「まる」ないちにち

:: admin ::: NewEntry ::
イギリスでの生活や仕事を通して、感じたことをつづっていきます。

   イギリスの小学校関係についての情報ブログは・・・「kayokoyamashita.com イギリスの学校 と シンセティックフォニックス」へ



 トラウマコース終了

:: 2012/05/12(Sat) ::

今日は最後のトラウマのコースの授業でした。
東日本大震災でトラウマを負った子どもたちのために何かをしたい、という思いから始めた勉強。トラウマコースへの入学資格が満たなかった私に、特別入学許可をくださった先生方に感謝です。

このコースはカウンセラーの人たちのためなので、その経験がない私には非常に難しい内容でした。
が、みんな丁寧に説明してくれたり、私の話も聞いてくれたり、私にとっては毎回、色々と学ぶことができた貴重な場でした。

一番学んだことは「聴くこと」。人の話を聴くことって、簡単そうで難しいんです。でも、とても大切なことで、そのスキルを学べたような気がします。それを今、子どもと話す時にも「聴くこと」を心掛けているのですが、すると、子どもの態度もかわってくるのです。こうして、すぐに実地で使えるのはありがたいことです。

15人の生徒のうち、次のコースに進むのは10人くらい。残り5人は経済的な理由で来年のコースは断念するけれど、お金をためて、再来年にはまた編入したいと言っていました。私はもう、これ以上は上に進まないので、今日が本当に最後の大学院の授業となりました。

最後にみんなに感謝の言葉を伝えました。みんなも温かい言葉を私にかけてくれました。
このグループの中では国籍も価値観も違う私だからこそ、みんなが全く思ってもいない考えや物の見方をクラスに投げかけ、それによってみんなも視野が広がったと言ってくれました。最高の言葉です。先生からも、教育者としての私の姿勢から学ぶことが大きかったとおっしゃっていただけ、涙が出てきました。

みんなとハグをしていたら、涙が次から次へとあふれてきました。たった1年のコース、それも授業があったのはたった10日間。それだけでも、こんなに自分が深くみんなと関わっていたことに驚きました。

コースに戻って勉強することはもうありませんが、まだ最後の課題が残っているのです。6月終わりの提出までできる限りがんばりたい。これが最後のコースワークになるんだ、と思うと、何だかちょっとさびしい気もします。


にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

>>続きを読む

  1. Category: 大学院
  2. | trackback:0
  3. | comment:4

 修論が終わりました!!!!

:: 2012/04/27(Fri) ::

みなさ~ん!聞いてくださ~い!!
とうとう修論が完成し、先程、提出しました!!やった~~~
(涙)!


日本の小学校で「通常学級」と「特殊学級 (当時:今は特別支援学級)」で働いていた私。自閉症の子やダウン症の子、学習障害の子たちと一緒に勉強しながら、たくさんのことを学びました。すごく楽しく、充実した毎日でしたが、主人の仕事で渡英。

渡英したはいいけれど、英語ができず、こんなふうに時間を過ごしていいんだろうか、というちょっとした焦燥感がありました。どうしても子どもと一緒に仕事がしたくて、最初はボランティアとして幼稚園でお手伝いをしました。その後は、ちょうどいいタイミングで小学校で勤務する仕事に巡り合えたのです。

しばらくは、学校になれるので必死でしたが、ふと、なぜ特別支援学級がないのか疑問に感じたのです。障害を持っている子どもが普通にクラスにいて、難しい勉強になると、教室から出て個別に勉強したり、クラスでサポートスタッフと勉強したりしているのです。

このシステムが「インクルージョン」ということを知ったのは、かなり後のこと。みんな同じ場で学ぶ。アスペルガーを持つ子ども。算数はできるんだけど、読み書きが苦手な子ども。他の子よりも遅いペースになってしまう子ども。
特別支援学級なしで、通常学級でどうやってこうした子どもたちを支援したらいいのか。

教室で困っている子どものために何かしたい・・・
そう思い、大学院で勉強しよう!と決めたのが2008年の秋のこと。

2009年10月から授業が始まり、週に1回、往復約300km の道程を2年間、通いました (実際には授業は通算 40 回のみでしたが)。仕事が終わって、その足で運転し、夜帰宅。1回も欠席することもなく通うことができたのは、ただ純粋に「楽しかった」から。

英語での授業はやはり難しかった。でも、知らないことをどんどん吸収していく自分がいて、子どもへの接し方も変わっていくのが分かりました。教室でも、「困っている子ども」が自然と近寄ってくるようになりました (笑)。そして、私の物の見方・考え方をプラスの方向に変えてくださった先生。この大学院での勉強の一番大きな出会いでした(また、お話ししますね)。

