「まる」ないちにち

:: admin ::: NewEntry ::
イギリスでの生活や仕事を通して、感じたことをつづっていきます。

   イギリスの小学校関係についての情報ブログは・・・「kayokoyamashita.com イギリスの学校 と シンセティックフォニックス」へ



 子どもの「できる!」を育てる

:: 2014/08/29(Fri) ::

日本でのジョリーフォニックスのトレーニング以外にも、お子さんと一緒にどれだけ読み書きができるかというワークショップを行いました。
私のブロ友でもある ichi:coco さんもお子さんを連れてきてくださいました。(ichi:coco さんのブログにその様子とその後のお家での取り組みついて書かれていますので、こちらをご覧ください!)

私にとって、このジョリーフォニックスを教える理由は、子どもに「できた!」という気持ちを持ってもらいたいこと。この「できた!」は「もっとやりたい!」という気持ちにつながっていく瞬間。この子どもたちの顔を見るのがうれしくて。

で、このセミナーで行ったことの一例。

20140725_154842_DSC_2581_COOLPIX A 20140725_155109_DSC_2583_COOLPIX A
私が言う単語を聞いて、一枚につき一文字書かれたカードを並べ、その単語を作る、というもの。いわゆる「ディクテーション」といわれるものですが、書く作業ではなく、カードを使うところがポイント。小さい子にも簡単に取り組んでもらえます。このセッションに参加してくれたのは、3歳、5歳、7歳、9歳のお子さんたち。年齢の差はあるけれど、ジョリーフォニックスを習い始めてみんな同じ時期。これだけの年齢が違う子たちが一緒にできてしまうのがまた、楽しい。

20140725_151854_DSC_2565_COOLPIX A
こちらは正しく文字が書けているかの確認。評価をきちんとすることで、この子達がどこまで達成できているかわかり、また何を今後、指導していったらいいかがわかります。とても大切なことです。
子どもたちも真っ白な紙がどんどん埋まっていく評価なので、常に「+」の気持ちになります。減点式ではない評価、とてもいいですよ。

それにしても、この年齢でしっかりと音が入り、発音でき、それを読み書きできるってすごいなぁって、感動。
今回、参加してくれた子たちは、英語教室にも通わず、お家でお父さんやお母さんが教えている子ばかり。お家の方の努力の賜物ですね!
関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: ジョリーフォニックス
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<新幹線駅弁 | top | 『不格好な木になってもいいかな。彼女が自信を持って立っているならきっと一緒に笑ってる。』>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haykichi.blog89.fc2.com/tb.php/771-f4ea316e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


02
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
26
27
28