「まる」ないちにち

:: admin ::: NewEntry ::
イギリスでの生活や仕事を通して、感じたことをつづっていきます。

   イギリスの小学校関係についての情報ブログは・・・「kayokoyamashita.com イギリスの学校 と シンセティックフォニックス」へ



 【手術、入院、退院】肝膿瘍と敗血症①

:: 2019/06/06(Thu) ::

実は、私、2019年4月5月に入院していました。それも日本で。(みんなに日本でよかったね~と言われます。運がよかった!)

診断名は
【肝膿瘍】と【敗血症】

肝膿瘍という病気は、検索してもほとんど出てこない病気だったので、同じように肝膿瘍になった人にとって少しでもヘルプになればと思い、覚書を残したいと思います。
数回に分けてアップしていきますね。

【発症と症状】
4月6日(土)、7日(日)に二日間の東京でのトレーニングを普通にしました。
7日(日)は午後6時に終了だったのですが、みなと写真を撮った後、受講者の方が部屋からいなくなった途端、寒気と震え(悪寒戦慄)が襲ってきました。その場にいた知人がすぐに一番近くの休日病院へ連れて行ってくれましたが、そこでは「インフルエンザ」の検査しかできないとのことでしたが、結果はネガティブ。
熱は 39.9 ℃もありましたが、研修会場から車、病院と歩いて行けるくらい体は元気。会話も普通にしていて、痛みも全くない状態でした。
この日はホテルに戻り、温かくして寝て汗を大量に出したら、熱は微熱に。

4月8日(月)
仕事をキャンセルし、愛知県の実家へ。新幹線で移動できるくらい体は動きました。
夜中に再び悪寒戦慄に襲われました。多分、2、3回でしょうか。熱は40 ℃を超えるものの、発汗すると微熱に戻りました。

4月9日(火)
3月中旬ごろから肩と首の痛みがあったので、もしかしたらそれと何か関係しているかもしれないと思い、整形外科へ。しかし、そこでは「頚椎症」と「ストレートネック」と診断され、熱とは何も関係がないとのこと。
この日も夜、数回の悪寒戦慄を伴う高熱が出ました。

4月10日(水)
以前として悪寒戦慄と発熱が治まらないので、町医者へ。血液検査をしたところ、以下のような結果。
医師も肝臓の数値がおかしい、ということとCRPという数値が高いことに注目し、「細菌性の風邪」と診断。抗生剤を処方してもらい、帰宅。
20190410.jpg

それでも夜中に数回の悪寒戦慄と高熱。

4月11日(木)
抗生剤を飲み、気分がいいときは普通に座っていられるくらいでしたが、いつあの悪寒戦慄が襲ってくるかと思うだけで、怖くて横になっていました。実際、悪寒戦慄が数回襲ってきましたが、抗生剤が効く!と信じるだけでした。

4月12日(金)
抗生剤の効き目もなく、この日は朝から悪寒戦慄と高熱が3、4時間毎に襲ってきました。その震えもどんどんひどくなる一方で、親が思いっきり抱きしめてくれるのですが、どうにもならない震えで、親も「どうにかなってしまったのでは」と思ったくらいだったそうです。二日前に行った町医者に母が電話してくれたのですが、その医師ではどうにもできないため、救急車を呼ぶように言われ、30分後に救急車が到着しました。
救急隊の方が親から様子を聞き、上記の血液検査の結果を見て、すぐに病院に搬送となりました。(初の救急車でした。)
救急車の中ではいつから発熱したか、イギリスの住所は、過去の病歴など聞かれましたが、すべて普通に答えることができていて、意識もクリアでした。

救急病棟に着いたのが午後7時頃でした。

すぐに採血をし、肺炎を疑われたため胸のX線を取りました。肺は全く問題がなかったのですが、たまたま運よく肝臓に影があるのが見つかり、採決の結果とあわせて肝臓に【膿瘍】ができている【肝膿瘍】と診断され、緊急手術となりました。

【手術、入院、退院】肝膿瘍と敗血症②に続く。
関連記事
スポンサーサイト






にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: 思ったこと・考えたこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<【手術、入院、退院】肝膿瘍と敗血症② | top | あぁ、久しぶり>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haykichi.blog89.fc2.com/tb.php/894-4dc29ca1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30