勉強の内容は以前書いたことがあるので、今日は割愛します (その内容はココ1ココ2)。

その2年半の集大成としての修論。

120422161123_DSC_6760.jpg120422161238_DSC_6762.jpg
背表紙                        表紙

120422161352_DSC_6764.jpg 120422161546_DSC_6767.jpg
表紙                          中身


テーマは

「日本における特別支援教育とインクルーシヴ教育を教師がどうとらえるか」

日本で現場で働いてみえる先生方に特別支援教育とインクルージョンについてインタビューをし、それを分析しました。

枚数にして約100枚。ただ、片面印刷なので、実際には50ページほどですが。
このできあがったものを手に取ると、もう、感動でした。宝物のように愛しいのです (笑)。

結果は1ヶ月後にわかるのですが、今回は、結果よりもとにかく「自分の満足するもの」ができたことがうれしい。途中、50を超える文献を読みながら自分が何をしたいのか訳分からなくなったり、研究分析方法論を説かなくてはいけなくて、「もうやめたいーーー!」と投げ出しそうになったり・・・。パソコンに向かっても1文字も筆が進まない日が続いたこともあります。

成績は、こだわりません。とにかく自分が3年以上抱き続けていた疑問を研究し、まとめ、そして自分なりの答えを導き出すことができただけで、もう、満足なのです。こう思えること自体、本当に勉強してよかったと思っています。自分の中では大きな大きなはなまるなのです!

この場を借りて:
私のお願いに快くインタビューに協力してくださった先生方。拙論を読んで、コメントくださった友人。2年半、遠く日本から励ましてくれた家族。たくさんの友人。ブログでも温かいお言葉をくださった皆様。そして、何よりも夫 rokisuke の協力と支援があったからこそ成し得れたものだと思っています。
今日、こうして「できました」と報告できることが、夢のようです。
みなさん、本当にありがとうございます!

これからも子どもたちのための幸せのために精進していきたいと、より強く思えるようになったのも、この勉強のおかげ。


にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

>>続きを読む

  1. Category: 大学院
  2. | trackback:0
  3. | comment:12

 子どものトラウマと心のケア

:: 2012/04/05(Thu) ::

1カ月ほど前、大学院でトラウマのコースがありました。もっと早く内容をアップしたかったのですが、修士論文に追われ、その余裕もなく、1カ月も経ってからの記事になってしまいました。今日の記事は長いので、興味のない方は、読み飛ばしてください~。
sozai-line3.gif

今回の授業はいつも通り、2日間行われました。初日はカウンセリングの方法論。私には難しすぎました (苦笑)。
2日目は、待ちに待った「子どものトラウマ」の勉強!この勉強をしたいがために、このコースの受講を決めたので、この日は前日とは打って変わって、やる気満々で臨みました。

みなさん、脳が右脳と左脳にわかれているのはご存知ですよね。
右脳は五感を司り、左脳は思考や論理を司ると言われています。

右脳は、子どもの時の経験などによって発達が左右されるとも言われているそうです。子どものときに、大きな事件や事故に巻き込まれたり、neglect (ニグレクト:放置、無視) や abuse (アビューズ:虐待) などの trauma (トラウマ:心的外傷) が積み重なったりした場合、右脳の発達に支障が出るとのこと。

右脳と左脳は橋のようなもので繋がっています。右脳で感じたことが左脳に伝達され、その情報をもとに考えたり行動を起こしたりするのですが、先述したような理由で、右脳に何らかの発達遅滞が認められると、その情報が左脳に伝達されない、または間違って伝達されてしまい、いわゆる「おかしい」行動に出てしまうことがあるそうです。

学校でも、人と違った行動を取ったり、じっとしていられなかったりする子もいますが、もしかして何らかの心的外傷を受けて、脳にダメージを受けていることも考えられるので、
・じっとしていない=ADHD (注意欠陥多動生障害)
・人と目を合わせられない=自閉的傾向
などど決めつける前に、その子どもの生活環境を知ることが大切とのこと。
なるほど~。これは学校で働く者として、理解しておかなければいけないことですね。
sozai-line3.gif

では、実際にトラウマを受けて、PTSD (心的外傷後ストレス症候群) になってしまった子どもをどのようにサポートしていくのか。(東日本大震災で多くの子どもたちが半年~1年経ったくらいで、見せ始めていると言われています。)

