「まる」ないちにち

:: admin ::: NewEntry ::
イギリスでの生活や仕事を通して、感じたことをつづっていきます。

   イギリスの小学校関係についての情報ブログは・・・「kayokoyamashita.com イギリスの学校 と シンセティックフォニックス」へ



 スポンサーサイト

:: --/--/--(--) ::

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: スポンサー広告

 できることが当たり前ではないこと

:: 2015/05/03(Sun) ::

またまた3週間後に日本へ行きます!
一体、いつ休むの?と同僚にも聞かれますが、日本へ行き、トレーニングをし、おいしいものを食べて飲んで、みんなとお話をし、そして両親に会う。これが今の私にとって栄養。なので、6週間ごとの日本行は確かに体力的には大変な部分はありますが、楽しいんです。

さて、今回の帰国はなんと!某国立大学で学部生と院生に講演をしてほしいという依頼があり、そのために帰国するんです!私が大学の教壇に立つって笑っちゃうんですが。

私が指導しているジョリーフォニックスが今までの指導と何が違うのか、なぜそれが特別な支援を必要とする子どもにもいいのか、という点を講演してほしいということなんです。

私たちの世代もそうだし、今の中学生も単語は「丸暗記」。確かに記憶力のいい子にはいいけれど、そうでない子にしてみたら、どれだけ大変なことなのか。多くの人って「自分はできる」から「できない子の立場に立つこと」が難しいんです。私もそうでした。

イギリスへ来て、話せない、聞けない、読めない・・・この体験があったからこそ、英語ができないつらさも体感できました。そういう意味では、英語ができない状態で渡英してよかったって本当に思っています。最初から英語が通じていたら、英語ができないつらさってわからないですものね。

将来、先生になり、子どもたちに英語を教えていく学生さんたちにしっかり感じてほしい。「できることが当たり前ではないこと。」
そして、個々の子どもに合った指導法があるということを知ってほしい。
学生さんには、これを理解するのはまだ難しいと思うのですが、実際に子どもたちに直面した時に、このことを思い出してもらえたらなぁと思っています。

さぁ、資料作り、がんばろうっと!
関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: ジョリーフォニックス
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<5年前と今年の菜の花 | top | サムソナイトのサービス>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haykichi.blog89.fc2.com/tb.php/833-c20bec62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。