「まる」ないちにち

:: admin ::: NewEntry ::
イギリスでの生活や仕事を通して、感じたことをつづっていきます。

   イギリスの小学校関係についての情報ブログは・・・「kayokoyamashita.com イギリスの学校 と シンセティックフォニックス」へ



 小学校での導入 その1

:: 2013/11/13(Wed) ::

日本の小学校へ行ったのが、もうはるか昔のように感じます・・・。

今回、つくば市の小学校でジョリーフォニックスを6年生の子どもたちにしてきました。
日本初の公式授業になったのですが、ギャラリーも思った以上に多く、新聞記者さんにもぴったりとくっつかれ(笑)、正直、最初は緊張しました。が、気が付くと、ノリノリになっていました(笑)。

まず、子どもたちには s,a,t,i を読んでもらうところからスタート。当然、みんな
「エス、エィ、ティー、アイ」と元気よく読んでくれました。
次に、sitと黒板に書き、これを読んでもらうと
「シット」(この日本語英語がなんともかわいい!)と数人の子が読んでくれました。

そこで、質問。
「さっき、”エス、アイ、ティー”とこの文字を読んでいたのに、なんで”シット”と読むの?”エスアイティ”とは読まないの?」
「ん?そういえば・・・」という顔をする子、「何の話?」という顔をする子、様々でしたが、ここで単語を読むときには、ほとんどの場合は「音」を使うことを説明し、名前は単語を読む際には最初は必要ないことをきちんと伝えます。そうすると、半分以上の子どもは、なるほど!と一気に顔の緊張がほどけたんです!

そして、ジョリーフォニックスを使って、音の導入。

驚くのが・・・先生方もみんな驚いていたのが、ジョリーフォニックスでs,a,t,iの4つだけの音を導入したのですが(それもたったの20分ほど)、その後、子どもたちにsitと読んでもらったら・・・発音がめちゃくちゃきれ~。
誰がどう聞いても、ネイティブに通じる発音になっていて、これにはギャラリーから、「おぉ!」という声が出るほどで、大人が感動していました。

その後、子どもたちに書いてもらった感想。そのまま抜粋しています。

「今までsなどの名前が 『saサ』と読めるのか不思議でしたが、今日の授業で知ることができました。とてもためになる時間でした。」
「今までに考えたこともなかったようなことを教わったので、すごくおもしろかったです。」
「音の使い方や音などいろいろ教わってタメになった。英語の英字は色々な組み合わせがあると改めて知った。」
「英語に音があるのを知って、よかった。」
「いつもの英語よりもわかりやすくて、しかも楽しくて何倍もわかったし、楽しかったです。」
「英語は苦手な方で好きじゃなかったけれど、今回はわかりやすくてよかったです。」
「今まで英語はただ言うだけだと思っていたから、いままで音があると思わなかったから、すごく勉強になった。」
「英語は私の中で苦手意識が強かったのですが、今回の授業を受けて『楽しい』という気持ちが出てきました。英語の言葉が読めるようにがんばってみようと思いました。」
「私はこれまでに何回が外国に行ったことがあります。そこで『音』がわからなくて不便だったことがありました。私は先生のおかげでよく理解ができたと思いました。」

この感想でわかったのが、子どもたちは
・今まで疑問に感じていたことが理解できた
・疑問にも感じていなかったことに気がついた
・苦手だったものがおもしろく感じた
ということ。これって、すごく大切なことだと思いませんか?
本当にみんながみんな、何らかの気づきを持ってくれたんです。

ジョリーフォニックスのイラストはとてもかわいくて、正直、高学年には幼すぎるのでは?という声もありました。でも、この子どもたちの反応と感想を見てみたら、そんなこと全くないんですよね。
それ以上に「気付き」を得られる・・・楽しいと思える・・・もっとやってみたいと思える・・・まさに、私が日本中の子どもたちに感じてほしいと思っていることを、感じてくれたのです。

ありがとうね、6年2組の子どもたち。
つくば
日本で初めてのジョリーフォニックスの授業。
たくさんのありがとうの気持ちを込めて「礼」。
関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: ジョリーフォニックス
  2. | trackback:0
  3. | comment:3
<<小学校での導入 その2 | top | まずはシンセティック・フォニックスの説明>>


comment

haykichiさん、お疲れ様でした♪

ハードなスケジュールで大変だったでしょうが
いきいきした笑顔で活動できていたようで
こちらまで嬉しく思いました!

座骨神経痛はよくなったかな?
くれぐれも無理しないでくださいね。

無理しないでね。

  1. 2013/11/13(Wed) 11:54:03 |
  2. URL |
  3. そら #-
  4. [ 編集 ]

日本の知識のつまった(笑)小学生に教えるのは大変だったのでは、とひそかに心配していたのですが、すごいですねぇ。

我が家の受験生は、英語の発音問題でつまずいています(苦笑)。
英語を基礎から教えてもらった次女とは違い、サバイバルで身に着けた英語なので、きっちりつづりと発音の関係が結びついてないようです。イギリスでの英語の先生に、「こんなに大きな子にフォニックスを教える意味はない」と言われたけどやっぱりきちんと勉強させればよかったなーと後悔しています。

ひそかに自分もやり直ししてみたいなと思ったりして...
  1. 2013/11/13(Wed) 17:29:04 |
  2. URL |
  3. Chun #-
  4. [ 編集 ]

そらさん。

コメント、ありがとう~。
ハードなスケジュールだったけれど、でも、勉強になる時間でした。
楽しいよ、やっぱり子どもたちの「!」という顔を見るのが。
こういう子どもたちが一人でも多く増えていってほしいなと思います。

坐骨神経痛はだいぶ良くなりました。
次回、帰国するときにはそらさんにも会えるといいんだけどなぁ。


Chunさん。

小学生、やっぱり素直。少しずつ思春期の入り口かな、という子どもは
いるものの、でもやはり「わかる」ということが楽しいんです。

中学校でフォニックスの授業を見て、その大切さを実感しています。
今からでも遅くないので、ぜひやってみてください!一気に綴りのミスが
減りますよ。
Chunさんもお嬢さんと一緒にやってみては?お手伝いしますよ~。
  1. 2013/11/16(Sat) 00:12:54 |
  2. URL |
  3. haykichi #Lg2mhvRI
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haykichi.blog89.fc2.com/tb.php/683-eabac573
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


02
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
26
27
28