まずは、子どもたちがどのような重荷を背負っているのかを理解すること。

そして、カウンセラーとして関わるのなら、「私は絶対にあなたを裏切らないし、どんなに辛い状況でも絶対にサポートをする」という信頼関係を作って行きます。これは言うほど簡単ではありません。相手は、親からの放置や孤独、喪失、怒り、不信、無力感などを背負っているわけですから、人を信頼するようになるのは、並大抵なことではないのです。(私も不登校の子どもたちと関わってきましたが、信頼関係を作ることがどれほど大変なことか、身を持って体験しました。)

次に、先述したように、右脳の成長がどこかでつまずいているのなら、その感情を育てていく手助けをします。これはどんなことかというと・・・
きちんと感情を養っている子どもなら、何か問題が起きた時に、これはよくないことだと感じ、心も準備ができ、そして何か行動を起こす、という段階を踏むことができます。しかし、トラウマを抱えている子どもは、問題が起きたら、一気に行動を起こしてしまう:つまり、よくないことだと感じることや準備をすることができないのです。
一気に気持ちがあふれてしまう・・・そんな感じでしょうか。

大人は、問題が起きた時に、どうしたらいいのかを一緒に行動し、こういう時にはこういう気持ちになるんだと感情を教え、ともに考え、どのように行動するかを理解させてあげることが大切なのです。

ただ、子どもは上手に感情を言葉で表現することができないし、ましてや感情が育っていなければ、そういう言葉も分からないかもしれない。そこで、遊びを通じて子どもにいろいろなことを教えて行くのです。
有名なものでは、
Sandplay therapy (砂遊び療法)。 日本では、箱庭療法として有名ですね。この日は、生徒みんなで砂遊びをしました。楽しかったですよ~。
sozai-line3.gif

こんなふうに一日、子どもの心理療法についての授業でしたが、最後に何か質問があれば、ということでしたので、いろいろ質問したい中、一つ、こんな質問をしました。(この授業は3月10日でしたので、)

「東日本大震災から1年が経つけれど、子どもはもちろんのことながら、大人も辛い体験をしています。そんなときに、親や先生が子どものサポートをしてあげたくても、大人本人も被災者であり、思い出したくない経験もあると聞きます。そんなときには、どうやってサポートをしたらいいのでしょう。」

先生からの答え。
「イギリスでも10年以上前に小学校で銃の発砲事件があり、児童と先生あわせて17人が死亡する事件がありました。その後、子どもたちや先生は学校へ行きたがらない、親も家から出たがらなくなり、その村全体が「死んで」しまったような状況でした。そんなときに、行われた療法が大人と子どもみんなで手をつなぎ、輪になり、一緒にリズムを取ったり、体を揺すったりして踊るということです。みんなで思いを『分かち合う』ことによって、少しずつ、大人も子どもも固まった心がほぐれていったという報告があります。同じ境遇で同じように辛い思いをしているのなら、みんな共有できるはず。災害などでトラウマを受けている人たちにも、ぜひ、このセラピーを行ってほしい。」
sozai-line3.gif

この授業では、ここに書ききれないほどたくさんのことを学びました。今、ノートを見ながら、授業の内容を思い出していますが、やはりきちんとすぐに復習するべきでした。でも、この日にいただいた論文がいくつかあるので、修士論文を提出し終わったら、ゆっくりと読んでみようと思います。

そう。私、大学院で二つコースを取っているため、特別支援教育の修士論文を提出 (〆切:5月1日) しても、トラウマコースの課題がもう一つ (〆切:6月15日)、残っているんです。修士論文を提出したら、絶対、「終わった~」ムードになるだろうなぁ。トラウマのコースの課題、どうしよう・・・。
バラ



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: 大学院
  2. | trackback:0
  3. | comment:4

 「日本文化が子どものトラウマにどのように影響するのか」

:: 2012/02/27(Mon) ::

前回、トラウマの課題がかえってきたことをお知らせしました。一応、先生にもおほめの言葉をいただけたので、簡単に内容をお知らせしたいと思います。
ただし、この内容はあくまでも私個人の考えであり、それがすべてに当てはまるわけではないということ、日本では子どものトラウマの研究がほとんどなされていないため、私の考えを支持する資料が十分ではない、ということをご了承ください。

sozai-line3.gif

この課題を書こうと思った理由が、東日本大震災で被害に遭った子どもたちが書いた作文集「つなみ」を読んだことから。この作文では、多くの子が辛い体験をしたというのに、作文の終わりが
「世界中の人たちに感謝しています」
「笑顔で過ごしたいと思います」
「助けてくれた人たちに恩返しをしたい」
という言葉で締めくくられていることに、私自身、本当はどんな気持ちなんだろう?と思ったことが、今回の日本文化と子どものトラウマに焦点を当てようと思った理由。
というのは、こういった言葉が使用されるのは小学校中学年・高学年以降。なぜ、10歳を過ぎたあたりの子どもたちがそういった言葉を使用するようになるのだろうか。

