笑)。

なんだか思ってもいなかったサプライズで、「まる」ないちにちとなりました。

もし読んでみたい (または私の名前が載っている本がほしい:笑) という方がいらっしゃったら、ぜひこちらからどうぞ。

トラウマ後 成長と回復: 心の傷を超えるための6つのステップ (筑摩選書)トラウマ後 成長と回復: 心の傷を超えるための6つのステップ (筑摩選書)
(2013/03/13)
スティーヴン ジョセフ

商品詳細を見る

ちなみに私がお手伝いさせていただいたページは、一番最初のページ―日本語版に寄せて―というところです。
関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: 大学院
  2. | trackback:0
  3. | comment:3
<<募金のお礼 | top | 「小さな幸せのある暮らし」>>


comment

すごいですね、自分の名前が入ってるなんて。
うれしいサプライズだと思います。

傷こそが、豊かな人生を開く

深くいい言葉ですね。
どんな環境で苦しんでいても、
また希望を持って歩き出せる気持ちになれそうですね。
そうなれますように。
  1. 2013/05/22(Wed) 08:56:41 |
  2. URL |
  3. ぶんぶん #-
  4. [ 編集 ]


私もぶんぶんさんと同じ事コメントしそうでした(笑)
心の傷は忘れることはできない過去ですが、それを思考の転換でプラスに変えられたらきっと苦しみから解放される方が沢山いるはずですよね。
すごいです!
記念ですね♪

  1. 2013/05/22(Wed) 15:01:31 |
  2. URL |
  3. わんわんち(娘) #-
  4. [ 編集 ]

ぶんぶんさん。

思ってもいなかったサプライズでとてもうれしいです。

トラウマの勉強をしたときに、大災害・事件で生き延びた人たちの多くは
「罪悪感」を背負ってしまうそうです、どうして自分だけ生き残ったのか・・・って。
また、自分がひどい目に遭ったときには、想像に耐えがたい苦しい思いが心に
はびこっているそうです。

私はそうした体験をしたことがないけれど、そういう人たちとずっと接して
こられたこの教授は「壊れた花瓶の理論」というものを説いたのです。
(これに関してはまたブログで紹介します。)

これを読むと、人って実は強い生き物なんだ・・・と実感します。

「死なない程度の困難は人を強くする」だそうで、非常に重みのある言葉・
且つポジティブな言葉に、今さらながらちょっと感動しています(笑)。


わんわんち(娘)さん。

トラウマって今では日本語でもしょっちゅう出てきますよね。
人にとったらささいなことでも、その人にはトラウマになってしまうほど
つらい体験があります。
それをまさに「プラス思考」(この教授は「ポジティブ心理学」の第一人者!)で
変えていくことって本当に大切だと感じます。

名前が載ったのは本当に思わぬ記念です!ありがたいです。
  1. 2013/05/23(Thu) 00:28:43 |
  2. URL |
  3. haykichi #Lg2mhvRI
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haykichi.blog89.fc2.com/tb.php/625-b628e838
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。