「まる」ないちにち

:: admin ::: NewEntry ::
イギリスでの生活や仕事を通して、感じたことをつづっていきます。

   イギリスの小学校関係についての情報ブログは・・・「kayokoyamashita.com イギリスの学校 と シンセティックフォニックス」へ



 【手術、入院、退院】肝膿瘍と敗血症②

:: 2019/06/11(Tue) ::

緊急手術と言っても切開するのではなく、施術されたのは「肝膿瘍ドレナージ」という方法です。
以下のイラストはこちらの肝膿瘍ドレナージのサイトからの引用です。詳細もこちらに書かれています。
肝膿瘍ドレナージ
(肝膿瘍ドレナージより引用)

肝臓はおおよそ20 cm の大きさがあります。私の肝臓にできていた膿瘍は 81 mm あったそうです。かなり大きいですね。

午後10時過ぎに開始され、約1時間の処置。局部麻酔をするのですが、「本当に効いているの?」と疑いたくなるくらいの痛み!ドレーン(管)を右わき腹から肝臓の中にある膿瘍まで刺していくその過程がしっかりわかる。先生の会話も聞こえる。痛くて叫んでしまうけれど、どうにもならない・・・。
終了後は意識朦朧の中、ずっと「痛い」「痛い」と叫んでいました。両親も心配で心配でたまらなかったけれど、痛み止めが効いて、午前1時過ぎにようやく落ち着き、ようやく両親は帰宅。私は救急病棟に連れていかれ、そこで一夜を過ごしました。このときは痛み止めが効いていたので、少し眠ることもできました。

搬送されたときの脈拍数 128/分、血圧 110/58mmHg, 呼吸数 24/分

4月13日(土)
朝、一般病棟へ。この日から5日間絶食。
呼吸が上手にできず(浅い呼吸)のため、酸素マスクをつけ、ベッドでずっと寝たままでした。熱が38℃前後がずっと続き、トイレも車いすでの移動。

この5日間はとにかく「痛い」の連続。痛み止めが効いているときはいいのですが、切れてしまうと何とも言えない痛みが(そりゃ、体に管が入っているわけなので)。トイレに行くにもベッドを起こして、とりあえず体を起こす。ベッドから足を下におろそうとする、その動作が数分かかってようやくできる。そこから立つのに数分。車いすに座るのにまた時間がかかる・・・。看護師さんに毎回連れて行っていただくのが申し訳ないくらいでした。
真夜中に痛み止めが切れてその痛みで声が漏れてしまい、同じ病棟の人が気をきかせてくれて数回、看護師さんを呼んでくださったくらい、痛みがコントロールできませんでした。

この5日間のCRP値は
4月13日は 34.3
4月15日は 38.6
4月17日は 29.5

ここで、このCRPについて説明。CRPというのは

「C反応性蛋白(-はんのうせいたんぱく、英: C-reactive protein)は、体内で炎症反応や組織の破壊が起きているときに血中に現れるタンパク質。 肺炎球菌のC多糖体と結合するためこの名がある。 CRPと略称される。」(引用:Wikipedia

とありますが、数値が高くなればなるほど炎症が強いか、細胞がこわされていることを示すため、この数値がとても大切になります。通常の人は 0.3 mg/dL以下ということですが、検査値の達人 -C反応性タンパクによれば、

「0.4~0.9mg/dLは軽度で、アトピー性皮膚炎や軽い風邪などでも出る値です。
1.0~2.0mg/dLは高熱、ウイルス感染症、ひどい火傷などで出る値です。
2.0~15.0 mg/dLは中程度で、透析や糖尿病、細菌感染、重度の外傷などが考えられます。
15.0~20.0 mg/dLは重度で、関節リウマチ、肺炎、悪性リンパ腫などが考えられます。
敗血症などの重症感染症の場合も極めて高い値になることが多く、注意が必要です。」

とのこと。私は運ばれたときは 30 超えでしたので、重度も重度、敗血症の診断となったわけです。

【手術、入院、退院】肝膿瘍と敗血症③に続く。
関連記事
スポンサーサイト






にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: 思ったこと・考えたこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<肝膿瘍と敗血症③ | top | 【手術、入院、退院】肝膿瘍と敗血症①>>


comment

驚きました❗
その後は、大丈夫なのですか?
普段お元気で活躍されている分、無理をされたり、お疲れがたまったりと
タイミングとか 色々おありだったかもしれないですね。

こうして、よその方のことのように落ち着いた報告をお聞きしつつ、haychiさんらしいといいますか、大変だったことを思わずにはおれないことです。

何はともあれ、ご回復、おめでとうございます。…でいいのかな
  1. 2019/06/19(Wed) 16:52:10 |
  2. URL |
  3. ぽけっと #-
  4. [ 編集 ]

ぽけっとさん

優しいお言葉をありがとうございます。
体重が落ちてしまって、体力と筋力もなくなり、それがつらいですね。
ただ、この年でこれだけ体重が減ることは絶対にありえないので、うれしかったりもしています。が、体力をつけるためには食べなければ!きれいな筋肉をつけることを目標にしています。

もうしばらくはつらいけれど、徐々に回復していきま~す!
  1. 2019/06/22(Sat) 21:55:11 |
  2. URL |
  3. haykichi #.fnpSj6M
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haykichi.blog89.fc2.com/tb.php/895-a33f771e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30