多くの国、特にキリスト教の国では「辛いことを口にする」「自分のした罪を懺悔する」というように、心の中に自分の思いを閉じ込めておくより、表現する方が精神的にもよい、としている。(Stanton, Parsa, and Austenfeld (2002), Adam (2006))
ところが、日本では辛いことがあっても、それを口にしないということが美徳とみなされることがある。特に「自分、または家族で辛いことは処理しなければいけない」という傾向がある。ましてや他人 (カウンセラーも含め) に話をするなんて、家族が恥をかくようなことになる。その結果、カウンセリングにも行かない (日本人がカウンセリングを受けない理由の一つ)。この「恥」という気持ちは日本人やアジア人に多く見られる文化で、Benedict (1946) は「日本は恥の文化」と言っている。

これ以外にも、日本文化として

・集団意識
・自己抑制

があげられる。そして、子どもたちにとって、こういった社会で育つということは、周りから常に

・いい子でいなさい

と言われることになり、その子の個性を活かすより、みんなと協調できる子になることが望ましいとされる。しかし、この「いい子」でいることが、本当にいいことなのか。自分の思いをぶちまけるより、ぐっと我慢することが、子どもにとってどれだけのトラウマになるのか。

・キレる

という言葉が一時流行ったが、これは「いい子」でいないといけない子が、「言いたくても言えなかった」思いが積もりに積もって、マイナス面に思いが噴出してしまうことなのではないか。

・不登校

も「親との関係」が上手に育てられなかった子どもに見られる現象であり、そのまま

・ひきこもり

になってしまう事例も少なくはない。

ひきこもりに関しては、日本人特有の現象で、欧米では「対人恐怖症」と最初は思われていたが、実際には、その症状とは違い、ひきこもりにしか見られない症状があり、トラウマが引き起こすそれと似ている (服部,2004)。家族間の関係がうまくいかないことが、子どもにとってトラウマとなり、こういった問題になっていくのではないか。

sozai-line3.gif

簡単に要点だけを書きましたが、実際には、もう少しいろいろな文献を用いて検討をしています。そして、一体、どのような支援ができるのかを検討していったらどうか、と先生から助言をいただきました。
もしご意見などございましたら、どんどんお願いします。

お付き合いくださり、ありがとうございます。


にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: 大学院
  2. | trackback:0
  3. | comment:13

 やった~。トラウマの課題

:: 2012/02/25(Sat) ::

昨年10月から始めたトラウマのコース。12月20日のブログでも、どんなタイトルで課題を書いているかを紹介しましたが、今日、その結果が戻ってきました。結果は・・
じゃ~ん。

68点!

やった~!・・・多分、これを読んでくださる多くの人は「え?68点で?」と思われるかもしれませんが、私が通っている大学院の課題の点数の付け方がおもしろいのです。
2年前、初めて課題の結果が戻ってきた点数 (73点) を見て、え?と思ったのですが、点数は 5 点刻みでつけられ、

98 93 88 83 78 73点までが Distinction という成績。日本で言う A または 優。
68 63点が Merit と言い、日本では B または 良。
58 53 48 43 点が Pass で、日本では C または 可 に相当。
38点以下が Fail、つまり不可になるのです。
(点数が偏差値ということなのかな?)

ということは、私は B+ で通ったということです!わ~い。

カウンセラーではない私にとって、専門外の内容のコース。課題はとにかく合格すればいい、と思っていたので、予想以上にいい点数をいただけてうれしいです。

さて、その課題の内容。コメントでどんな内容か興味がある、とおっしゃってくださった方が多く、一応、先生にも支持していただける内容ということなので、次回、ゆっくりと紹介したいと思います。

今日は、やった~の報告でした。
これで、修士論文も前向きに取り組めそうです!(←まだ終わってなかったの?という声が聞こえてきそうですが・・。実は、1月末までに3分の1位書いたのですが、それがどうにも納得できず、全部書き直し。2月に入り、もう一度最初から書き始めて、只今、半分終わったところ。残り半分をあと2週間で仕上げ、知人にチェックをしてもらう予定なのです。先はまだまだ長いのです・・・。ふぅ。)

120217143733_D75_2003.jpg
春の訪れを告げるネコヤナギ。



にほんブログ村の下記のランキングに参加しています。
いずれかのバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


JWordクリック募金

知ってました?拍手すると、ヘイミッシュが現れるのを。
毎回違ったヘイミッシュを見たい人はぜひ、拍手してください。 web拍手 by FC2

  1. Category: 大学院
  2. | trackback:0
  3. | comment:10
« 前のページ       次のページ »

07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31